2017年02月25日

ガレのジャポニスム展 日本美に注がれた熱いまなざし





幕末の開国と共に海を渡った浮世絵や焼きものなど精緻をつくした日本の工芸は、ヨーロッパに強い衝撃を与え、各地で日本ブームがおこりました。そこに見るあでやかな色使い大胆な構図は、印象派や世紀末の工芸改革運動「アール・ヌーヴォー」の誕生に深い影響を与えました。今日「ジャポニスム」と呼ばれるこうした現象は、「アール・ヌーヴォー」の旗手、フランス北東部の都市ナンシーに生まれたガラス工芸家エミール・ガレ(18461904)の作品にも表れています。色とりどりの草花が咲き乱れ、バッタやトンボの飛び交う独特の作品世界、自然を手本に、四季折々の風情をたたえた個性あふれる「ガレ様式」が誕生した背景には、日本の美学に注がれたガレの熱いまなざしがありました。本展では、北澤美術館創設35周年を記念し、世界屈指のガレ・コレクションの中から、ジャポニスム関連の作品を中心に秀作100余点を一堂に展示いたします。


ガレ芸術誕生の秘密に迫る特別企画、お誘い合わせの上お越しください。


■会期:2017年4月3日(月)〜2018年3月31日(土)


■休館日:10月31日(火)


■開館時間:4〜9月 9:00〜18:00、10月〜3月 9:00〜17:00


■入館料:大人1000円 中学生500円 小学生以下無料 団体(8名様以上)大人900円 中学生400円


■講演会:5月13日(土)14:00より 講師:池田まゆみ(主席学芸員)


■ギャラリートーク:毎月第4土曜日 14:00より約30分間


*詳しくはホームページまたはお電話でお問い合わせください。


* * * * * * * * *
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000
http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
* * * * * * * * *
1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:39| 北澤美術館

ShinPA in 諏訪





ShinPA」は、東京藝術大学デザイン科描画・装飾研究室において、中島千波氏に教えを受けた若手作家たちによるグループ展です。「新しい波」を築いていこうという意図のもと、独自の表現方法を探求する気鋭作家たちの意欲作をご覧ください。


 


出品作家:(敬称略、五十音順) 


井上越道・押元一敏・金木正子・唐澤絵里・川本淑子・小松冴果・橋浩規・堤岳彦・冨田典子・濱岡朝子・平良志季・安岡亜蘭・山本陽光・横尾奈美・渡邊史


 


[作家によるギャラリートーク] ※詳細はホームページにてご案内申し上げます


3月5日(日)11001130 聴講自由(要入館料)


場所:多目的ギャラリー


 


【会期】2017年3月5日(日)〜4月9日(日)
【開館時間】3月9
:00〜17:00
、4月9:00〜18:00
(入館は閉館時間の30分前まで)
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引
【会期中の休館日】4月1日(土)・2日(日)

 

* * * * * * * * *
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000

http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
* * * * * * * * *
70.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:30| 北澤美術館

2017年02月11日

【諏訪市美術館 収蔵作品展 「光の表現-日本画、洋画、工芸から】

光」テーマに収蔵作品を展示します。「光」と一口に言っても、太陽や月の光、時間によって異なる光の様子、暗闇に映える街の光など、多様な表現があります。
収蔵作品にみる「光」の数々をお楽しみください。
また、コーナー展示として、平成27年度に新収蔵作品となった作品を紹介する「平成27年度 新収蔵作品展」、平成27年度に修復した作品4点についてお披露目を目的とした「よみがえる収蔵作品の輝き-平成27年度 修復完了作品展」を同時開催します。



【会期】
2017年2月18日(土)〜4月23日(日)
休館日: 2/20、27、3/6、13、21、27、4/3、10、17


【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

【関連イベント】

■おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。

日時:3月4日(土) 午後2時〜3時
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

■つきいちアート3月「学芸員による展示解説」
担当学芸員が展示作品について解説します。修復作品の概要についても簡単に説明をする予定です。

日時:3月25日(土)  午後2時〜3時
参加料、申し込み:参加料不要、入館料のみ必要。申し込み不要。定員なし。



■つきいちアート4月「手作りカメラで撮影してみよう!」
開催中の展覧会に関連して、光を使ったイベントを開催します。牛乳パックと虫眼鏡を使って手作りカメラを作り、外で撮影します。

日程:4月8日(土) 午後2時〜4時
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:諏訪市美術館学芸員
参加料、申し込み:参加料不要、入館料のみ必要。3月25日(土)までに申込み。
定員:6名。
持ち物:1リットル牛乳パック、虫眼鏡



【お問い合わせ】
諏訪市美術館
住所:〒392−0027長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
電話/FAX:0266−52−1217
当館HP http://www.city.suwa.lg.jp/s
28収蔵作品2_A4-1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:45| 諏訪市美術館

2017年01月13日

「小宮のおんばしら写真展」





会  期:平成29年1月10日(火)〜平成29年3月26日(日) 会期中無休

主  催:八ヶ岳美術館、原村、原村教育委員会

協  賛:諏訪信用金庫、スワテック建設株式会社

 

平成28年の式年造営諏訪大社御柱祭に続いて、諏訪の地は春から秋にかけて鎮守の産土神から氏神、道端の小さな祠にいたるまで数百、数千と言われる小宮のおんばしら祭が地域をあげて行われます。

 

小宮のおんばしら祭は、幼子や若い女性からじじばばまで子どもと女性が主役になれるおらが村≠フお祭りです。2、3歳の幼児が腹掛けねじり鉢巻きで木やりを鳴きオンべを打ち振ります。男衆にしっかり守られたご神木は山から里へ、辻から辻へと進み、普段は地区の行事等であまり見かけないうら若き女性や遠方からのご親戚もこの日ばかりは共に綱を曳き柱に乗り共に声を張り上げます。そんなほほえましい表情はみんな生き生きしています。時代を超えて伝わる土着民俗信仰の原風景がここにあります。諏訪地方一円で繰り広げられた小宮のおんばしら祭。応募された数々のおらほーのおんばしら∞わが家のおんばしら≠心ゆくまでお楽しみください。

 

同時開催の「モボが写した原村」写真展ではふるさとの原風景に出会うことができます。明治生まれのモダンボーイがとらえた戦時中の御柱祭を含めた貴重なフィルム再現写真をご覧ください。

 

>>チラシのダウンロード(裏)http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/plan/komiya.pdf

 

 

【関 連 イ ベ ン ト】

 

●はるさんの写真教室※要予約

初心者歓迎、写真のいろはから学べる教室です。

日 時:1月29日(日)、 3月12日(日)

各日とも13:00〜15:00(要予約)

参加無料(入館料別途)

持ち物:ご自分のカメラ

会 場:八ヶ岳美術館

 

●小宮のおんばしら氏子座談会

日 時:2月18日(土)13:30〜15:00 

参加無料(入館料別途)

会 場:八ヶ岳美術館

パネラー:小泉勝喜氏(有賀子供木遣り師匠)

     平出保美氏(主婦)

     平林とし美氏(南原子ども木やり指導者)

     田口篤氏(南原若者総代の頭)

コーディネーター:小泉悦夫(八ヶ岳美術館館長) 

 

●講演「諏訪の小宮おんばしら祭」

御柱の歴史と、特色ある小宮の御柱祭についてお話をお聞きします。

日 時:2月26日(日)14:00〜15:30

講師:宮坂 清氏(手長神社宮司)

参加無料(入館料別途)

 

 

ご予約・お問合せ 八ヶ岳美術館(0266-74-2701)

 

 

 
小宮のおんばしら展表.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:26| 八ヶ岳美術館

2016年12月22日

【諏訪市美術館 新春企画】 Museum de お正月 2017

諏訪市美術館では毎年恒例の新春企画として、お正月限定イベント「Museum de お正月 2017」を開催します。お正月ならではのイベント満載ですので、ぜひご来館ください!


【会期】
2017年1月2日(月)〜9日(月・祝)

【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【イベント情報】

★着物deおはなし鑑賞会!
2017年最初の開館日には、担当学芸員が着物で進行をするおはなし鑑賞会を開催します!
※日時:1月2日(月) 午後2時〜(約40分) 参加者全員で作品の印象をお話ししながら鑑賞します。


★着物de無料!
着物着用で来館された方は入館料無料です!
※期間:1月2日(月)〜9日(月・祝)


★新春no「わたしの風景」写真展
開催中の「上諏訪中学校+源馬菜穂 ―わたしの風景―」に合わせ、ご来館の皆さんのスマホに入っている写真の中から、「わたしの風景」といえるような写真をその場でプリントさせていただき、1階特設展示スペースに展示させていただきます。
※期間:1月2日(月)〜9日(月・祝) 開館時間中いつでもご参加可能


★毎年恒例! お年玉抽選会
ハズレくじなし!もれなくミュージアムグッズなどが当たります。ご来館者全員がご参加いただけます。(賞品がなくなり次第、終了とさせていただきます。)


【開催中展覧会情報】

上諏訪中学校+源馬菜穂 ―わたしの風景―
2016年12月23日(金・祝)〜2017年2月12日(日)

※2016年12月29日(木)〜2017年1月1日(日)は年末年始休館となります。
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:57| 諏訪市美術館

2016年12月01日

【平成28年度学校連携展 「上諏訪中学校+源馬菜穂 ―わたしの風景―」】

諏訪市美術館では、平成25年度から市内小中学校と連携した事業を続けています。上諏訪中学校(以降、上中)とは、平成26年度から、作品制作から展示までを連携しておこなうコラボレーション事業を実施しており、平成27年度は下諏訪出身の版画家、常田泰由さん(1980−)とコラボレーションしました。
今年度は、諏訪市出身で上諏訪中学校卒業生の画家・源馬菜穂さん(1985−)をお迎えして、上中2学年の皆さんと、源馬さんとの制作、展示、鑑賞活動を展開します。



【会期】
2016年12月23日(金・祝)〜2017年2月12日(日)
会期中の休館日:月曜日と祝日の翌日、年末年始
12月26、29〜31日、1月1、10、16、23、30日、2月6日

【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

【関連イベント】
■つきいちアート1月「源馬菜穂さんによるギャラリートーク」
源馬さんにより、作品や今回の連携についてお話しいただきます。

日時:1月14日(土)午後2時〜(約1時間)
会場:諏訪市美術館
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

■つきいちアート2月「透明水彩絵の具で描いてみよう!」
今回の連携事業で使用した透明水彩絵の具を使って、描いてみます。

日程:2月4日(土)午後2時〜(約2時間)
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:諏訪市美術館学芸員
定員・申し込み:6名。1月20日(金)までに申し込み。
参加料:一人200円(仮)

■おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。新年を美術館で過ごしませんか?

日時:1月2日(月) 午後2時〜(約40分)
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

■学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示を解説します。

日時:1月21日(土) 午後2時〜(約40分)
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
住所:〒392−0027長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
電話/FAX:0266−52−1217
当館HP http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:19| 諏訪市美術館

2016年11月19日

小宮御柱祭のスナップ写真・ファミリー写真を募集





小宮御柱祭のスナップ写真・ファミリー写真を募集

 

八ヶ岳美術館では、平成29年1月10日(火)〜平成29年3月26日(日)に

「小宮のおんばしら写真展」を開催します。

「小宮のおんばしら写真展」は地域の皆さんが撮影した御柱祭(小宮祭)の写真を展示する公募展で、

現在、八ヶ岳美術館では展示させていただけるスナップ写真やファミリー写真を募集しています。

ほほえましいものやユニークなもの、皆に見てほしい写真などが

お手元にありましたら、ぜひご応募ください。

 

【応募に関すること】

*締切*

・自己搬入 平成28年12月11日(日)

・データ送付 平成28年11月30日(水)

出品は無料ですが、プリントや搬入(持ち込み)にかかる費用は応募者の負担となります。

データ送付でご応募いただく場合は別途プリント代がかかります。

 

応募方法の詳細は、八ヶ岳美術館のこちらのページをご覧ください


 

応募要項と応募用紙もダウンロードしていただけます。

 

【写真展日程】

平成29年1月10日(火)〜平成29年3月26日(日)

9:00〜17:00(入館受付は16:30まで)

 

お問い合わせ:八ヶ岳美術館(0266-74-2701)
komiya2016.gif
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:20| 八ヶ岳美術館

八ヶ岳美術館アーリークリスマスフェア





八ヶ岳美術館のミュージアムショップにて「アーリークリスマスフェア」を開催します。

クリスマスグッズ販売の他、原村の自然素材を使ったソープ作りやドイツ流の吊り飾り「アンヘンクゼル」を作る手作りワークショップもございます。

ミュージアムショップは無料でご覧頂けます。

お気軽にお出かけください。


 

【クリスマスワークショップ】

1)原村の自然素材を使ったオリジナルソープ作り

11月20日(日)13:30〜

お1人分3、4個の石鹸を作ります。1ヵ月熟成させ、クリスマスの時期に出来上がります。プレゼントにこだわりのオリジナルソープを作りませんか。

参加費:2500円

定 員:6人 要予約

講 師 :ATELIER SCRAMBLE

 

2)森のおくりものでアンヘンクゼル作り

12月2日(金)13:30〜

ドイツ流吊り飾りを作ります。ドイツトウヒと松ぼっくりを中心に様々な木の実を束ね、シナモンやスターアニスも加えてクリスマスの香りも楽しみましょう。

参加費:2000円

定 員:10人 要予約  (※お子様は大人の方とご一緒に)

講 師 : 林ひろ子

 

【クリスマス限定アイテム販売】

ショップでは地元作家さん手作りの限定品やギフトにぴったりのアイテムが勢ぞろい。

ここでしか手に入らない1点ものも。お気に入りを探してください。

11/19(土)から12/11(日)までの開催です。

 

お問い合わせ・ご予約

------------------------------

八ヶ岳美術館(0266-74-2701)

 
アーリーチラシ.gif
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:08| 八ヶ岳美術館

八ヶ岳美術館全国公募展 「第6回 あなたが選ぶ信州の裂織展」





八ヶ岳美術館全国公募展

「第6回 あなたが選ぶ信州の裂織展」

 

平成28年10月1日(土)〜平成28年12月11日(日)

 

主   催:八ヶ岳美術館、原村、原村教育委員会

共   催:信州さきおりの会

協   賛:諏訪信用金庫、スワテック建設株式会社

後   援:全国裂織協会、信州大学繊維学部

協   力:LCV株式会社、八ッ手機織り保存会

 

入館者による投票期間:平成28年10月1日(土)〜平成28年11月20日(日)

授賞式:平成28年11月30日(土)13:00〜 

 

原村では古くから機織りが盛んに行われてきました。厳しい生活を生き抜くため、ぼろ布ひとつを大切にと生み出された裂織は「ぼろ機織り」の名称で親しまれ、今なおその技が大切に継承されています。地域を代表する文化のひとつであるこの裂織は、近年では全国的に隆盛を見せ、高い芸術性を持ったアート作品としても注目されるようになってきました。

 

2006年に開始した裂織公募展も、隔年開催を続けて今年で丸10年を迎えます。今回も入館者の投票によって決定する大賞と、芸術性・技術・伝統性など総合的多角的な視点で審査する審査員特別賞を設けています。全国から集まった様々な裂織作品を一堂にご覧いただけるほか、かつて隆盛を極めた原村の養蚕とそれにまつわる信仰をご紹介する「おかいこさまと原村の養蚕信仰」と、「裂織のいま・むかし」を特集展示いたします。

 

 

お問い合わせ

------------------------------

八ヶ岳美術館(0266-74-2701)
sakiori2016.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:51| 八ヶ岳美術館

2016年10月27日

「いまここに咲く現代トンボ玉 ガラスの華トンボ玉展2016」




トンボ玉とは、色ガラスの細棒を炎にかざして耐熱性の心棒に巻き取り、多彩な模様を入れ込んだガラス玉のことです。古代メソポタミアで生まれた歴史ある製法で、日本においては江戸時代から発展し珍重されてきました。
 

小さなガラス玉の中に宇宙が広がるトンボ玉の世界をお楽しみください。好評開催中!


会期:開催中〜2016年11月6日(日)会期中無休


開館時間:9:00〜17:00


入館料:大人1000円 中学生500円 小学生以下無料 団体(8名様以上)大人900円 中学生400円 (2016年7月23日〜8月31日は中学生無料)


制作実演:11月3日(木祝) 10:00〜16:00 新井克仁さん


* * * * * * * * * * * *
* * * * * 
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000
http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
* * * * * * * * * * * * * 

 
1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:52| 北澤美術館