2016年08月23日

台東区上野の森ジュニア合唱団ミュージアムコンサート

台東区上野の森ジュニア合唱団は、諏訪市の友好都市、東京都台東区に在学・在住の小学2年生から高校生年代による合唱団です。
毎年霧ヶ峰で合宿を行っており、合宿の最後に、諏訪市内の施設で訪問コンサートを実施していただいています。
夏のひととき、美しい歌声をお楽しみください。

日時:8月28日(日)午前11時から(40分程度)
場所:諏訪市博物館エントランスホール
※入場無料(展示をご覧いただく際は別途入館料が必要です。)

問合せ:諏訪市博物館 TEL0266-52-7080

諏訪市博物館Webpage http://www.city.suwa.lg.jp/scm/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 19:18| 諏訪市博物館

2016年08月02日

渡邊徳明 耐熱ガラス展





東久留米市にガラス工房を構える渡邊徳明さんは、耐熱ガラスをバーナーワークで熔融した作品を制作しています。透明なガラス素地に色ガラスや金箔が重ねられた作品には、シンプルながらも手作りのぬくもりや華やかさが感じられます。「使いやすさ」を重視した食器類を中心に、日々の生活を豊かに彩るガラス作品を紹介します。


会期:2016年7月24日(日)〜9月15日(木)


休館日:10月3、4日


開館時間:4〜9月9:00〜18:00


入館料:大人1000円 中学生500円 小学生以下無料 団体(8名様以上)大人900円 中学生400円 (2016年7月23日〜8月31日は中学生無料)


 


* * * * * * * * * * * * * * * * *
*
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000
http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
* * * * * * * * * * * * *
* * * * *
watanabe.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:18| 北澤美術館 (本館)

2016年07月26日

企画展[切手にひろがる心の風景?]

郵便事業株式会社では、民営化後初となる新生ふるさと切手第一弾として日本のふるさと

を描き続けてきた原田泰治氏を抜擢し、「ふるさと心の風景」シリーズを2008年(平成20年)

に発行しました。原田氏が描く、昔懐かしい全国各地のふるさとの風景や、ポストのある風景

などを題材としたシリーズは好評を博し、2011年まで10シリーズにわたって展開されました。

今回は、シリーズの内、第13集となる夏・秋・冬の風景、全30点の原画などを切手ととも

に展示します。

 

会 期:平成28年8月9日(火)〜29年1月15日(日) 

※月曜休館(祝日開館),展示替え期間(11/7-8, 年末年始休業(12/281/1

 

開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30迄)

 

会 場:諏訪市原田泰治美術館 第1展示室

 

入館料:大人820,中高生410,小学生200,障がい者410円 

団体割引き[20名様以上]有り 各種割引有り

       諏訪郡内在住・在学の小中学生は無料

 

<関連イベント>

★オープニングセレモニー★

日 時 : 8月9日(火) 午前11時〜

場 所 : 原田泰治美術館 1階 第1展示室

内 容 : 原田泰治先生による企画展解説 など

 

★ギャラリートーク★

 毎週土曜日/日曜日 午前11時,午後2時

 

392-0010 諏訪市渋崎1792-375

お問合せ先:T0266-54-1881 F0266-54-1882

HP: http://www.taizi-artmuseum.jp/

posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 15:25| 諏訪市原田泰治美術館

2016年07月15日

【平成28年度企画展】 小杉小二郎−窓辺物語


小杉小二郎氏は、洋画家・中川一政に師事し、長きにわたるフランスでの制作により、深みのある色彩で詩情豊かな絵画世界を生み出している現代洋画家です。主題は風景や静物が多く、岩彩の使用やガラス絵、オブジェ、陶芸作品など、多様な表現方法も試み、とどまることなく制作の幅を広げています。
当館では、平成18年に「小杉小二郎の世界展−パリ・諏訪 やさしさの予感−」を開催。油彩画をはじめ、オブジェなど82点の作品を一堂に展示し、好評を得ました。
本展では当館での10年ぶりの個展として、最新作を中心に、近年制作された作品の中から、油彩画、オブジェ等およそ85点を展示します。「この国(日本)こそ私の故郷と認識を新たにした」という小杉氏の、日本やフランスの風景と、窓辺の佇まいをお楽しみください。


【会期】
2016年7月30日(土)〜9月25日(日)

会期中の休館日:月曜日と祝日の翌日
        8月1日、8日、22日、29日、9月5日、12日、20日(火)
※8月15日(月)、9月23日(金)は通常開館(ただし、8月15日は交通規制あり)

【入館料】
企画展料金 大人510円 小中学生150円
団体20名以上  大人410円 小中学生100円
障がい者手帳をお持ちの方(付き添い1名まで同額)大人150円 

会期中、8/31までは小中学生一律無料。
諏訪郡内小中学生は8/31以降も無料。

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)





【関連イベント】

■オープニングセレモニー

日時:7月30日(土) 午前11時30分〜 (およそ30分〜1時間)
会場:諏訪市美術館展示室
定員:なし
※一般の方もご参加いただけます。
セレモニーは11時30分からおこないますが、9時から開館しております。



■つきいちアート8月 「小杉小二郎先生によるギャラリートーク」
小杉氏ご本人による作品解説です。

日時:8月20日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館展示室
定員:なし
申込、参加料:申し込み不要、入館料のみ必要



■つきいちアート9月 親子ワークショップ 「オブジェを作ってみよう!」

絵画の他に、様々な素材を使ったオブジェも制作している小杉氏。作品を見た後に、いろいろな素材を使って自由にオブジェを作ってみよう。
日時:9月10日(土) 午後2時〜(およそ2時間)
会場:諏訪市公民館 講義室
定員:親子6組
申込:9月3日(土)までに諏訪市美術館まで申し込み
参加料:材料費200円(接着剤、絵の具代) 


諏訪市公民館
〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り5-12-18
電話:0266−53−6219
JR中央線上諏訪駅より徒歩10分
中央自動車道「諏訪」ICより約15分
駐車場あり 20台
駐車無料、満車の場合は文化センター敷地内の駐車場を利用




■おはなし鑑賞会
展示作品を鑑賞者全員で感想や印象をお話ししながら鑑賞します。

日時:8月13日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館展示室
定員:なし 
申込、参加料:申し込み不要、入館料のみ必要




■学芸員による展示解説
担当学芸員が展示作家や作品について解説します。

日時:8月27日(土) 、9月17日(土) 午後2時〜(およそ40分)
会場:諏訪市美術館展示室
定員:なし
申込、参加料:申し込み不要、入館料のみ必要



【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392−0027
長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
kosugitenns.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:30| 諏訪市美術館

2016年07月11日

ガレの花園





19世紀末フランスで活躍したガラス工芸家エミール・ガレ(18461904)。ガレの故郷フランス北東部のナンシーは、当時ヨーロッパ有数の種苗家が集う園芸のメッカとしても注目されていました。ガレ自身もこよなく花を愛し、自邸の庭に2,500種とも3,000種ともいわれる植物を育て、日々創作の糧としていました。なかにはキクやアジサイなど遠く海を渡った珍しい日本の花もありました。本展では、ガレの名作を中心に、その良きライバル同郷のドーム兄弟ら、北澤美術館が誇る世界屈指のコレクションの中から花をテーマにご鑑賞いただきます。色とりどりに咲き乱れる美しい四季の花々、留まることを知らないはかない命を永遠の芸術に昇華させた「ガレの花園」をお楽しみください。


会期:6月30日〜2017年3月31日


休館日:10月3日、4日


開館時間:4〜9月 9:00〜18:00、10月〜3月 9:00〜17:00


入館料:大人1000円 中学生500円 小学生以下無料 団体(8名様以上)大人900円 中学生400円


※2016年7月23日〜8月31日は、中学生無料


* * * * * * * * * * * * * * * * *
*
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28

http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
TEL 0266-58-6000
* * * * * * * * * * * * * * * * *
*
50.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:08| 北澤美術館 (本館)

2016年07月08日

企画展「戦国を駆け抜けた諏訪氏―頼忠・頼水・忠恒 諏訪3代―」

諏訪氏を復活させた諏訪頼忠、高島藩主として諏訪に返り咲いた諏訪頼水、大坂夏の陣で戦った諏訪忠恒。今話題の真田氏が活躍した天正〜慶長年間における諏訪の動きや諏訪氏3代の活躍を残された資料でたどります。

【会期】
平成28年7月9日(土)〜9月25日(日)

【休館日】
7/11(月)、19(火)、25(月)、8/1(月)、8(月)、12(金)、22(月)、29(月)、 9/5(月)、12(月)、20(火)、23(金)

【入館料】
一般300円、小中学生150円(団体20名以上 一般200円、小中学生100円。諏訪地域在住在学の小中学生は無料)

【関連イベント】
■武田信玄狼煙会・諏訪市博物館共同企画
第2回武田信玄のろしフォーラム「狼煙リレーを活用した地域連携の取り組み―」

日時:7月16日(土)
 13:30〜 八巻與志夫氏(釈迦堂遺跡博物館副館長)講演会
 13:50〜 風林火山 甲陽戦国隊 演舞
 14:20〜 パネルディスカッション  
会場:博物館エントランスホール
申込み・参加費:不要

■生涯学習講演会
「『真田丸』の時代と諏訪―戦国乱世を生き抜いた諏訪氏―」

講師:平山 優 氏(NHK大河ドラマ「真田丸」時代考証担当)
日時:8月7日(日)13:30〜15:30
会場:諏訪市文化センター
定員:300名(当日先着順)
申込み・参加費:不要
問合せ:諏訪市教育委員会 生涯学習課(52-4141 内線595)

■見学会「諏訪3代ゆかりの史跡をめぐろう!」

日時:8月27日(土)9:00〜12:00
コース:頼岳寺廟所・貞松院殿墓地・温泉寺廟所・茶臼山城跡など
定員:20名
申込み:8月6日(土)より博物館(52-7080)へお申込みください。
参加費:無料

■夏休み体験講座「戦国武将になってみよう!」
◆武将になって手紙を書いてみよう!
自分だけのサイン(花押)を作って、昔の方法で手紙を書いてみよう!

日時:7月30日(土)13:30〜15:00
会場:博物館学習室
定員:20名
申込み:7月9日(土)より博物館(52-7080)へお申込みください。
参加費:無料

◆合戦ごっこ「風雲!博物館夏の陣!」
2つの軍に分かれて、作戦を立てて相手の大将を倒そう!

日時:8月6日(土)9:00〜11:00
会場:博物館前庭
申込み:7月9日(土)より博物館(52-7080)へお申込みください。
参加費:無料

◆甲冑を着てみよう!
本物と同じ甲冑を着て戦国武将になろう!

日時:8月13日(土)・14(日)13:30〜15:30
会場:博物館エントランスホール
申込み・参加費:不要


■展示解説

日時:7月9日(土)・9月17日(土)いずれも13:30〜14:00
参加費:入館料のみでご参加いただけます。
※@8/20(土)、A9/17(土)、B10/10(月)は、茅野市神長官守矢史料館でも展示解説を行います。 (@13:30〜 A・B10:00〜)


■高島城・茅野市神長官守矢史料館・諏訪市博物館夏休みクイズラリー
8/6〜9/25の開催中、上記3館を見学して、クイズに答えてプレゼントをもらおう!

◆高島城「高島城築城と日根野家―弘就・高吉・吉明 日根野三代―」
会期:7月15日(金)〜9月25日(日)
◆茅野市神長官守矢史料館企画展「真田と諏訪―信濃の武将たち―」
会期:8月6日(土)〜10月10日(月)

【問い合わせ】
諏訪市博物館
諏訪市中洲171-2(諏訪大社上社本宮前)
電話 0266-52-7080
FAX  0266-52-6990
web http://www.city.suwa.lg.jp/scm/
pict614_1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:42| 諏訪市博物館

2016年06月29日

平成28年諏訪大社御柱祭報道写真展 神を曳く





平成28年諏訪大社御柱祭報道写真展 神を曳く

 

会期 平成28年6月11日(土)〜平成28年7月31日(日)会期中無休

 

主  催:八ヶ岳美術館、原村、原村教育委員会

協  力:信濃毎日新聞社、市民新聞グループ、エルシーブイ株式会社、写真のはる

協  賛:諏訪信用金庫、スワテック建設株式会社、たてしな自由農園

 

 

 

樅の大木16本を山から切り出し、坂を落とし川を越え、里を曳いて諏訪大社4つの社(上社本宮・前宮、下社秋宮・春宮)の四隅に建てる―この素朴でシンプルな祭りが1200年もの長きにわたって現代に継承され、そのルーツは縄文時代に及ぶと言われています。6年に一度(7年目ごと)寅と申年に行われるこの諏訪大社式年造営御柱祭は、岡本太郎の言う「縄文人の血が騒ぐ」はるか古層の魂を呼び起こし日本人の心を揺さぶるエネルギーとパワーを持っています。

何がそうさせるのか?「日本一危険な祭り」と言われながら、時代を超えて連綿と続く底流にいったい何が流れているのか?技術の伝承と共同体組織が生まれ変わっていく神の国諏訪人の魂の在処は?

信濃毎日新聞社、市民新聞グループ、エルシーブイ株式会社の全面協力を得て、報道現場が見つめた祭りを写真パネルと映像で再現しながら「御柱の神髄」に迫ります。

ジャーナリスト・専門家・氏子らによるユニークな講演会や座談会もお見逃しなく。かつては御柱を切り出していた八ヶ岳山麓御小屋山の直下にある八ヶ岳美術館に諏訪の御柱祭の感動が甦ります。

 企画展に際し多大なご協力をいただいた関係者の皆様にこころより感謝申し上げます。

 

>>チラシのダウンロード(裏)http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/plan/onbashira.pdf

 

 

 

【関 連 イ ベ ン ト】

 

●オープニングセレモニー

6月11日(土)11:30〜

 

●講演会「世界の柱祭りと諏訪の御柱」

6月26日(日)13:30〜15:00

講 師:高見 俊樹氏(諏訪高島城長・前諏訪市教育次長)

参加費:無料(要入館料)

 

●講演会「神を曳く」

7月2日(土)13:30〜15:00

講 師:向井 紀文氏(信濃毎日新聞本社報道部記者企画担当)

参加費:無料(要入館料)

 

●御柱記者座談会「ジャーナリストが見つめた諏訪の御柱祭」

7月16日(土)13:30〜15:00

今福 英介氏(市民新聞グループ記者御柱担当)

佐久 章展氏(LCV放送制作部長)

参加費:無料(要入館料)

 

●氏子座談会 「ちからをあわせて おねがいだ〜」

7月23日(土)13:30〜15:00

北沢 重秋氏(96年ぶりのGOD HAND 抽籤大総代)

名取 千代兵氏(ラッパ「御柱行進曲」の作曲者 富士見)

竹森 笑子氏(日本一木やりコンクール第1回最優秀金賞者)

小泉 友里氏(平成28年デビュー女性新人木やり師)

参加費:無料(要入館料)

 

 

お問い合わせ 八ヶ岳美術館(0266-74-2701)
omote_s.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:22| 八ヶ岳美術館

2016年06月17日

諏訪の長い夜


諏訪湖畔の美術館、博物館16館が夜更けまでオープン!
特別展、企画展が盛りだくさんの2日間!


【会期】
平成28年7月16日(土)・17日(日)

【開館時間】
午前9時〜午後9時(入場は午後8時30分まで)

【入館料】
大人300円 小中学生150円 障がい者手帳をお持ちの方は、大人150円、小中学生無料、付添いの方1名まで割引料金150円

 
午後5時から午後9時の夜間開館時間中は割引対応、入館料大人300→200円 小中学生150円→100円
諏訪地域在住、在学の小中学生は無料


【関連イベント】

■和紙染め体験と「かさのかさ」
簡単な和紙染め体験をしてみよう。出来上がった作品はビニール傘に貼り付けデコレーション。灯篭の「かさ」に見立てます。
夜間18:30から「かさのかさ」を点灯します。幻想的な光を楽しんでください。

日時:7月16日(土)・7月17日(日)
   和紙染め体験          午後1時〜午後5時
   「かさのかさ」デコレーション  午後1時〜午後8時
場所:諏訪市美術館/申込、参加料無料

7月16日(土)18:30〜 かさのかさ点灯式  諏訪姫が来館します!


■学芸員によるギャラリートーク
展示中の作品について担当学芸員が解説します。

日時:7月16日(土)・17日(日)午後8時〜午後8時30分
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要


■つきいちアート7月
展示中の作品を、じっくり見てから、ぬり絵をしてみよう。

日時:7月16日(土)午後2時〜午後5時(随時参加可能)
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要
DSCN10121.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:53| 諏訪市美術館

2016年06月09日

樋口主明・樋口真一 パート・ド・ヴェール展





樋口主明、樋口真一は、陶磁器とガラスの一体焼成を試みる経緯からパート・ド・ヴェール技法を探求し、試行錯誤を経てこの難技法を解明、独自のスタイルに発展させました。その後もアールヌーボー期に生み出された卵の殻ほどの薄い胎の製法の再現に取り組み、これを確立します。那須に住居と工房を構え、自然と対峙する生活の中で創作した作品を紹介します。

 

【会期】2016年6月12日(日)〜7月21日(木)

【開館時間】9:00〜18:00
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引き

 

[作家によるギャラリートーク]

6月12日(日)14:00より約30分 (見学自由、要入館料)

 

* * * * * * * * * * * * * * * * *
*
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000
http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
*
* * * * * * * * * * * * * * * * *
樋口主明・樋口真一 パート・ド・ヴェール展.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:07| 北澤美術館 (本館)

2016年04月27日

収蔵品展 春から夏へ −アートで感じる移ろう季節−/特集展示 丸茂長四郎 木版画展−子どもたちと歩んだ版画の道−

収蔵品展 春から夏へ −アートで感じる移ろう季節−
特集展示 丸茂長四郎 木版画展−子どもたちと歩んだ版画の道−

本展では春から夏の情景を表した作品を選んで展示します。
鮮やかな新緑の葉、涼しげな水辺の風景。美術作品を見て季節を感じてみよう。
特集展示では、諏訪市在住の版画家、丸茂長四郎氏の木版画を展示します。
どこか懐かしさを感じさせる諏訪の風景をうつした作品と、図工教師として
版画教育の発展に尽力した丸茂氏の軌跡を紹介します。

【会期】
平成28年4月29日(金・祝)〜7月24日(日)
     期間中展示替えあり 前期:〜6月5日
               後期:6月7日〜
 
【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【入館料】
大人300円、小中学生150円(諏訪地域在住、在学の小中学生は無料) 
    5/3は開館記念日により一律無料

【休館日】
 月曜日、祝日の翌日
 5月9、16、23、30日
 6月6、13、20、27日
 7月4、11、19日

【イベント】
●諏訪市美術館開館60周年記念イベント
諏訪市美術館は、1956年(昭和31)年、長野県で初めての市立美術館
として諏訪湖畔に誕生しました。
これを記念して、60周年記念展覧会やイベントを行います。

・あなたが描く諏訪市美術館の思い出
「展覧会を見て素敵な作品があった」、「学校の授業で美術館に行った」、
「今日初めて美術館を訪れた」など、諏訪市美術館にまつわる思い出や印象を
ワークシートに描いていただきます。
参加特典:ご参加いただいた方には当館ご招待券をもれなくプレゼント!

日時:2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金)
場所:諏訪市美術館 図書コーナー/申込不要、入館料のみ必要

・5/3開館記念 無料入館デー
諏訪市美術館として開館した5月3日(火・祝)はどなたでも無料で
ご入館いただけます。

日時:5月3日(火・祝)午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


●ゴールデンウィーク企画
彩りこいのぼりをつくろう!
デカルコマニー(合わせ絵)やフロッタージュ(こすり出し)で「彩りこいのぼり」を作ってみよう!

日時:5月3日(火・祝)〜5月8日(日)午後1時〜4時30分
場所:諏訪市美術館 車寄せスペース/申込不要、入館料、参加料不要

●学芸員による展示解説
担当学芸員が展示作品について詳しく解説します。展示作品についてより理解を深めることがでます。

日時:5月3日(火・祝)、4日(水・祝)、7月18日(月・祝)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要


●つきいちアート5月
丸茂長四郎さんによるギャラリートーク
展示中の作品やご自身の制作について、丸茂さんご本人にお話しいただきます。

日時:5月21日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室/申込不要、入館料のみ必要

●おはなし鑑賞会
参加者全員で作品について語りながら鑑賞します。他の参加者のおはなしを聞いてみて、自分とはまったく違う感想に驚いたり、それまで気付かなかった作品の詳細な部分にも目がいくようになったり…作品の新たな魅力に気づくきっかけとなる鑑賞会です。

日時:6月4日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート6月・公民館共催講座
丸茂長四郎さんによるシルクスクリーン教室(3回連続)
丸茂長四郎さんを講師にお迎えし、スクリーンにインクを押し出して刷る「カッティングシルクスクリーン技法」にトライしてもらいます。

日時:6月18日(土)、25日(土)、7月2日(土)午後1時〜
場所:初回=諏訪市美術館、2、3回=諏訪市公民館
定員20人。対象は中学生以上。親子であれば小学校高学年以上。材料費800円。
お申し込みが必要です。6月11日(土)までに諏訪市美術館まで電話にてお申込ください。

●つきいちアート7月
作品を見てからぬり絵をしてみよう!

日時:7月16日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392−0027
長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
mizuumitomati.JPG
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:10| 諏訪市美術館