2016年06月17日

諏訪の長い夜


諏訪湖畔の美術館、博物館16館が夜更けまでオープン!
特別展、企画展が盛りだくさんの2日間!


【会期】
平成28年7月16日(土)・17日(日)

【開館時間】
午前9時〜午後9時(入場は午後8時30分まで)

【入館料】
大人300円 小中学生150円 障がい者手帳をお持ちの方は、大人150円、小中学生無料、付添いの方1名まで割引料金150円

 
午後5時から午後9時の夜間開館時間中は割引対応、入館料大人300→200円 小中学生150円→100円
諏訪地域在住、在学の小中学生は無料


【関連イベント】

■和紙染め体験と「かさのかさ」
簡単な和紙染め体験をしてみよう。出来上がった作品はビニール傘に貼り付けデコレーション。灯篭の「かさ」に見立てます。
夜間18:30から「かさのかさ」を点灯します。幻想的な光を楽しんでください。

日時:7月16日(土)・7月17日(日)
   和紙染め体験          午後1時〜午後5時
   「かさのかさ」デコレーション  午後1時〜午後8時
場所:諏訪市美術館/申込、参加料無料

7月16日(土)18:30〜 かさのかさ点灯式  諏訪姫が来館します!


■学芸員によるギャラリートーク
展示中の作品について担当学芸員が解説します。

日時:7月16日(土)・17日(日)午後8時〜午後8時30分
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要


■つきいちアート7月
展示中の作品を、じっくり見てから、ぬり絵をしてみよう。

日時:7月16日(土)午後2時〜午後5時(随時参加可能)
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要
DSCN10121.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:53| 諏訪市美術館

2016年06月09日

樋口主明・樋口真一 パート・ド・ヴェール展





樋口主明、樋口真一は、陶磁器とガラスの一体焼成を試みる経緯からパート・ド・ヴェール技法を探求し、試行錯誤を経てこの難技法を解明、独自のスタイルに発展させました。その後もアールヌーボー期に生み出された卵の殻ほどの薄い胎の製法の再現に取り組み、これを確立します。那須に住居と工房を構え、自然と対峙する生活の中で創作した作品を紹介します。

 

【会期】2016年6月12日(日)〜7月21日(木)

【開館時間】9:00〜18:00
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引き

 

[作家によるギャラリートーク]

6月12日(日)14:00より約30分 (見学自由、要入館料)

 

* * * * * * * * * * * * * * * * *
*
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000
http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
*
* * * * * * * * * * * * * * * * *
樋口主明・樋口真一 パート・ド・ヴェール展.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:07| 北澤美術館 (本館)

2016年04月27日

収蔵品展 春から夏へ −アートで感じる移ろう季節−/特集展示 丸茂長四郎 木版画展−子どもたちと歩んだ版画の道−

収蔵品展 春から夏へ −アートで感じる移ろう季節−
特集展示 丸茂長四郎 木版画展−子どもたちと歩んだ版画の道−

本展では春から夏の情景を表した作品を選んで展示します。
鮮やかな新緑の葉、涼しげな水辺の風景。美術作品を見て季節を感じてみよう。
特集展示では、諏訪市在住の版画家、丸茂長四郎氏の木版画を展示します。
どこか懐かしさを感じさせる諏訪の風景をうつした作品と、図工教師として
版画教育の発展に尽力した丸茂氏の軌跡を紹介します。

【会期】
平成28年4月29日(金・祝)〜7月24日(日)
     期間中展示替えあり 前期:〜6月5日
               後期:6月7日〜
 
【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【入館料】
大人300円、小中学生150円(諏訪地域在住、在学の小中学生は無料) 
    5/3は開館記念日により一律無料

【休館日】
 月曜日、祝日の翌日
 5月9、16、23、30日
 6月6、13、20、27日
 7月4、11、19日

【イベント】
●諏訪市美術館開館60周年記念イベント
諏訪市美術館は、1956年(昭和31)年、長野県で初めての市立美術館
として諏訪湖畔に誕生しました。
これを記念して、60周年記念展覧会やイベントを行います。

・あなたが描く諏訪市美術館の思い出
「展覧会を見て素敵な作品があった」、「学校の授業で美術館に行った」、
「今日初めて美術館を訪れた」など、諏訪市美術館にまつわる思い出や印象を
ワークシートに描いていただきます。
参加特典:ご参加いただいた方には当館ご招待券をもれなくプレゼント!

日時:2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金)
場所:諏訪市美術館 図書コーナー/申込不要、入館料のみ必要

・5/3開館記念 無料入館デー
諏訪市美術館として開館した5月3日(火・祝)はどなたでも無料で
ご入館いただけます。

日時:5月3日(火・祝)午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


●ゴールデンウィーク企画
彩りこいのぼりをつくろう!
デカルコマニー(合わせ絵)やフロッタージュ(こすり出し)で「彩りこいのぼり」を作ってみよう!

日時:5月3日(火・祝)〜5月8日(日)午後1時〜4時30分
場所:諏訪市美術館 車寄せスペース/申込不要、入館料、参加料不要

●学芸員による展示解説
担当学芸員が展示作品について詳しく解説します。展示作品についてより理解を深めることがでます。

日時:5月3日(火・祝)、4日(水・祝)、7月18日(月・祝)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要


●つきいちアート5月
丸茂長四郎さんによるギャラリートーク
展示中の作品やご自身の制作について、丸茂さんご本人にお話しいただきます。

日時:5月21日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室/申込不要、入館料のみ必要

●おはなし鑑賞会
参加者全員で作品について語りながら鑑賞します。他の参加者のおはなしを聞いてみて、自分とはまったく違う感想に驚いたり、それまで気付かなかった作品の詳細な部分にも目がいくようになったり…作品の新たな魅力に気づくきっかけとなる鑑賞会です。

日時:6月4日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート6月・公民館共催講座
丸茂長四郎さんによるシルクスクリーン教室(3回連続)
丸茂長四郎さんを講師にお迎えし、スクリーンにインクを押し出して刷る「カッティングシルクスクリーン技法」にトライしてもらいます。

日時:6月18日(土)、25日(土)、7月2日(土)午後1時〜
場所:初回=諏訪市美術館、2、3回=諏訪市公民館
定員20人。対象は中学生以上。親子であれば小学校高学年以上。材料費800円。
お申し込みが必要です。6月11日(土)までに諏訪市美術館まで電話にてお申込ください。

●つきいちアート7月
作品を見てからぬり絵をしてみよう!

日時:7月16日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392−0027
長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
mizuumitomati.JPG
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:10| 諏訪市美術館

2016年04月25日

北澤美術館コレクション 日本画の巨匠 文化勲章受章作家展





文化勲章は、学術や芸術など文化の発展に著しい功績を遺した者に授与される栄典です。昭和12(1937)年に制定されて以来、平成27(2015)年まで日本画の分野では39名の作家が受賞しました。北澤美術館では、このうち19名の作家の作品を収蔵しています。東山魁夷(1908-1999)、杉山寧(1909-1993)、山口華楊(1899-1984)、上村松篁(1902-2001)、小倉遊亀(1895-2000)、山口蓬春(1893-1971)など昭和の日本画界をリードしてきた大家から、現代日本画壇を代表する一人として活躍する松尾敏男(1925-)まで、輝かしい足跡を残してきた作家たちの名作を一堂に展示いたします。常緑樹の橘をかたどった文化勲章には、文化の永久性が象徴されています。その勲章のように時代を超えて輝き続ける、巨匠たちの個性豊かな作品世界をご覧ください。

【会期】前期:2016年4月23日(土)〜7月29日(金)/後期:2016年7月30日(土)〜10月31日(月)
【開館時間】4〜9月/9:00〜18:00、10月/9:00〜17:00

【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引
【休館日】10月3日(月)、10月4日(火)


公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28

TEL 0266-58-6000

文化勲章展1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 15:54| 北澤美術館 (本館)

2016年04月13日

展覧会情報 『日本ふるさとぐるり旅?』

日本ふるさとぐるり旅U

 

画家・原田泰治氏は長年、日本を北は北海道から南は沖縄県まで取材し各地の

「ふるさとの風景」を描き続けてきました。

今展では、画家・原田泰治氏の視点を通して描かれた各地に残る美しい自然、文化、

かつてあった昔ながらの人々の暮らし、失われつつある風景の数々、また朝日新聞日曜版の

フロントページに1982年〜2年半にわたって連載された作品群の中から約50点を紹介します。

 

    2016  4  20日(火) 〜  11  6日(日)

 

開館時間 】午前 9     午後 5

 

】月曜日休館(祝日開館)

7/27(水)展示替え休館   

8/15(月)諏訪湖上花火大会 開館

 

会   】諏訪市原田泰治美術館 第2展示室

 

 

■展覧会開催に先立ちまして作品解説を行うオープニングセレモニーを

開催します。どなた様もご覧いただけますので、ぜひご来館ください。

 

オープニングセレモニー 2016  4  20日(水) 午前 11時〜

 

 

お問い合わせ先

 

諏訪市原田泰治美術館 

392-0010長野県諏訪市渋崎1792-375

TEL 0266-54-1881 FAX 0266-54-1882

URLhttp://www.taizi-artmuseum.jp

posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:57| 諏訪市原田泰治美術館

2016年02月28日

企画展 御柱を知る―人と時をつなぐ諏訪の大祭―

七年目ごとに一度、申と寅の年に行われる諏訪の大祭・御柱祭。
絶えることなく続くこの祭はいつから行われているのか、どのような祭なのか、どんな人々が関わってきたのかなど、御柱祭とは何かについて、資料を追いながらわかりやすく解説します。
また、御柱祭が長い時代の中で少しずつ変化しながらも、古くからのしきたりや伝統を継承して現在まで続いている様子を紹介します。


【会期】
平成28年3月12日(土)〜6月19日(日)

【会期中の休館日】
3/14(月)、22(火)、28(月)、4/11(月)、18(月)、25(月)、5/9(月)、23(月)、30(月)、6/6(月)、13(月)

【入館料】
一般300円、小中学生150円(団体20名以上 一般200円、小中学生100円。諏訪地域在住在学の小中学生は無料)

【関連イベント】
●「国際博物館の日」記念事業
講演会「巨樹より生まれしものの神話―<御柱>の深層へ―」
  日時:5月22日(日)午後1時30分〜3時
  講師:北條勝貴先生(上智大学文学部史学科准教授)

●諏訪清陵高校・附属中学校地域開放講座「諏訪力」出張講座
「諏訪圏外の御柱―その驚くべきバリエーション―」
  日時:6月4日(土)午後1時30分〜3時
  講師:スワニミズム会員 石埜三千穂氏・坂間雄司氏

●対談講演会「文明としての御柱祭」
  日時:6月18日(土)午後1時30分〜3時
  講師:小山修三先生(国立民族学博物館名誉教授)
     中野不二男先生(京都大学宇宙総合学研究ユニット特任教授)

 いずれも
 会場:学習室  申込:不要 聴講料:無料(展示観覧の場合は要入館料)

【展示解説】
4月16日(土)、5月7日(土)両日とも午後1時30分〜2時
 申込不要・入館料のみでご参加いただけます。


【3館御柱展スタンプラリー】
下記の企画展開催中に、諏訪市博物館、茅野市神長官守矢史料館、茅野市八ヶ岳総合博物館の3館を全て観覧しスタンプを集めていただくと、それぞれの館の記念品を差し上げます。
●茅野市神長官守矢史料館企画展「御柱祭」
 3月19日(土)〜6月19日(日)
●茅野市八ヶ岳総合博物館企画展「御柱祭」
 3月19日(土)〜6月19日(日)

【問い合わせ】
諏訪市博物館
諏訪市中洲171-2(諏訪大社上社本宮前)
電話 0266-52-7080
FAX  0266-52-6990
web http://www.city.suwa.lg.jp/scm
御柱展ポスター_小.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:23| 諏訪市博物館

2016年02月20日

内田敏樹とんぼ玉展 ?小さなガラスの中に広がる世界?





神奈川県大磯町在住のとんぼ玉作家 内田敏樹さんは、個性豊かなとんぼ玉作品で注目を集めています。また、制作のかたわら、自宅工房はじめ各地で講師をつとめ、後進の育成にも尽力しています。
森や廃墟など様々な事象をテーマに、深淵で神秘的なとんぼ玉を作り上げる内田さんの世界をご堪能ください。
【作家のことば】
とんぼ玉制作に専念しようと決めたのは1991年のことでした。
以降毎年テーマを決め作り続けています。烏瓜の花、仮面、廃墟、鍵穴など題材は様々でした。今回、それらはもとよりテーマ作品以外で特に思い入れのあるものもご高覧いただければ幸いです。


 

【会期】2016年4月10日(日)〜6月9日(木)
【開館時間】9:00〜18:00
(入館は閉館時間の30分前まで)
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引
【休館日】会期中無休



[作家によるギャラリートーク]
4月10日(日)11:00〜11:30 聴講自由(要入館料)
[とんぼ玉制作実演]
4月30日(土)、5月1日(日) *作家在廊時間についてはお問い合わせください

 

公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り1-13-28 TEL 0266-58-6000


内田展.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:20| 北澤美術館 (本館)

ShinPA in 諏訪





「ShinPA」は、東京藝術大学デザイン科描画・装飾研究室において、中島千波氏に教えを受けた若手作家たちによるグループ展です。「新しい波」を築いていこうという意図のもと発足した本展は、2007年から毎年、おぶせミュージアム・中島千波館や佐藤美術館で開催され注目を集めています。このたびの諏訪展は、10号〜15号サイズの作品を中心に構成されます。従来の絵画ジャンルの枠をこえ、独自の表現方法を探求する気鋭作家たちの意欲作をご覧ください。
【会期】2016年3月6日(日)〜4月7日(木)
【開館時間】9:00〜17:00
(入館は閉館時間の30分前まで)
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引
【休館日】会期中無休


[作家によるギャラリートーク]
2016年3月6日(日)11:00〜11:30 聴講自由(要入館料)
[出品作家]泉東臣・井上越道・井上恵子・押元一敏・金木正子・川本淑子・唐澤絵里・小林英且・小松冴果・平良志季・高岡香苗・橋浩規・玉井祥子・堤岳彦・冨田典子・永井夏夕・濱岡朝子・安岡亜蘭・山本陽光・押尾奈美・渡邊史(敬称略)

 

公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り1-13-28 TEL 0266-58-6000


30 .jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:13| 北澤美術館 (本館)

飯塚亜裕子パート・ド・ヴェール展





飯塚亜裕子さんは、色ガラスの粉を鋳型につめて焼き上げる「パート・ド・ヴェール」技法でガラス作品を制作しています。現在新潟市を活動拠点とする飯塚さんは、1987年に武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科を卒業後、東京ガラス工芸研究所や国立高岡短期大学(現富山大学芸術文化学部)でガラスや漆工芸を学びました。1996年以降はほぼ毎年各地で個展、グループ展を開催するなど、精力的に創作活動に励んでいます。
飯塚さんの作品では、気泡を含み白濁した素地に色ガラスの粉粒が熔け混ざり合うパート・ド・ヴェールの特徴が効果的に活かされています。器表面にかたどられた色とりどりの植物モチーフは、野に咲く草花が陽光を浴び大気に溶け込むかのような温かみと柔らかさに満ちています。原型を作り、ガラス粉を詰め焼成し、型を壊して中のガラスを磨き削るという複雑な工程を経て、丹念に作り上げられたパート・ド・ヴェール作品。自然な色の流れの中に、時の流れをも漂わせるその魅力をご堪能ください。
なお、同時開催中の北澤美術館特別展「パート・ド・ヴェール
−秘められたるガラス技法−」では、アール・ヌーヴォー期のパート・ド・ヴェール作品を展示しています。約100年の時を経た両時代のパート・ド・ヴェール作品を、あわせてお楽しみいただけます。


【会期】
2016年1月24日(日)〜3月3日(木)
【開館時間】9:00〜17:00
(入館は閉館時間の30分前まで)
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引
【休館日】会期中無休


 

 公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り1-13-28 TEL 0266-58-6000



 
飯塚.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:07| 北澤美術館 (本館)

2016年01月31日

企画展 原田泰治が描く 『日本のまつり』 展 開催

 

勇壮さと熱狂的ぶりで、天下の大祭としても全国に知られている諏訪の「御柱祭」。正式には「式年造営御柱大祭」といい、7年目毎、寅と申の年に行われます。今春、諏訪地域一円が祭りに沸くこの大祭の開催を記念して、企画展「原田泰治が描く 日本のまつり」を開催いたします。

 

原田泰治の作品の中には、四季折々のふるさとの風景とならんで、全国各地に残る祭りや地域の伝統的な民俗行事を描いた作品を数多く見ることができます。「豪華絢爛な祭りも素晴らしいが、村人が守り続ける素朴な小さな祭りに気が引かれる。」という原田氏。各地域が大切に伝えてきた様々な祭りの文化を追い続けてきました。

 

本展では、御柱祭の威勢を描いた「おんばしら」や、さだまさし氏と一緒に取材をした「長崎くんち」など日本各地の祭りを描いた作品から、「アマハゲ」や「流しびな」「七夕人形」といった民俗行事を描いた作品など28点をご紹介いたします。日本各地の様々なお祭りの風景をお楽しみください。

 

 

    2016  2  2日(火) 〜 2016  7  26日(火)

開館時間 】午前 9     午後 5

】月曜日休館  (祝日は開館しております)

会   】諏訪市原田泰治美術館 第1展示室

 

展覧会開催に先立ちまして、展覧会の見どころ紹介・作品解説等を行うオープニングセレモニーを開催いたします。どなた様もご覧いただけますので、ぜひご来館ください。

オープニングセレモニー 2016  2  2日(火) 午前 10時〜

 

 

 

お問い合わせ先

諏訪市原田泰治美術館 

TEL 0266-54-1881 FAX 0266-54-1882

392-0010長野県諏訪市渋崎1792-375

URLhttp://www.taizi-artmuseum.jp

E-MAILharadamu@taizi-artmuseum.jp

posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:18| 諏訪市原田泰治美術館