2017年05月18日

八ヶ岳美術館 企画展【Parallel Natureパラレル・ネイチャー 自然から学ぶ4ヶ月】 





会期 平成29年4月1日(土)〜平成29年7月30日(日) 会期中無休

 

 

私たちがふだん包まれて暮らしている自然。山々の雄大さ、夜明け差す光に照らされる荘厳な景色、木々の葉の輝きや匂い、鳥の囀り、巨石がつくる奇妙な光景など、自然の美しさはわたしたちの周りに、時に捉えきれない程に大きく広がっています。こうした自然から、古来芸術家たちはインスピレーションを受けて作品を制作してきました。そうしてみると、私たちが目にする作品は、自然のもうひとつの姿を映し出す鏡のような装置であると言えるのではないでしょうか。

近在の若手作家の作品を中心にした本展は、現実世界と同時に存在しているもうひとつの「自然」の姿と、それを捉える作家の眼差しの中に、改めて自然と向き合う手掛かりを探る試みです。私たちを取り巻く現実の自然からは見えなかったものが、パラレルに映し出された自然からは見えてくるかもしれません。

4ヵ月という長い会期中、展示のほかに様々な学びの場を設けます。山、水、縄文、土、鳥の5つのキーワードをもとに、各分野で活躍する研究者や作家をお招きします。「もうひとつの自然」から学ぶ4ヵ月が、自然の現在と理想とを思索するための場となることを願っています。

 

【関 連 イ ベ ン ト】

 

【山】終了しました

●ホーリー・マウンテンズ・ツアー in 八ヶ岳

出 演:豊嶋秀樹(キュレーター)、山内悠(出展作家)

2016 年にモエレ沼公園(札幌)で開催された展覧会、「ホーリー・マウンテンズ
内なる聖山へ続く三つの足跡トレース」。長期に渡って山に入り、山との関係性を築く人々に焦点をあてたこの展覧会で上映された映像(約30
分)の上映を中心に、スライドを交えたトークショーを行います。

日 時:4月25日(火)18:00開場 18:30開演

参加費:1,500円(入館料込み)

会 場:八ヶ岳美術館

 

【水】終了しました

●講演会「自然、神、人、水」

講 師:笹本正治(長野県立歴史館館長)

日 時:5月13日(土)13:30〜15:00 

会 場:八ヶ岳美術館

 

【縄文】

●講演会「縄文の大地観、生命観をもとめて 〜武藤雄六・猪風来・岡本太郎〜」

講 師:田中基(縄文図像研究)

日 時:7月1日(土)13:30〜15:00

参加無料(入館料別途)

会 場:八ヶ岳美術館

 

【土】

●ワークショップ「熊谷幸治さんと土器を作る」※要予約

講 師:熊谷幸治(出展作家)

日 時:@土を掘り、成形する 6月25日(日)13:30〜16:00

    A土器を焼く 7月22日(土)13:30〜16:00 参加費:3,000円(入館料込み)

会 場:八ヶ岳美術館周辺

 

 

【鳥】

●講演会「諏訪の野鳥おもしろ生態学」

講 師:林正敏(日本野鳥の会諏訪支部長)

日 時:7月17日(月・祝)13:30〜15:00

参加無料(入館料別途)

会 場:八ヶ岳美術館

 

企画展詳細はこちら


 

 

チラシのダウンロードはこちら

omote_web.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:37| 八ヶ岳美術館

2017年05月08日

八ケ岳小さな絵本美術館 「10人の絵本作家が描く宮沢賢治展」

「10人の絵本作家が描く宮沢賢治展」

会期:前期 4月15日(日)〜5月28日(日) 後期:6月3日(日)〜7月17日(月)

後世に語り継ぎたい賢治物語。およそ120年前に紡ぎだされた言葉は、今なお新しい響きに満ちています。親しみやすい絵本という形で表現された宮沢賢治をお楽しみください。


前期「展示作品」絵本作家

オツベルと象 荒井良二 / よだか」 ささめやゆき / 「いい火山弾」 田中清代 /雨ニモマケズ(複製) 柚木沙弥郎 / 「虔十公園林 伊藤秀男 


後期「展示作品」絵本作家 6月3日(土)〜7月17日(月)
狼森と 笊森、盗森 片山健 /やまなし 川上和生 / 「なめとこ山 あべ弘士 /黄色トマト 降矢なな / 月夜でんしんばしら 竹内通雅


【期間中のイベント】

宮沢賢治のおはなし 朗読会   



日時:2017年 5月13日(土) 6月17日(土) 各15:00〜




  




☆ 絵本作家・さとうわきこによる ギャラリトーク 「宮沢賢治とわたし」




   日時:2017年 5月13日(土)6月17日(土) 各14:00〜


会場:

八ヶ岳小さな絵本美術館

  〒391-0115 長野県諏訪郡原村原山

休館日:火・第2水曜

入館 大人700円 中高生400円 小学生300円 幼児無 
     前期・後期共通券1100円
団体金(15名以上) 大人100円引き 子ども50円引き

小さな絵本美術館
 Facebook / Instagram (grandma-baba)

 
Tel (0266)75-3450 Fax(0266)75-3460
  Mail info@ba-ba.net



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
小さな絵本美術館

  〒394-0081 長野県岡谷市長地権現4-6-13

  Tel (0266)28-9877 Fax(0266)28-9866
 
八ヶ岳小さな絵本美術館

  〒391-0115 長野県諏訪郡原村原山

  Tel (0266)75-3450 Fax(0266)75-3460
  
Mail info@ba-ba.net
 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 17:07| 小さな絵本美術館

2017年05月07日

茅野市尖石縄文考古館 企画展「ちっちゃい土器の奥深い世界」

「縄文人はどうやって持ったのか?」と思う、一人じゃ持てないような大きな土器がある。
一方、手のひらに、いくつも乗せられそうなかわいらしい土器もある。
そんなちっちゃい土器を集めてみました。

●同じような模様の、大小さまざまな大きさの土器
●精巧に作られた「ちっちゃい土器」
●あまり精巧ではない「ちっちゃい土器」とそのモデルになった土器
●下手な土器
など、バラエティに富む「ちっちゃい土器」はおもちゃ、儀礼用の道具、子どもが作った土器と、さまざまな可能性が考えられます。
それらを見ていると、縄文時代の親と子、技術伝達が見えてきます。

会期:平成29年4月29日(土)〜6月25日(日)[月曜休館、ただし5月1日は開館]
会場:茅野市尖石縄文考古館特別展示室
展示をご覧になるには、通常観覧料が必要です。

茅野市尖石縄文考古館ウェブサイト

茅野市尖石縄文考古館 企画展のご案内
H29企画展バナーre.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:49| 茅野市尖石縄文考古館

2017年04月13日

【諏訪市美術館】収蔵作品展 「いろいろな表現-芸術にみる、生き物の姿」 特集展示 「織田昇追悼展 -旅と思考から生まれた絵画」

諏訪市美術館 収蔵作品展 「いろいろな表現-芸術にみる、生き物の姿」
        特集展示 「織田昇追悼展 -旅と思考から生まれた絵画」

 諏訪市美術館には、「生き物」をモチーフにした作品が数多くあります。同じ生き物をモチーフにしていても、そこに込めた主張や生き物の捉え方はさまざまです。作品によって異なる表現の広がりをご覧いただき、「いろいろな表現」を楽しんでください。
 また、特集展示では、諏訪地域の美術と市美術館を支え、2016年にこの世を去った画家・織田昇の作品を展示します。描かれた風景や人、植物から躍動のざわめきが聞こえてきそうな、生き生きとした絵画をご覧ください。

【会 期】平成29年4月29日(土)〜7月26日(水)

【休館日】 5/8、15、22、29、6/5、12、19、26、7/3、10、18、24

【料 金】一般300円(団体20名以上200円)
    小・中学生150円(団体20名以上100円)
     ※諏訪地方の小中学生は無料
    障がい者手帳をお持ちの方は150円(介助者1名まで同額)

【開館時間】午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【イベント】
 ■つきいちアート5月 「彩りこいのぼりを作ろう!」
  日時:5月3日(水・祝)〜7日(日) 午後2時〜午後4時30分
  会場:諏訪市美術館 玄関車寄せスペース
  申込:不要 どなたでもご参加いただけます。
  定員:なし
  参加料:不要
  内容:こどもの日に合わせて、絵の具や、クレヨンで彩るこいのぼりを作ります。
  「デカルコマニー」や「こすり出し」で色や模様をつけたこいのぼりを、来館の記念にお持ち帰りください。


 ■つきいちアート6月 「画家・織田昇の画業」
  日時:平成29年6月24日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
  会場:諏訪市美術館 展示室
  申込:不要  
  定員:なし
  参加料:入館料のみ
  内容:担当学芸員が、織田氏の画業についてお話します。 

 ■つきいちアート7月親子ワークショップ「手作り絵はがきを作ろう!」
  日時:7月1日(土) 午後2時〜午後4時
  申込:申込み必要。6月23日(金)までに美術館へお申込みください。
  定員:8人
  参加料:未定
  会場:諏訪市公民館3階 講堂
  内容:夏の思い出を絵はがきに書いて送ろう!牛乳パックを使った手作り絵はがきを作成します。

  諏訪市公民館
  〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り5-12-18
  電話:0266−53−6219
  JR中央線上諏訪駅より徒歩10分
  中央自動車道「諏訪」ICより約15分
  駐車場あり 20台
  駐車無料、満車の場合は文化センター敷地内の駐車場を利用

 ■おはなし鑑賞会
  日時:5月20日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
  申込:不要
  参加料:入館料のみ
  内容:参加者全員で、展示作品の感想や印象をお話ししながら鑑賞します。


 ■学芸員によるギャラリートーク
  日時:6月10日(土)午後2時〜(およそ40分)
  申込:不要
  参加料:入館料のみ
  内容:担当学芸員が、収蔵作品展についてお話します。


 【お問い合わせ】
  諏訪市美術館
  http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
  〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
  TEL/FAX 0266-52-1217
   E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  
iroironahyougenn.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:19| 諏訪市美術館

2017年04月09日

企画展「上諏訪温泉ものがたり─いで湯の町の歴史と文化─」

諏訪市には全国有数の湧出量を誇る上諏訪温泉があります。その豊かな自然の恵みを諏訪の人々は古くから利用し、この土地ならではの温泉文化を築いてきました。そんな上諏訪温泉と人々のかかわりを様々な資料から紹介します。

【会期】
平成29年4月29日(土・祝)〜8月27日(日)

【休館日】
5/1(月)、5/8(月)、5/15(月)、5/22(月)、5/29(月)、6/5(月)、6/12(月)、6/19(月)、6/26(月)、7/3(月)、7/10(月)、7/18(火)、7/24(月)、7/31(月)、8/7(月)、8/14(月)、8/21(月)


【入館料】
一般300円、小中学生150円(団体20名以上 一般200円、小中学生100円。諏訪地域在住在学の小中学生は無料)

【関連イベント】
■ウォーキング「上諏訪温泉ゆかりの史跡を歩こう!」
江戸時代から知られた「上諏訪四湯」や町のあちこちにある温泉施設を歩いてめぐります。※入浴はしません

日時:5月27日(土)午前9時〜12時  
コース:小和田地区→精進湯跡→虫湯跡→湯の脇地区→高島城
定員:20名
参加費:無料
申込み:4月29日(土・祝)より電話にて(0266-52-7080)


■講演会「上諏訪温泉と日本の温泉文化」
上諏訪温泉の湯をめぐるさまざまな風景から、江戸時代の温泉文化を多角的に検証し、地域の人々にとって温泉とは何であったのかを考えます。

講師:伊藤 克己氏(日本温泉文化研究会代表)
日時:7月1日(土)午後1時30分〜3時
会場:諏訪市博物館学習室
参加費:無料(展示観覧の場合は要入館料)


■展示解説
日時:5月13日(土)、8月19日(土) いずれも午後1時30分〜2時
参加費:入館料のみでご参加いただけます


【問い合わせ】
諏訪市博物館
諏訪市中洲171-2(諏訪大社上社本宮前)
電話 0266-52-7080
FAX  0266-52-6990
web http://www.city.suwa.lg.jp/scm/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:48| 諏訪市博物館

2017年02月25日

ガレのジャポニスム展 日本美に注がれた熱いまなざし





幕末の開国と共に海を渡った浮世絵や焼きものなど精緻をつくした日本の工芸は、ヨーロッパに強い衝撃を与え、各地で日本ブームがおこりました。そこに見るあでやかな色使い大胆な構図は、印象派や世紀末の工芸改革運動「アール・ヌーヴォー」の誕生に深い影響を与えました。今日「ジャポニスム」と呼ばれるこうした現象は、「アール・ヌーヴォー」の旗手、フランス北東部の都市ナンシーに生まれたガラス工芸家エミール・ガレ(18461904)の作品にも表れています。色とりどりの草花が咲き乱れ、バッタやトンボの飛び交う独特の作品世界、自然を手本に、四季折々の風情をたたえた個性あふれる「ガレ様式」が誕生した背景には、日本の美学に注がれたガレの熱いまなざしがありました。本展では、北澤美術館創設35周年を記念し、世界屈指のガレ・コレクションの中から、ジャポニスム関連の作品を中心に秀作100余点を一堂に展示いたします。


ガレ芸術誕生の秘密に迫る特別企画、お誘い合わせの上お越しください。


■会期:2017年4月3日(月)〜2018年3月31日(土)


■休館日:10月31日(火)


■開館時間:4〜9月 9:00〜18:00、10月〜3月 9:00〜17:00


■入館料:大人1000円 中学生500円 小学生以下無料 団体(8名様以上)大人900円 中学生400円


■講演会:5月13日(土)14:00より 講師:池田まゆみ(主席学芸員)


■ギャラリートーク:毎月第4土曜日 14:00より約30分間


*詳しくはホームページまたはお電話でお問い合わせください。


* * * * * * * * *
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000
http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
* * * * * * * * *
1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:39| 北澤美術館

ShinPA in 諏訪





ShinPA」は、東京藝術大学デザイン科描画・装飾研究室において、中島千波氏に教えを受けた若手作家たちによるグループ展です。「新しい波」を築いていこうという意図のもと、独自の表現方法を探求する気鋭作家たちの意欲作をご覧ください。


 


出品作家:(敬称略、五十音順) 


井上越道・押元一敏・金木正子・唐澤絵里・川本淑子・小松冴果・橋浩規・堤岳彦・冨田典子・濱岡朝子・平良志季・安岡亜蘭・山本陽光・横尾奈美・渡邊史


 


[作家によるギャラリートーク] ※詳細はホームページにてご案内申し上げます


3月5日(日)11001130 聴講自由(要入館料)


場所:多目的ギャラリー


 


【会期】2017年3月5日(日)〜4月9日(日)
【開館時間】3月9
:00〜17:00
、4月9:00〜18:00
(入館は閉館時間の30分前まで)
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引
【会期中の休館日】4月1日(土)・2日(日)

 

* * * * * * * * *
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000

http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
* * * * * * * * *
70.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:30| 北澤美術館

2017年02月11日

【諏訪市美術館 収蔵作品展 「光の表現-日本画、洋画、工芸から】

光」テーマに収蔵作品を展示します。「光」と一口に言っても、太陽や月の光、時間によって異なる光の様子、暗闇に映える街の光など、多様な表現があります。
収蔵作品にみる「光」の数々をお楽しみください。
また、コーナー展示として、平成27年度に新収蔵作品となった作品を紹介する「平成27年度 新収蔵作品展」、平成27年度に修復した作品4点についてお披露目を目的とした「よみがえる収蔵作品の輝き-平成27年度 修復完了作品展」を同時開催します。



【会期】
2017年2月18日(土)〜4月23日(日)
休館日: 2/20、27、3/6、13、21、27、4/3、10、17


【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

【関連イベント】

■おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。

日時:3月4日(土) 午後2時〜3時
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

■つきいちアート3月「学芸員による展示解説」
担当学芸員が展示作品について解説します。修復作品の概要についても簡単に説明をする予定です。

日時:3月25日(土)  午後2時〜3時
参加料、申し込み:参加料不要、入館料のみ必要。申し込み不要。定員なし。



■つきいちアート4月「手作りカメラで撮影してみよう!」
開催中の展覧会に関連して、光を使ったイベントを開催します。牛乳パックと虫眼鏡を使って手作りカメラを作り、外で撮影します。

日程:4月8日(土) 午後2時〜4時
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:諏訪市美術館学芸員
参加料、申し込み:参加料不要、入館料のみ必要。3月25日(土)までに申込み。
定員:6名。
持ち物:1リットル牛乳パック、虫眼鏡



【お問い合わせ】
諏訪市美術館
住所:〒392−0027長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
電話/FAX:0266−52−1217
当館HP http://www.city.suwa.lg.jp/s
28収蔵作品2_A4-1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:45| 諏訪市美術館

2017年01月13日

「小宮のおんばしら写真展」





会  期:平成29年1月10日(火)〜平成29年3月26日(日) 会期中無休

主  催:八ヶ岳美術館、原村、原村教育委員会

協  賛:諏訪信用金庫、スワテック建設株式会社

 

平成28年の式年造営諏訪大社御柱祭に続いて、諏訪の地は春から秋にかけて鎮守の産土神から氏神、道端の小さな祠にいたるまで数百、数千と言われる小宮のおんばしら祭が地域をあげて行われます。

 

小宮のおんばしら祭は、幼子や若い女性からじじばばまで子どもと女性が主役になれるおらが村≠フお祭りです。2、3歳の幼児が腹掛けねじり鉢巻きで木やりを鳴きオンべを打ち振ります。男衆にしっかり守られたご神木は山から里へ、辻から辻へと進み、普段は地区の行事等であまり見かけないうら若き女性や遠方からのご親戚もこの日ばかりは共に綱を曳き柱に乗り共に声を張り上げます。そんなほほえましい表情はみんな生き生きしています。時代を超えて伝わる土着民俗信仰の原風景がここにあります。諏訪地方一円で繰り広げられた小宮のおんばしら祭。応募された数々のおらほーのおんばしら∞わが家のおんばしら≠心ゆくまでお楽しみください。

 

同時開催の「モボが写した原村」写真展ではふるさとの原風景に出会うことができます。明治生まれのモダンボーイがとらえた戦時中の御柱祭を含めた貴重なフィルム再現写真をご覧ください。

 

>>チラシのダウンロード(裏)http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/plan/komiya.pdf

 

 

【関 連 イ ベ ン ト】

 

●はるさんの写真教室※要予約

初心者歓迎、写真のいろはから学べる教室です。

日 時:1月29日(日)、 3月12日(日)

各日とも13:00〜15:00(要予約)

参加無料(入館料別途)

持ち物:ご自分のカメラ

会 場:八ヶ岳美術館

 

●小宮のおんばしら氏子座談会

日 時:2月18日(土)13:30〜15:00 

参加無料(入館料別途)

会 場:八ヶ岳美術館

パネラー:小泉勝喜氏(有賀子供木遣り師匠)

     平出保美氏(主婦)

     平林とし美氏(南原子ども木やり指導者)

     田口篤氏(南原若者総代の頭)

コーディネーター:小泉悦夫(八ヶ岳美術館館長) 

 

●講演「諏訪の小宮おんばしら祭」

御柱の歴史と、特色ある小宮の御柱祭についてお話をお聞きします。

日 時:2月26日(日)14:00〜15:30

講師:宮坂 清氏(手長神社宮司)

参加無料(入館料別途)

 

 

ご予約・お問合せ 八ヶ岳美術館(0266-74-2701)

 

 

 
小宮のおんばしら展表.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:26| 八ヶ岳美術館

2016年12月22日

【諏訪市美術館 新春企画】 Museum de お正月 2017

諏訪市美術館では毎年恒例の新春企画として、お正月限定イベント「Museum de お正月 2017」を開催します。お正月ならではのイベント満載ですので、ぜひご来館ください!


【会期】
2017年1月2日(月)〜9日(月・祝)

【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【イベント情報】

★着物deおはなし鑑賞会!
2017年最初の開館日には、担当学芸員が着物で進行をするおはなし鑑賞会を開催します!
※日時:1月2日(月) 午後2時〜(約40分) 参加者全員で作品の印象をお話ししながら鑑賞します。


★着物de無料!
着物着用で来館された方は入館料無料です!
※期間:1月2日(月)〜9日(月・祝)


★新春no「わたしの風景」写真展
開催中の「上諏訪中学校+源馬菜穂 ―わたしの風景―」に合わせ、ご来館の皆さんのスマホに入っている写真の中から、「わたしの風景」といえるような写真をその場でプリントさせていただき、1階特設展示スペースに展示させていただきます。
※期間:1月2日(月)〜9日(月・祝) 開館時間中いつでもご参加可能


★毎年恒例! お年玉抽選会
ハズレくじなし!もれなくミュージアムグッズなどが当たります。ご来館者全員がご参加いただけます。(賞品がなくなり次第、終了とさせていただきます。)


【開催中展覧会情報】

上諏訪中学校+源馬菜穂 ―わたしの風景―
2016年12月23日(金・祝)〜2017年2月12日(日)

※2016年12月29日(木)〜2017年1月1日(日)は年末年始休館となります。
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:57| 諏訪市美術館