2011年07月24日

特別展「チベットの美」開催中

民衆に深く根付いてきたなかで描かれ伝えられてきた「タンカ」(仏画)を中心に、法具・民具などを展示し、その工芸美を鑑賞し異文化の一端に触れてください。
 「タンカ」はチベット仏教の仏画の総称で、綿布に白土を塗り顔料で描くのが通常ですが、今回展示のタンカはそのほとんどが織られたもので、20センチ四方を織るのに2ヶ月ほど要するといわれ、作品は精緻で緻密なものです。

期間:平成23年9月4日(日)まで
場所:諏訪湖博物館・赤彦記念館 特別展示室
時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    7月29日(金)・30日(土)は諏訪の長い夜で午後10時まで開館
料金:高校生以上 350円・小中学生170円

問い合わせ:諏訪湖博物館・赤彦記念館 0266−27−1627

HP:http://www002.upp.so-net.ne.jp/
マスク チベット.jpg特別展「チベットの美」精緻な織りで描かれたタンカ.jpg特別展「チベットの美」精緻な織りで描かれたタンカ−1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:11| 諏訪湖博物館・赤彦記念館