2018年04月23日

【市立岡谷美術考古館】 開館5周年記念 収蔵作品展1 墨の世界 東洋の美

 墨の濃度や筆づかいでものの色彩や質感、空間までも描き出す水墨画、文字だけでその場の空気や情景を現出させる書など、東洋では墨を中心とした多彩な表現が生み出され、発展してきました。
これらの分野は、幕末から明治にかけて日本に入ってきた西洋画の影響を受け、また現代的な要素も取り入れながら、その独特の世界観は今に受け継がれています。
本展では、書や水墨画をはじめ、東洋的な技法や発想によって制作された作品を一堂に展示します。西洋画とはまったく異なる立脚点や背景をもつ東洋の美をごゆっくりお楽しみ下さい。


会期:平成30年4月26日(木)〜6月24日(日)
入館料:大人350円(250円)、小・中学生150円(100円)
※( )は10名以上の団体料金
※諏訪郡内在住・在学の小・中学生、岡谷市内在住・在学の高校生は無料
休館日:毎週水曜日、祝日の翌日 ※4/29(日)〜5/6(日)のGW期間は無休
http://www.okaya-museum.jp/
ポスター.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:04| 市立岡谷美術考古館

2018年04月09日

八ヶ岳美術館 企画展「根岸芳郎展 色彩浴の森へ」





根岸芳郎展 色彩浴の森へ

 

 

 

会  期:平成30年4月1日(日)〜平成30年6月24日(日)会期中無休

主  催:八ヶ岳美術館、原村、原村教育委員会

 

 

八ヶ岳美術館では、企画展「根岸芳郎展 色彩浴の森へ」を開催しております。

近代以降において、美術は自然の外観を再現するのとは別の新たな道を探り始めます。それまで未開拓だった、あるいは制約の中でしか実現できなかった色彩と形態の抽象絵画という広大な領域が切り拓かれたのです。現代美術の作家として活躍を続ける岡谷市出身の画家・根岸芳郎は、1973年アメリカに留学し抽象表現主義やカラーフィールドペインティング、ポップアート、ミニマルアートと出会い、ボストン滞在中から精力的に活動を開始します。移ろいゆくような色面だけで構成された根岸の作品は、作家と画面との対話の中で生まれるイメージを実現させようという長きに渡る挑戦の産物です。本展では「色彩浴の森へ」と題し、根岸芳郎の未公開作品を含めた近作約25点を展示し、根岸が挑み続ける固有の世界をご紹介します。

 

 

   

 

 

【関 連 イ ベ ン ト】

 

 

対談 早見堯(美術評論家)×根岸芳郎

日時:5月5日(土)14:00〜15:30

参加費:無料(要入館料)

 

作家によるギャラリートーク

日時:4月29日(日)、6月10日(日)14:00〜15:00

参加費:無料(要入館料)

 

ミュージアム・コンサート

日時:5月26日(土)14:00〜15:00

出演:佐藤典夫(サックス)

参加費:無料(要入館料)    

 

 

 

お問合せ 八ヶ岳美術館(0266-74-2701)
omote.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 17:06| 八ヶ岳美術館

2018年03月11日

【諏訪市美術館】収蔵作品展「女性美の輝き」



諏訪市美術館が収蔵している1400点を超える作品の中から、「女性」をモチーフとした作品を展示します。
女性本来の美しさを表現した裸婦の作品や、女性の装いに注目した作品、働く姿を表現した作品など、女性の持つ美しさや秘めた強さを感じて下さい。


【会期】
3月24日(土)〜5月13日(日)
【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】
月曜日、祝日の翌日、資料整理休館日
(3月26日、4月2日、9日、16日、17日、18日、23日、5月1日、7日)
※5月6日(日)は祝日の翌日ですが臨時開館します。
【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
※諏訪地域の小中学生は無料
障がい者手帳をお持ちの方(同伴者一名まで同額)150円


【イベント】
■つきいちアート3月
「美術館の建物の秘密を知ろう!」
国の登録有形文化財となっている諏訪市美術館の建物について、ワークシートを使いながら観察してみよう!


日時:3月25日(日)午後2時〜(およそ30分)
会場:諏訪市美術館 
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ必要
申し込み:不要


■つきいちアート4月
「鋳造をしてみよう!」
金属を溶かして、型に流し込む簡単な鋳造体験をします。自分の好きな形のメダルを作ってみよう!


日時:4月15日(日)午後2時〜(およそ2時間)
会場:諏訪市美術館 会議室
定員:8名
対象:どなたでも(子どものご参加の場合は保護者の方の同伴をお願いいたします。)
参加料:500円
申し込み:4月8日(日)までに諏訪市美術館まで電話で申し込み

■学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示について解説します。


日時:4月29日(日)午後2時〜(およそ30分)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ必要
申し込み:不要

■つきいちアート5月 親子ワークショップ
「彩りこいのぼりを作ろう!」
デカルコマニーや、スタンピングなどの技法を使って、こいのぼりを彩ります。
こどもの日に合わせ、ぜひ親子でご参加ください。


日時:5月3日(木・祝)〜5月6日(日)全日午後2時〜4時30分
会場:諏訪市美術館 玄関前
定員・対象:どなたでも
参加料:無料
申し込み:不要
制作時間:およそ15分

■おはなし鑑賞会
展示作品について、印象や感想をお話ししながら鑑賞します。


日時:5月5日(土)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ必要
申し込み:不要


【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
TEL/FAX 0266-52-1217
E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  
http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/

女性美の輝き.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 08:41| 諏訪市美術館

2018年03月02日

【市立岡谷美術考古館】 収蔵作品展4 「絵を診る―素材と技法―」

 絵を見るとき、わたしたちは、「何が描かれているか」 という 「絵の内容」 にまず注目するでしょう。しかし、絵とひとくちにいっても、油絵の具、水彩絵の具、アクリル絵の具、岩絵の具その他さまざまな絵の具が使われ、その土台となるものも、紙、布(綿、麻、絹)、木などいろいろあります。選ぶ素材によって発色や画面の質感が異なり、それも絵の味わいをつくる重要な要素です。
 画家は、それぞれがめざす画風や仕上がりに合わせ、最適な素材や技法を選び、工夫を重ねて作品を制作しています。また、時代とともに優れた画材が登場し、作画の手法も多様化してきました。
 本展では、さまざまな素材や技法による作品を一堂に展示いたします。絵の 「素材」 に注目して、一味ちがった見方で絵を楽しんでみてはいかがでしょうか。

会期:平成30年3月8日(木)〜4月22日(日)
入館料:大人350円(250円)、小・中学生150円(100円)
※( )は10名以上の団体料金
※諏訪郡内在住・在学の小・中学生、岡谷市内在住・在学の高校生は無料
休館日:毎週水曜日、祝日の翌日
http://www.okaya-museum.jp/
ポスター.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:40| 市立岡谷美術考古館

収蔵作品展4 「絵を診る―素材と技法―」

 絵を見るとき、わたしたちは、「何が描かれているか」 という 「絵の内容」 にまず注目するでしょう。しかし、絵とひとくちにいっても、油絵の具、水彩絵の具、アクリル絵の具、岩絵の具その他さまざまな絵の具が使われ、その土台となるものも、紙、布(綿、麻、絹)、木などいろいろあります。選ぶ素材によって発色や画面の質感が異なり、それも絵の味わいをつくる重要な要素です。
 画家は、それぞれがめざす画風や仕上がりに合わせ、最適な素材や技法を選び、工夫を重ねて作品を制作しています。また、時代とともに優れた画材が登場し、作画の手法も多様化してきました。
 本展では、さまざまな素材や技法による作品を一堂に展示いたします。絵の 「素材」 に注目して、一味ちがった見方で絵を楽しんでみてはいかがでしょうか。

会期:平成30年3月8日(木)〜4月22日(日)
入館料:大人350円(250円)、小・中学生150円(100円)
※( )は10名以上の団体料金
※諏訪郡内在住・在学の小・中学生、岡谷市内在住・在学の高校生は無料
休館日:毎週水曜日、祝日の翌日
http://www.okaya-museum.jp/
ポスター.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:21| 市立岡谷美術考古館

2018年02月19日

【諏訪市美術館】シンビズム?信州ミュージアム・ネットワークが選んだ20人の作家たち?




 長野県芸術監督の本江邦夫氏の監修のもと、県内の公立・私立合わせて20の施設の学芸員の共同企画により、長野県ゆかりの現代作家の作品を選定・展示する、初めての展覧会を開催します。


 丸山晩霞記念館、御料館、信州新町美術館、諏訪市美術館の4館を会場に同時開催され、諏訪市美術館では、阿部祐己(写真)、高橋広平(写真)、常田泰由(版画)、中村恭子(日本画)、藤沢まゆ(染色)の5名の作家の作品を展示します。
 


【会期】224(土)〜318(日)


【開館時間】午前9時〜午後5(入館は午後430分まで)


【休館日】226日、35日、12


【入館料】無料
 


【関連イベント】


■開会式


諏訪市美術館に展示する作家が来場します。
 


日時:224日(土)午前11時〜


会場:諏訪市美術館 展示室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 


■阿部祐己・スライド上映会とトーク


冬の諏訪湖や霧ヶ峰などを撮影した作品を上映しながら作家が解説します。
 


日時:224日(土)午後2時〜


会場:諏訪市美術館 会議室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 


■高橋広平・ギャラリートーク


ご自身の作品についてお話しいただきます。トーク予定時刻以外も在館予定です。
 


日時:225日(日)、34(日)、18(日)全日午後130分〜


会場:諏訪市美術館 展示室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 


■常田泰由・来場予定
 


日時:34(日)時刻未定


会場:諏訪市美術館 展示室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 
 


■作家、監督、学芸員によるギャラリートーク


南信会場展示作家、本江邦夫監督、南信会場展示作家担当学芸員によるギャラリートークを行います。
 


日時:311日(日)午後130分〜


会場:諏訪市美術館 展示室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 


【お問い合わせ】
 


諏訪市美術館


392-0027


長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
TEL/FAX 0266-52-1217
E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  
http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/








sinbi.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 19:25| 諏訪市美術館

2018年02月17日

八ヶ岳美術館 今秋開催!【全国公募展 第7回あなたが選ぶ信州の裂織展】応募要綱完成





ここ信州の原村では古くから機織りがさかんに行われてきました。ことに裂織は「ぼろ機織り」の名称で親しまれ、今なおその技が大切に継承されています。裂織文化の振興と発展を目的に始められた全国公募展「あなたが選ぶ信州の裂織展」も第7回目を迎えます。

今回もご来場いただいたお客様の投票によって大賞が選ばれます。また第4回からは新たに芸術性・技術・伝統などの視点で審査する審査員特別賞を設けています。伝統技術の継承者として、また新しい表現への挑戦の場として、多くの方のご応募をお待ちしております。

 

 

 

≪公募展概要≫

 

応募受付期間:平成30年7月1日(日)〜8月27日(月)(当日消印有効)

作品搬入:平成30年8月27日(月)〜平成30年9月2日(日)10:00〜15:00

展覧会会期:平成30年9月8日(土)〜平成30年12月9日(日)

入館者による投票期間:平成30年9月8日(土)〜平成30年11月11日(日)

受賞作品発表:平成30年11月23日(金・祝) 授賞式及び八ヶ岳美術館ウェブサイトにて発表

授賞式:平成30年11月23日(金・祝)13:00〜14:00 八ヶ岳美術館にて

 

 

●応募資格

・自己の作品で他の公募展に未発表の裂織作品。

・全体の80%以上が裂織でできているものに限ります。

・プロ・アマチュアは問いません。

 

●作品の規格

1人につき2作品まで出品できます。出品受付され た作品はすべて展示され、投票の対象となります。

ペアやセットでの出品も可能です。下記サイズ内で あれば4点までを1作品とみなします。ただし壁面
作品と立体作品とをセットにすることはできません。

 

[壁面作品](タペストリー等)

 縦2m以内×横1m30cm以内で吊り下げ可能な作品。 重量30kg以内。

 吊り下げて展示できるように、棒とつり紐や金具等 を取り付けてください。

 

[立体作品](服、帯、バッグ、コタツ掛け、ラグ等)

 重量30kg以内で、2m×2m以内におさまるもの。

 裂織作品ではない演出用の付属品の添付は禁止しま すが、展示用ボディの持ち込みは例外とします。

 洋服、羽織などの形状の作品は当館で展示用ハン ガーを手配します。必要な方は申込用紙にご記入の 上、ご応募ください。

 出品料

  1作品 5,000円

  2作品 8,000円

 

●審査と賞

 

1.来館者の投票によるコンテスト形式

 投票期間中に来館されたお客様からの得票数によって決定します。

 投票期間:平成30年9月8日(土)〜平成30年11月11日(日)

 

  ・大賞        1点 (楯・金一封)

  ・準大賞       2点 (楯・金一封)

 

2.審査員特別賞

 投票に関係なく、審査によって芸術的・技術的に優れた作品や革新的な作品、伝統を重んじた作品などに贈られます。

 

 ・審査員特別賞賞      3点 (楯・金一封)

 

 

詳細は以下の応募要綱をご覧ください

 

●応募要綱・申込用紙ダウンロード(A4サイズ4枚)

 


 

郵送いたしますので、希望の方はお電話にてお問合せください。

 

八ヶ岳美術館 0266-74-2701
応募要綱表面のコピー.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 15:33| 八ヶ岳美術館

八ヶ岳美術館 企画展 【感性の織り??福祉の現場で生まれた作品展?】





会  期:平成29年12月2日(土)〜平成30年3月25日(日)

     年末年始(12/29〜1/3)休館

主  催:八ヶ岳美術館、原村、原村教育委員会

 

八ヶ岳美術館ではこのたび、「感性の織りU〜福祉の現場で生まれた作品展〜」を開催します。

2015年、八ヶ岳美術館では福祉の現場で織りを取り入れている事例が多くあることに着目し、「織り」という行為がもつ可能性について考える展覧会「感性の織り」を開催しました。
一人ひとりの作家が織りあがっていく美しい布に魅せられ、創造の歓びを感じているのが伝わってくるかのような作品の数々に、多くの反響をいただきました。
2回目となる本展では、福祉施設で生み出された裂き織りなど織作品の数々とともに、刺繍や糸を使った作品を展示し、豊かな感性がかいまみえる作家の素晴らしい作品世界をご紹介します。あわせて、各事業所や工房で、作品が生まれるサポートとしてどのような取組みがなされているのかを紹介し、さまざまな施設がさまざまな理念のもとで作品作りを支援していることを多くの方に知っていただく機会となれば幸いです。

 


 

参加施設

黒川こころの応援団nisipirica(宮城県)/しょうぶ学園(鹿児島県)/西陣工房(京都府)/のぞみの郷高社
まーぶる(長野県中野市)/NPO法人ハックの家(岩手県)/森の工房あかね舎(長野県諏訪市)/NPO法人リベルテ(長野県上田市)

 

【関 連 イ ベ ン ト】

 

 

ワークショップ

 

@段ボール織りでウールと裂織のマットづくり

日時:2月25日(日)13:30〜15:30

講師:野中ひろみさん(信州さきおりの会)

定員:10名 ※要予約

参加料:1,000円(入館料別途)

内容:機がなくても大丈夫!あったかウールと裂織を組み合わせたマットを    ダンボール織りで作ります。

 

A玉どめいっぱい!moroボールでアクセサリーづくり

日時:3月17日(土)13:30〜15:00

講師:moroさん(NPO法人リベルテ)

定員:10名 ※要予約

参加料:1,000円(入館料別途)

内容:フェルトボールに玉止めをして、コロコロキュートなアクセサリーを    作ります。

 

事例発表会

 

3月10日(土)13:30〜15:30 

講師:NPO法人リベルテ 武捨和貴さん

   のぞみの郷高社 まーぶる 滝沢和代さん

参加費:無料(要入館料)

展示に参加している2つの施設からお招きした講師に、作品が生まれる現場であるアトリエの様子や、利用者さんのサポート方法、今後の展望などを伺います。

 

映画上映会

 

「幸福は日々の中に。」

3月18日(日) @11:00〜 A14:00〜

参加無料(要入館料)

展示参加施設のしょうぶ学園のドキュメンタリー映画を上映します。

 

 

 

 

ご予約・お問合せ 八ヶ岳美術館(0266-74-2701)

 
kansei2omote.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:41| 八ヶ岳美術館

2018年02月09日

ShinPA in 諏訪展





東京藝術大学デザイン科描画・装飾研究室において、中島千波氏に教えを受けた若手作家たちによるグループ展。「新しい波」を築いていこうという意図のもと、独自の表現方法を探求する気悦作家たちの意欲作を楽しんで。諏訪展は4号〜20号サイズの絵画を中心に構成され、当館では4回目の開催となります。

■会期:2018年3月4日(日)〜4月8日(日)


■休館日:4月1〜3日


■開館時間:3月 9:00〜17:00、4月 9:00〜18:00


■入館料:大人1000円 中学生500円 小学生以下無料 団体(8名様以上)大人900円 中学生400円


 ■3月4日(日)11:00〜11:30は作家によるギャラリートーク開催。聴講自由(要入館料)


* * * * * * * * * * * * * * * * *
*
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000
* * * *
* * * * * * * * * * * * * *
222.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:05| 北澤美術館

2018年01月16日

市立岡谷美術考古館 収蔵作品展? 「増沢荘一郎とその同志」

 増沢荘一郎は、戦後、武井武雄が立ち上げた双燈社※で版画を学び、学校教育や社会教育にも版画を取り入れ、大人から子どもまで版画に親しむ気風を盛り上げました。本展では、増沢とともに地域の版画界の発展に寄与した武井吉太郎と小口作太郎の作品も展示し、「版画のまち」岡谷の軌跡を振り返ります。
また、増沢が中心となって創立した「信濃刀画の会」作品展、および、第25回岡谷市内小学校児童版画展も同時開催いたします。

 ※双燈社とは、戦後まもなく、岡谷に帰郷していた武井武雄が、すさんだ人々の生活を明るくしようと、西堀地区の人々とともに結成した文化団体です。その版画部会では武雄が講師となり、武井吉太郎や小口作太郎、増沢荘一郎など多くの版画作家を育てました。月に1回、例会を行い、毎回異なるテーマでハガキ大の作品集を作りました。テーマは花、諏訪風物、人物、冬のスポーツなど、年賀状のほかにもさまざまな作品集が残されています。
日程 2018年1月14日(日)〜3月4日(日)
会場 市立岡谷美術考古館
時間 10:00〜19:00/水曜休館、祝日は開館(その翌日は休館)
チケット料金(収蔵作品展) 大人350円/小・中学生150円 ※団体割引あり
詳細ホームページ http://www.okaya-museum.jp/
お問い合わせ先 市立岡谷美術考古館 Tel.0266−22−5854

市立岡谷美術考古館 http://www.okaya-museum.jp/
ポスター.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 17:07| 市立岡谷美術考古館