2017年02月25日

ガレのジャポニスム展 日本美に注がれた熱いまなざし





幕末の開国と共に海を渡った浮世絵や焼きものなど精緻をつくした日本の工芸は、ヨーロッパに強い衝撃を与え、各地で日本ブームがおこりました。そこに見るあでやかな色使い大胆な構図は、印象派や世紀末の工芸改革運動「アール・ヌーヴォー」の誕生に深い影響を与えました。今日「ジャポニスム」と呼ばれるこうした現象は、「アール・ヌーヴォー」の旗手、フランス北東部の都市ナンシーに生まれたガラス工芸家エミール・ガレ(18461904)の作品にも表れています。色とりどりの草花が咲き乱れ、バッタやトンボの飛び交う独特の作品世界、自然を手本に、四季折々の風情をたたえた個性あふれる「ガレ様式」が誕生した背景には、日本の美学に注がれたガレの熱いまなざしがありました。本展では、北澤美術館創設35周年を記念し、世界屈指のガレ・コレクションの中から、ジャポニスム関連の作品を中心に秀作100余点を一堂に展示いたします。


ガレ芸術誕生の秘密に迫る特別企画、お誘い合わせの上お越しください。


■会期:2017年4月3日(月)〜2018年3月31日(土)


■休館日:10月31日(火)


■開館時間:4〜9月 9:00〜18:00、10月〜3月 9:00〜17:00


■入館料:大人1000円 中学生500円 小学生以下無料 団体(8名様以上)大人900円 中学生400円


■講演会:5月13日(土)14:00より 講師:池田まゆみ(主席学芸員)


■ギャラリートーク:毎月第4土曜日 14:00より約30分間


*詳しくはホームページまたはお電話でお問い合わせください。


* * * * * * * * *
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000
http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
* * * * * * * * *
1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:39| 北澤美術館

ShinPA in 諏訪





ShinPA」は、東京藝術大学デザイン科描画・装飾研究室において、中島千波氏に教えを受けた若手作家たちによるグループ展です。「新しい波」を築いていこうという意図のもと、独自の表現方法を探求する気鋭作家たちの意欲作をご覧ください。


 


出品作家:(敬称略、五十音順) 


井上越道・押元一敏・金木正子・唐澤絵里・川本淑子・小松冴果・橋浩規・堤岳彦・冨田典子・濱岡朝子・平良志季・安岡亜蘭・山本陽光・横尾奈美・渡邊史


 


[作家によるギャラリートーク] ※詳細はホームページにてご案内申し上げます


3月5日(日)11001130 聴講自由(要入館料)


場所:多目的ギャラリー


 


【会期】2017年3月5日(日)〜4月9日(日)
【開館時間】3月9
:00〜17:00
、4月9:00〜18:00
(入館は閉館時間の30分前まで)
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引
【会期中の休館日】4月1日(土)・2日(日)

 

* * * * * * * * *
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000

http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
* * * * * * * * *
70.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:30| 北澤美術館

2017年02月11日

【諏訪市美術館 収蔵作品展 「光の表現-日本画、洋画、工芸から】

光」テーマに収蔵作品を展示します。「光」と一口に言っても、太陽や月の光、時間によって異なる光の様子、暗闇に映える街の光など、多様な表現があります。
収蔵作品にみる「光」の数々をお楽しみください。
また、コーナー展示として、平成27年度に新収蔵作品となった作品を紹介する「平成27年度 新収蔵作品展」、平成27年度に修復した作品4点についてお披露目を目的とした「よみがえる収蔵作品の輝き-平成27年度 修復完了作品展」を同時開催します。



【会期】
2017年2月18日(土)〜4月23日(日)
休館日: 2/20、27、3/6、13、21、27、4/3、10、17


【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

【関連イベント】

■おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。

日時:3月4日(土) 午後2時〜3時
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

■つきいちアート3月「学芸員による展示解説」
担当学芸員が展示作品について解説します。修復作品の概要についても簡単に説明をする予定です。

日時:3月25日(土)  午後2時〜3時
参加料、申し込み:参加料不要、入館料のみ必要。申し込み不要。定員なし。



■つきいちアート4月「手作りカメラで撮影してみよう!」
開催中の展覧会に関連して、光を使ったイベントを開催します。牛乳パックと虫眼鏡を使って手作りカメラを作り、外で撮影します。

日程:4月8日(土) 午後2時〜4時
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:諏訪市美術館学芸員
参加料、申し込み:参加料不要、入館料のみ必要。3月25日(土)までに申込み。
定員:6名。
持ち物:1リットル牛乳パック、虫眼鏡



【お問い合わせ】
諏訪市美術館
住所:〒392−0027長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
電話/FAX:0266−52−1217
当館HP http://www.city.suwa.lg.jp/s
28収蔵作品2_A4-1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:45| 諏訪市美術館