2018年07月27日

【諏訪市美術館】平成30年度企画展「石井柏亭と信州の美術―県展70周年記念」

今年は、「長野県美術展」70周年記念の年です。諏訪美術館(市美術館前身)副館長を務めた石井柏亭は、信州美術界でも会長を務め、信州の美術の発展に力を注ぎました。本展では、石井柏亭の作品をはじめ、一緒に芸術活動を行った作家の作品、また、現代の県展で活躍する作家の県展受賞作品を展示します。

【会期】
平成30年7月28日(土)〜9月24日(月・振休)

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日( 7月30日、8月6日、13日、20日、27日、9月3日、10日、18日) ※8月15日(水)は交通規制あり

【入館料】
一般(高校生以上):510円(団体20名以上410円) 
子ども(小中学生):150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円 
会期中、9月2日までは小中学生無料。諏訪地域の小中学生は9月2日以降も無料。

【関連イベント】
■学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示を解説します。

日時:8月4日(土)午後2時〜(およそ30分)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・申込み:なし
対象:どなたでも
参加料:入館料のみ

■つきいちアート8月 親子ワークショップ
「『堆朱』キーホルダー作りに挑戦!」
「堆朱(ついしゅ)」とは、色漆を何層にも重ねたものです。堆朱を削ってオリジナルキーホルダーを作ります。

日時:8月19日(日)午後2時〜(およそ2時間)
会場:諏訪市美術館 会議室
定員:親子6組
参加料:800円
申し込み:8月12日(日)までに諏訪市美術館へ申し込み

■おはなし鑑賞会
参加者全員で、お話しをしながら作品鑑賞をします。

日時:9月8日(土)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・申込み:なし
対象:どなたでも
参加料:入館料のみ

■つきいちア―ト9月
「透明水彩絵の具で描いてみよう!」
透明水彩絵の具を使って風景画を描いてみます。

日時:9月22日(土)午後2時〜(およそ2時間)
会場:諏訪市美術館 会議室
定員:6名
対象:どなたでも
参加料:200円
申込み:9月17日(月)までに諏訪市美術館へ申し込み

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
TEL/FAX 0266-52-1217

      

 
 
 
 
 
 
 

















isiihakutei.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 18:46| 諏訪市美術館

2018年03月11日

【諏訪市美術館】収蔵作品展「女性美の輝き」



諏訪市美術館が収蔵している1400点を超える作品の中から、「女性」をモチーフとした作品を展示します。
女性本来の美しさを表現した裸婦の作品や、女性の装いに注目した作品、働く姿を表現した作品など、女性の持つ美しさや秘めた強さを感じて下さい。


【会期】
3月24日(土)〜5月13日(日)
【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】
月曜日、祝日の翌日、資料整理休館日
(3月26日、4月2日、9日、16日、17日、18日、23日、5月1日、7日)
※5月6日(日)は祝日の翌日ですが臨時開館します。
【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
※諏訪地域の小中学生は無料
障がい者手帳をお持ちの方(同伴者一名まで同額)150円


【イベント】
■つきいちアート3月
「美術館の建物の秘密を知ろう!」
国の登録有形文化財となっている諏訪市美術館の建物について、ワークシートを使いながら観察してみよう!


日時:3月25日(日)午後2時〜(およそ30分)
会場:諏訪市美術館 
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ必要
申し込み:不要


■つきいちアート4月
「鋳造をしてみよう!」
金属を溶かして、型に流し込む簡単な鋳造体験をします。自分の好きな形のメダルを作ってみよう!


日時:4月15日(日)午後2時〜(およそ2時間)
会場:諏訪市美術館 会議室
定員:8名
対象:どなたでも(子どものご参加の場合は保護者の方の同伴をお願いいたします。)
参加料:500円
申し込み:4月8日(日)までに諏訪市美術館まで電話で申し込み

■学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示について解説します。


日時:4月29日(日)午後2時〜(およそ30分)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ必要
申し込み:不要

■つきいちアート5月 親子ワークショップ
「彩りこいのぼりを作ろう!」
デカルコマニーや、スタンピングなどの技法を使って、こいのぼりを彩ります。
こどもの日に合わせ、ぜひ親子でご参加ください。


日時:5月3日(木・祝)〜5月6日(日)全日午後2時〜4時30分
会場:諏訪市美術館 玄関前
定員・対象:どなたでも
参加料:無料
申し込み:不要
制作時間:およそ15分

■おはなし鑑賞会
展示作品について、印象や感想をお話ししながら鑑賞します。


日時:5月5日(土)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ必要
申し込み:不要


【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
TEL/FAX 0266-52-1217
E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  
http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/

女性美の輝き.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 08:41| 諏訪市美術館

2018年02月19日

【諏訪市美術館】シンビズム?信州ミュージアム・ネットワークが選んだ20人の作家たち?




 長野県芸術監督の本江邦夫氏の監修のもと、県内の公立・私立合わせて20の施設の学芸員の共同企画により、長野県ゆかりの現代作家の作品を選定・展示する、初めての展覧会を開催します。


 丸山晩霞記念館、御料館、信州新町美術館、諏訪市美術館の4館を会場に同時開催され、諏訪市美術館では、阿部祐己(写真)、高橋広平(写真)、常田泰由(版画)、中村恭子(日本画)、藤沢まゆ(染色)の5名の作家の作品を展示します。
 


【会期】224(土)〜318(日)


【開館時間】午前9時〜午後5(入館は午後430分まで)


【休館日】226日、35日、12


【入館料】無料
 


【関連イベント】


■開会式


諏訪市美術館に展示する作家が来場します。
 


日時:224日(土)午前11時〜


会場:諏訪市美術館 展示室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 


■阿部祐己・スライド上映会とトーク


冬の諏訪湖や霧ヶ峰などを撮影した作品を上映しながら作家が解説します。
 


日時:224日(土)午後2時〜


会場:諏訪市美術館 会議室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 


■高橋広平・ギャラリートーク


ご自身の作品についてお話しいただきます。トーク予定時刻以外も在館予定です。
 


日時:225日(日)、34(日)、18(日)全日午後130分〜


会場:諏訪市美術館 展示室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 


■常田泰由・来場予定
 


日時:34(日)時刻未定


会場:諏訪市美術館 展示室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 
 


■作家、監督、学芸員によるギャラリートーク


南信会場展示作家、本江邦夫監督、南信会場展示作家担当学芸員によるギャラリートークを行います。
 


日時:311日(日)午後130分〜


会場:諏訪市美術館 展示室


定員・対象:どなたでも


参加料:無料


申し込み:不要
 


【お問い合わせ】
 


諏訪市美術館


392-0027


長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
TEL/FAX 0266-52-1217
E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  
http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/








sinbi.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 19:25| 諏訪市美術館

2017年12月14日

【諏訪市美術館】平成29年度学校連携展「山と学校-四賀小学校+橋口優-」







諏訪市美術館では、平成27年度より、諏訪市内の学校と若手作家とのコラボレーション展を開催しています。
今年は諏訪市立四賀小学校(以降、四賀小)出身の作家、橋口優さんが、母校の四賀小学校に赴き、「登りたい山を作って、行ってみる」をテーマにワークショップを行いました。生徒が作った「山」と橋口さんの作品がどのような空間を作り出すのか、そのコラボレーションをぜひご覧ください。

【同時開催】
1階展示室 当館収蔵作品の中から、「山」テーマに制作された作品を展示します。
2階展示室 上諏訪中学校へ諏訪市美術館の作品を持ち出して行われた鑑賞授業をもとに制作された作品を展示します。


【会期】
2017年12月 23日(土・祝)〜2月18日(日)

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】
月曜日、祝日、年末年始
12月25日、29日〜31日、1月1日、9日、15日、22日、29日、2月5日、13日

【入館料】
一般:300円(団体20名以上200円) 
小中学生:150円(団体20名以上100円)
※諏訪郡内小中学生は無料
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円 


【関連イベント】
■つきいちアート1月 
「橋口優さんによるギャラリートーク」
橋口さんにより、今回の連携事業について振り返りながら、四賀小の皆さんの作品に関しての感想、橋口さんの作品に関する解説をお話しいただきます。

日時:1月14日(日)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・申込み:なし
対象:どなたでも
参加料:入館料のみ


■つきいちアート2月 
「登りたい山を作ってみよう!」
四賀小学校の皆さんがワークショップで作ったような、「自分の登りたい山」を想像し、制作します。

日時:2月3日(土)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 会議室
定員:8名
対象:どなたでも
参加料:100円
申込み:1月26日(金)までに諏訪市美術館まで申し込み

■学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示を解説します。

日時:2月11日(日)午後2時〜(およそ40分)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・申込み:なし
対象:どなたでも
参加料:入館料のみ

■おはなし鑑賞会
参加者全員で、お話しをしながら作品鑑賞をします。

日時:1月28日(土)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・申込み:なし
対象:どなたでも
参加料:入館料のみ

【お問い合わせ】
  諏訪市美術館
  〒392-0027
      長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
  TEL/FAX 0266-52-1217
   E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  


 
 
 
 
 
 
 





















ポスター.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:38| 諏訪市美術館

2017年10月05日

【諏訪市美術館】収蔵作品展「秋のかたち、冬のいろ」



諏訪市美術館の1400点を超える収蔵作品の中から、秋や冬の様子をモチーフにした作品を展示します。
作品の中から「秋のかたち」や「冬のいろ」を探しながら、季節の移ろいを感じていただける展覧会です。

【会期】
2017年10月  7日(土)〜10月29日(日)
2017年11月18日(土)〜12月17日(日)

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】
10/10、16、23、11/20、24、27、12/4、11
※10月30日から11月17日までは、展示替え、「共催展 第39回諏訪市美術展」開催期間となっているため、収蔵作品展「秋のかたち、冬のいろ」は観覧できません。

【入館料】
一般:300円(団体20名以上200円) 
小中学生:150円(団体20名以上100円)
※諏訪郡内小中学生は無料
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円 


【関連イベント】
■つきいちアート10月 
「葉っぱを作って描いてみよう!」
グルーガンで本物そっくりの葉っぱを作ります。色を塗って、バッジにします。

日時:10月22日(日)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 会議室
定員:10名
対象:どなたでも
参加料:100円
申込み:10月15日(日)までに諏訪市美術館まで申し込み

■つきいちアート11月「学芸員によるギャラリートーク」
展示中の作品について、学芸員が解説します。

日時:11月18日(土)午後2時〜(およそ40分)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員:なし
対象:どなたでも
参加料:入館料のみ
申込み:不要

■つきいちアート12月 
「飛び出すクリスマスカードを作ろう!」
開いてびっくり!ポップアップカードを作ります。

日時:12月3日(日)午後2時〜(およそ1時間30分)
会場:諏訪市美術館 会議室
定員:10名
対象:どなたでも
参加料:100円
申込み:11月26日(日)までに諏訪市美術館まで申し込み

■おはなし鑑賞会
参加者全員で、お話しをしながら作品鑑賞をします。

日時:12月9日(土)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員:なし
対象:どなたでも
参加料:入館料のみ
申込み:不要


【お問い合わせ】
  諏訪市美術館
  〒392-0027
      長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
  TEL/FAX 0266-52-1217
   E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  







秋のかたち、冬のいろ.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 19:03| 諏訪市美術館

2017年09月18日

【諏訪市美術館】共催展 第70回長野県書道展覧会 諏訪地区展



 長野県・長野県教育委員会・長野県書道協会・信濃毎日新聞社主催による公募の書道展覧会です。作品は、県内全域から小中高生・一般を対象に募集し、審査を経て県内で巡回展示されます。
 「書」の力強さ、繊細さ、文字の多様さに圧倒されます。文字の持つ美しさを実感できる展覧会です。

会期:2017年9月30日(土)〜2017年10月2日(月)
時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料:一般300円、小中高生無料
※10月2日の最終日は、15:00閉館となります。


■関連イベント
【ギャラリー・トーク】
日時:10月1日(日)13:00〜14:00
場所:諏訪市美術館 展示室
参加料:入館料のみ必要
申込み:不要
【親子書道教室】
日時:9月30日(土)13:30〜15:00
場所:諏訪市公民館 1階視聴覚室
申込み:9月27日までにTEL:0266-27-4166 FAX:0266-27-7045(吉澤)までお申し込みください。






posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 18:44| 諏訪市美術館

2017年07月16日

【諏訪市美術館】企画展「大久保智睦ー鏡映空間ー」





諏訪地域にゆかりのある日本画家・大久保智睦氏の展覧会です。
大久保氏の作品は、普段見慣れているはずの平凡な風景の中に異質の存在が「鏡映」し、様々な図像が重なりあっている様子が印象的です。
今回の展覧会では、東京藝術大学在学中の作品をはじめ、同大学買い上げとなった修了制作、国宝「源氏物語絵巻」の現状模写、院展出品作を中心に、約60点を展示します。
伝統的な技法を駆使しながらも、新しい日本画の表現を追求している大久保氏の、これまでの画業を一望していただける展覧会となります。

【会期】
8月1日(火)〜9月24日(日)
【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】
8/7、14、21、28、9/4、11、19 ※8/15は交通規制あり
【入館料】
一般:510円(団体20名以上410円) 
小中学生:150円(団体20名以上100円)
※会期中、8/31までは小中学生一律無料 諏訪郡内小中学生は8/31以降も無料
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円 


【関連イベント】
■学芸員による展示解説
担当学芸員が、展示作品について解説します。

日時:8月5日(土)午後2時〜(およそ40分)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ
申込み:不要

■おはなし鑑賞会
展示作品を、鑑賞者全員で感想や印象をお話ししながら鑑賞します。

日時:8月12日(土)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ
申込み:不要

■つきいちアート8月「大久保智睦先生によるギャラリートーク」
大久保先生ご本人に、展示作品について、また自身の制作についてお話を伺います。

日時:8月26日(土)午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館 展示室
定員・対象:どなたでも
参加料:入館料のみ
申込み:不要

■つきいちアート9月 親子ワークショップ「日本画材に触れてみよう!」
日本画ってどうやって描くんだろう?本格的な画材を使って、日本画を描いてみよう!

日時:9月3日(日)午後1時〜午後4時(およそ3時間)
会場:諏訪市公民館3階 講堂
定員・対象:親子8組
持ち物:詳しくは、諏訪市美術館ホームページをご覧ください
参加料:一人500円
申込み:8月27日(日)までに諏訪市美術館まで申込み

諏訪市公民館
  〒392–0027
  長野県諏訪市湖岸通り5-12-18
  電話:0266-53-6219
  JR中央線上諏訪駅より徒歩10分
  中央自動車道「諏訪」ICより約15分
  駐車場あり 20台
  駐車無料、満車の場合は文化センター敷地内の駐車場を利用


【お問い合わせ】
  諏訪市美術館
  〒392-0027
      長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
  TEL/FAX 0266-52-1217
   E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  







ataraxia.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:07| 諏訪市美術館

2017年07月04日

【諏訪市美術館】信州ミュージアム・ネットワークイベント「信州とあそぼ!」





諏訪市美術館ほか、長野県内の美術館・博物館など142の参加館で、中学生以下の入館料が無料になります!

期間:7月15日(土)〜8月31日(木)

お問い合わせ:「信州とあそぼ!」ミュージアム・スタンプラリー2017事務局(キッセイ文化ホール内)〒390-0311松本市水汲69‐2 電話0263-34-7100 ファックス0263-34-7101


【関連イベント】

■ミュージアム・スタンプラリー2017(開催期間:7月15日〜8月31日、応募期間7月15日〜9月10日)
開催期間中に長野県内の参加館を訪れて、専用のスタンプ用紙にスタンプを3個集めると、その場で「達成賞(オリジナル缶バッジ)」をもれなくプレゼントします。
※缶バッチは選べません。 シークレット缶バッチもあります!
対象:どなたでも結構です。
さらに、達成賞のスタンプ用紙に切手を貼って投函すると、Wチャンス懸賞として抽選で信州の特産品等をプレゼント!

■ミュージアムクイズ
クイズに答えてシールをゲット!中学生以下の子供向けミュージアムクイズの正解者に、オリジナルシールをプレゼントします。
対象:中学生以下

■写真とあそぼ!「フォトコンテスト」(応募期間:7月15日〜9月10日)
美術館、博物館に関する写真を募集します。子供の応募者には、「子ども特派員」の認定証を贈呈します。
対象:どなたでも結構です。
その他:原則として応募された作品は、「信州とあそぼ!」サイト上に発表します。応募方法など詳しくは、事務局までお問い合わせいただくか、「信州とあそぼ!」サイト(http://www.shinshu-to-asobo.net/ )でご確認ください。
コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業





2017_banner_1000_1000[1].png
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:52| 諏訪市美術館

2017年06月18日

諏訪湖まちじゅう芸術祭2017オープニングイベント★諏訪の長い夜★



 諏訪湖周辺の美術館・博物館が、様々なイベントを行う、「諏訪湖まちじゅう芸術祭」。2017年は7月15日(土)〜8月31日(木)の日程で行われます。
 オープニングイベントとして、参加館の多くが開館時間を延長して、午後9時まで開く、「諏訪の長い夜」を開催!
諏訪市美術館では夜間開館中、入館料を割引いたします。



【会期】
平成29年7月15日(土)、16日(日)
【開館時間】
午前9時〜午後9時(入館は午後8時30分まで)
【入館料】
一般300円(団体20名以上 200円)
小中学生150円(団体20名以上150円)
諏訪郡内の小中学生は無料
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円


午後5時〜午後9時までの夜間開館時間は、割引対応
一般300円→200円、小中学生150円→100円



【関連イベント】
■和紙染め体験と「かさのかさ」
簡単な和紙染め体験をします。みんなで作った和紙染めを、あかりをともす「かさ」にデコレーションします。
日時:7月15日(土)・16日(日)午後1時〜午後5時
場所:諏訪市美術館 玄関車よせ
定員・申込:なし
参加料:無料
暗くなったら、かさのかさを点灯します。幻想的な光をお楽しみください。

■学芸員によるギャラリートーク
展示中の作品について、担当学芸員が解説します。
日時:7月15日(土)・16日(日)午後8時〜午後8時30分
場所:諏訪市美術館 展示室
定員・申込:なし
参加料:入館料のみ







nagayoru.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:49| 諏訪市美術館

2017年04月13日

【諏訪市美術館】収蔵作品展 「いろいろな表現-芸術にみる、生き物の姿」 特集展示 「織田昇追悼展 -旅と思考から生まれた絵画」

諏訪市美術館 収蔵作品展 「いろいろな表現-芸術にみる、生き物の姿」
        特集展示 「織田昇追悼展 -旅と思考から生まれた絵画」

 諏訪市美術館には、「生き物」をモチーフにした作品が数多くあります。同じ生き物をモチーフにしていても、そこに込めた主張や生き物の捉え方はさまざまです。作品によって異なる表現の広がりをご覧いただき、「いろいろな表現」を楽しんでください。
 また、特集展示では、諏訪地域の美術と市美術館を支え、2016年にこの世を去った画家・織田昇の作品を展示します。描かれた風景や人、植物から躍動のざわめきが聞こえてきそうな、生き生きとした絵画をご覧ください。

【会 期】平成29年4月29日(土)〜7月26日(水)

【休館日】 5/8、15、22、29、6/5、12、19、26、7/3、10、18、24

【料 金】一般300円(団体20名以上200円)
    小・中学生150円(団体20名以上100円)
     ※諏訪地方の小中学生は無料
    障がい者手帳をお持ちの方は150円(介助者1名まで同額)

【開館時間】午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【イベント】
 ■つきいちアート5月 「彩りこいのぼりを作ろう!」
  日時:5月3日(水・祝)〜7日(日) 午後2時〜午後4時30分
  会場:諏訪市美術館 玄関車寄せスペース
  申込:不要 どなたでもご参加いただけます。
  定員:なし
  参加料:不要
  内容:こどもの日に合わせて、絵の具や、クレヨンで彩るこいのぼりを作ります。
  「デカルコマニー」や「こすり出し」で色や模様をつけたこいのぼりを、来館の記念にお持ち帰りください。


 ■つきいちアート6月 「画家・織田昇の画業」
  日時:平成29年6月24日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
  会場:諏訪市美術館 展示室
  申込:不要  
  定員:なし
  参加料:入館料のみ
  内容:担当学芸員が、織田氏の画業についてお話します。 

 ■つきいちアート7月親子ワークショップ「手作り絵はがきを作ろう!」
  日時:7月1日(土) 午後2時〜午後4時
  申込:申込み必要。6月23日(金)までに美術館へお申込みください。
  定員:8人
  参加料:未定
  会場:諏訪市公民館3階 講堂
  内容:夏の思い出を絵はがきに書いて送ろう!牛乳パックを使った手作り絵はがきを作成します。

  諏訪市公民館
  〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り5-12-18
  電話:0266−53−6219
  JR中央線上諏訪駅より徒歩10分
  中央自動車道「諏訪」ICより約15分
  駐車場あり 20台
  駐車無料、満車の場合は文化センター敷地内の駐車場を利用

 ■おはなし鑑賞会
  日時:5月20日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
  申込:不要
  参加料:入館料のみ
  内容:参加者全員で、展示作品の感想や印象をお話ししながら鑑賞します。


 ■学芸員によるギャラリートーク
  日時:6月10日(土)午後2時〜(およそ40分)
  申込:不要
  参加料:入館料のみ
  内容:担当学芸員が、収蔵作品展についてお話します。


 【お問い合わせ】
  諏訪市美術館
  http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
  〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
  TEL/FAX 0266-52-1217
   E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp  
iroironahyougenn.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:19| 諏訪市美術館

2017年02月11日

【諏訪市美術館 収蔵作品展 「光の表現-日本画、洋画、工芸から】

光」テーマに収蔵作品を展示します。「光」と一口に言っても、太陽や月の光、時間によって異なる光の様子、暗闇に映える街の光など、多様な表現があります。
収蔵作品にみる「光」の数々をお楽しみください。
また、コーナー展示として、平成27年度に新収蔵作品となった作品を紹介する「平成27年度 新収蔵作品展」、平成27年度に修復した作品4点についてお披露目を目的とした「よみがえる収蔵作品の輝き-平成27年度 修復完了作品展」を同時開催します。



【会期】
2017年2月18日(土)〜4月23日(日)
休館日: 2/20、27、3/6、13、21、27、4/3、10、17


【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

【関連イベント】

■おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。

日時:3月4日(土) 午後2時〜3時
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

■つきいちアート3月「学芸員による展示解説」
担当学芸員が展示作品について解説します。修復作品の概要についても簡単に説明をする予定です。

日時:3月25日(土)  午後2時〜3時
参加料、申し込み:参加料不要、入館料のみ必要。申し込み不要。定員なし。



■つきいちアート4月「手作りカメラで撮影してみよう!」
開催中の展覧会に関連して、光を使ったイベントを開催します。牛乳パックと虫眼鏡を使って手作りカメラを作り、外で撮影します。

日程:4月8日(土) 午後2時〜4時
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:諏訪市美術館学芸員
参加料、申し込み:参加料不要、入館料のみ必要。3月25日(土)までに申込み。
定員:6名。
持ち物:1リットル牛乳パック、虫眼鏡



【お問い合わせ】
諏訪市美術館
住所:〒392−0027長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
電話/FAX:0266−52−1217
当館HP http://www.city.suwa.lg.jp/s
28収蔵作品2_A4-1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:45| 諏訪市美術館

2016年12月22日

【諏訪市美術館 新春企画】 Museum de お正月 2017

諏訪市美術館では毎年恒例の新春企画として、お正月限定イベント「Museum de お正月 2017」を開催します。お正月ならではのイベント満載ですので、ぜひご来館ください!


【会期】
2017年1月2日(月)〜9日(月・祝)

【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【イベント情報】

★着物deおはなし鑑賞会!
2017年最初の開館日には、担当学芸員が着物で進行をするおはなし鑑賞会を開催します!
※日時:1月2日(月) 午後2時〜(約40分) 参加者全員で作品の印象をお話ししながら鑑賞します。


★着物de無料!
着物着用で来館された方は入館料無料です!
※期間:1月2日(月)〜9日(月・祝)


★新春no「わたしの風景」写真展
開催中の「上諏訪中学校+源馬菜穂 ―わたしの風景―」に合わせ、ご来館の皆さんのスマホに入っている写真の中から、「わたしの風景」といえるような写真をその場でプリントさせていただき、1階特設展示スペースに展示させていただきます。
※期間:1月2日(月)〜9日(月・祝) 開館時間中いつでもご参加可能


★毎年恒例! お年玉抽選会
ハズレくじなし!もれなくミュージアムグッズなどが当たります。ご来館者全員がご参加いただけます。(賞品がなくなり次第、終了とさせていただきます。)


【開催中展覧会情報】

上諏訪中学校+源馬菜穂 ―わたしの風景―
2016年12月23日(金・祝)〜2017年2月12日(日)

※2016年12月29日(木)〜2017年1月1日(日)は年末年始休館となります。
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:57| 諏訪市美術館

2016年12月01日

【平成28年度学校連携展 「上諏訪中学校+源馬菜穂 ―わたしの風景―」】

諏訪市美術館では、平成25年度から市内小中学校と連携した事業を続けています。上諏訪中学校(以降、上中)とは、平成26年度から、作品制作から展示までを連携しておこなうコラボレーション事業を実施しており、平成27年度は下諏訪出身の版画家、常田泰由さん(1980−)とコラボレーションしました。
今年度は、諏訪市出身で上諏訪中学校卒業生の画家・源馬菜穂さん(1985−)をお迎えして、上中2学年の皆さんと、源馬さんとの制作、展示、鑑賞活動を展開します。



【会期】
2016年12月23日(金・祝)〜2017年2月12日(日)
会期中の休館日:月曜日と祝日の翌日、年末年始
12月26、29〜31日、1月1、10、16、23、30日、2月6日

【入館料】
一般300円(団体20名以上200円)
小中学生150円(団体20名以上100円)
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
諏訪郡内小中学生は無料

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

【関連イベント】
■つきいちアート1月「源馬菜穂さんによるギャラリートーク」
源馬さんにより、作品や今回の連携についてお話しいただきます。

日時:1月14日(土)午後2時〜(約1時間)
会場:諏訪市美術館
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

■つきいちアート2月「透明水彩絵の具で描いてみよう!」
今回の連携事業で使用した透明水彩絵の具を使って、描いてみます。

日程:2月4日(土)午後2時〜(約2時間)
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:諏訪市美術館学芸員
定員・申し込み:6名。1月20日(金)までに申し込み。
参加料:一人200円(仮)

■おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。新年を美術館で過ごしませんか?

日時:1月2日(月) 午後2時〜(約40分)
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

■学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示を解説します。

日時:1月21日(土) 午後2時〜(約40分)
定員・申し込み:なし。
参加料:入館料のみ。

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
住所:〒392−0027長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
電話/FAX:0266−52−1217
当館HP http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:19| 諏訪市美術館

2016年09月17日

【諏訪市美術館 60周年記念展】地域作家の奔走とその情熱〜諏訪市美術館コレクションの成り立ち〜


諏訪市美術館は、1956(昭和31)年5月3日、長野県で初めての市立美術館として生まれ、今年2016(平成28)年に60周年を迎えました。
60年の歴史は、当館の収蔵作品に詰まっているといっても過言ではありません。本展では、当館誕生のいきさつを紹介しつつ、コレクションの成り立ちについて解説しながら、魅力ある収蔵作品(一部寄託、借用作品あり)の数々を前期、後期に分けてご覧いただきます。


【会期】
前期2016年10月8日(土)〜10月25日(火)
後期2016年11月12日(土)〜12月17日(土)
   ※前期、後期で展示作品が変わります。
10月29日(土)〜11月6日(日)諏訪市美術展を開催します。


【入館料】
大人300円 小中学生150円(諏訪郡内に在住の小中学生は無料)

【開館時間】
午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日(ただし11月4日(金)は開館)


【関連イベント】

■つきいちアート10月 60周年記念トーク「諏訪市美術館ができた頃とこれからの美術館」
諏訪市美術館開館当初の様子について美術館学芸員が写真を使って解説し、未来の諏訪市美術館像について参加者全員で語り合います。

日時:10月10日(月・祝)午後2時〜
場所:諏訪市美術館展示室
申込不要・入館料のみ必要


■学芸員による展示解説

日時:10月22日(土)、12月3日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館展示室
申込不要、入館料のみ必要


■おはなし鑑賞会

日時:11月12日(土)午後2時から
場所:諏訪市美術館展示室
申込不要、入館料のみ必要


■つきいちアート11月「諏訪市美術館の立体ペーパークラフトを作ろう!」
少し難しい諏訪市美術館建物の立体ペーパークラフトに挑戦!

日時:11月23日(水・祝)午後2時〜
場所:諏訪市美術館会議室 
定員:8名
入館料のみ必要、11月11日(金)までに申込



■つきいちアート12月 親子ワークショップ「手描きで年賀状をかこう!(仮)」
日本画家として活躍している矢島史織さんを講師にお招きし、手描き年賀状に取り組みます。

講師:日本画家・矢島史織さん
日時:12月10日(土)午後2時〜
場所:諏訪市公民館 講堂
定員:親子8組
費用:材料費1組につき200円
申込:12月2日(金)までに申込



★片倉館・諏訪市美術館タイアップ企画★
60年前にタイムスリップ!なつかし写真展@片倉館
10月12日(水)〜12月12日(月)午前10時〜午後6時 毎月第2、4火曜日休館
場所:片倉館 2階食堂

観覧方法:原則として、入浴されるお客様のみご覧いただけます。諏訪市美術館にて、割引チケットをお渡ししております。



【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392−0027 長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
Tel:0266-52-1217
E-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:32| 諏訪市美術館

2016年07月15日

【平成28年度企画展】 小杉小二郎−窓辺物語


小杉小二郎氏は、洋画家・中川一政に師事し、長きにわたるフランスでの制作により、深みのある色彩で詩情豊かな絵画世界を生み出している現代洋画家です。主題は風景や静物が多く、岩彩の使用やガラス絵、オブジェ、陶芸作品など、多様な表現方法も試み、とどまることなく制作の幅を広げています。
当館では、平成18年に「小杉小二郎の世界展−パリ・諏訪 やさしさの予感−」を開催。油彩画をはじめ、オブジェなど82点の作品を一堂に展示し、好評を得ました。
本展では当館での10年ぶりの個展として、最新作を中心に、近年制作された作品の中から、油彩画、オブジェ等およそ85点を展示します。「この国(日本)こそ私の故郷と認識を新たにした」という小杉氏の、日本やフランスの風景と、窓辺の佇まいをお楽しみください。


【会期】
2016年7月30日(土)〜9月25日(日)

会期中の休館日:月曜日と祝日の翌日
        8月1日、8日、22日、29日、9月5日、12日、20日(火)
※8月15日(月)、9月23日(金)は通常開館(ただし、8月15日は交通規制あり)

【入館料】
企画展料金 大人510円 小中学生150円
団体20名以上  大人410円 小中学生100円
障がい者手帳をお持ちの方(付き添い1名まで同額)大人150円 

会期中、8/31までは小中学生一律無料。
諏訪郡内小中学生は8/31以降も無料。

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)





【関連イベント】

■オープニングセレモニー

日時:7月30日(土) 午前11時30分〜 (およそ30分〜1時間)
会場:諏訪市美術館展示室
定員:なし
※一般の方もご参加いただけます。
セレモニーは11時30分からおこないますが、9時から開館しております。



■つきいちアート8月 「小杉小二郎先生によるギャラリートーク」
小杉氏ご本人による作品解説です。

日時:8月20日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館展示室
定員:なし
申込、参加料:申し込み不要、入館料のみ必要



■つきいちアート9月 親子ワークショップ 「オブジェを作ってみよう!」

絵画の他に、様々な素材を使ったオブジェも制作している小杉氏。作品を見た後に、いろいろな素材を使って自由にオブジェを作ってみよう。
日時:9月10日(土) 午後2時〜(およそ2時間)
会場:諏訪市公民館 講義室
定員:親子6組
申込:9月3日(土)までに諏訪市美術館まで申し込み
参加料:材料費200円(接着剤、絵の具代) 


諏訪市公民館
〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り5-12-18
電話:0266−53−6219
JR中央線上諏訪駅より徒歩10分
中央自動車道「諏訪」ICより約15分
駐車場あり 20台
駐車無料、満車の場合は文化センター敷地内の駐車場を利用




■おはなし鑑賞会
展示作品を鑑賞者全員で感想や印象をお話ししながら鑑賞します。

日時:8月13日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
会場:諏訪市美術館展示室
定員:なし 
申込、参加料:申し込み不要、入館料のみ必要




■学芸員による展示解説
担当学芸員が展示作家や作品について解説します。

日時:8月27日(土) 、9月17日(土) 午後2時〜(およそ40分)
会場:諏訪市美術館展示室
定員:なし
申込、参加料:申し込み不要、入館料のみ必要



【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392−0027
長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
kosugitenns.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:30| 諏訪市美術館

2016年06月17日

諏訪の長い夜


諏訪湖畔の美術館、博物館16館が夜更けまでオープン!
特別展、企画展が盛りだくさんの2日間!


【会期】
平成28年7月16日(土)・17日(日)

【開館時間】
午前9時〜午後9時(入場は午後8時30分まで)

【入館料】
大人300円 小中学生150円 障がい者手帳をお持ちの方は、大人150円、小中学生無料、付添いの方1名まで割引料金150円

 
午後5時から午後9時の夜間開館時間中は割引対応、入館料大人300→200円 小中学生150円→100円
諏訪地域在住、在学の小中学生は無料


【関連イベント】

■和紙染め体験と「かさのかさ」
簡単な和紙染め体験をしてみよう。出来上がった作品はビニール傘に貼り付けデコレーション。灯篭の「かさ」に見立てます。
夜間18:30から「かさのかさ」を点灯します。幻想的な光を楽しんでください。

日時:7月16日(土)・7月17日(日)
   和紙染め体験          午後1時〜午後5時
   「かさのかさ」デコレーション  午後1時〜午後8時
場所:諏訪市美術館/申込、参加料無料

7月16日(土)18:30〜 かさのかさ点灯式  諏訪姫が来館します!


■学芸員によるギャラリートーク
展示中の作品について担当学芸員が解説します。

日時:7月16日(土)・17日(日)午後8時〜午後8時30分
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要


■つきいちアート7月
展示中の作品を、じっくり見てから、ぬり絵をしてみよう。

日時:7月16日(土)午後2時〜午後5時(随時参加可能)
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要
DSCN10121.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:53| 諏訪市美術館

2016年04月27日

収蔵品展 春から夏へ −アートで感じる移ろう季節−/特集展示 丸茂長四郎 木版画展−子どもたちと歩んだ版画の道−

収蔵品展 春から夏へ −アートで感じる移ろう季節−
特集展示 丸茂長四郎 木版画展−子どもたちと歩んだ版画の道−

本展では春から夏の情景を表した作品を選んで展示します。
鮮やかな新緑の葉、涼しげな水辺の風景。美術作品を見て季節を感じてみよう。
特集展示では、諏訪市在住の版画家、丸茂長四郎氏の木版画を展示します。
どこか懐かしさを感じさせる諏訪の風景をうつした作品と、図工教師として
版画教育の発展に尽力した丸茂氏の軌跡を紹介します。

【会期】
平成28年4月29日(金・祝)〜7月24日(日)
     期間中展示替えあり 前期:〜6月5日
               後期:6月7日〜
 
【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【入館料】
大人300円、小中学生150円(諏訪地域在住、在学の小中学生は無料) 
    5/3は開館記念日により一律無料

【休館日】
 月曜日、祝日の翌日
 5月9、16、23、30日
 6月6、13、20、27日
 7月4、11、19日

【イベント】
●諏訪市美術館開館60周年記念イベント
諏訪市美術館は、1956年(昭和31)年、長野県で初めての市立美術館
として諏訪湖畔に誕生しました。
これを記念して、60周年記念展覧会やイベントを行います。

・あなたが描く諏訪市美術館の思い出
「展覧会を見て素敵な作品があった」、「学校の授業で美術館に行った」、
「今日初めて美術館を訪れた」など、諏訪市美術館にまつわる思い出や印象を
ワークシートに描いていただきます。
参加特典:ご参加いただいた方には当館ご招待券をもれなくプレゼント!

日時:2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金)
場所:諏訪市美術館 図書コーナー/申込不要、入館料のみ必要

・5/3開館記念 無料入館デー
諏訪市美術館として開館した5月3日(火・祝)はどなたでも無料で
ご入館いただけます。

日時:5月3日(火・祝)午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


●ゴールデンウィーク企画
彩りこいのぼりをつくろう!
デカルコマニー(合わせ絵)やフロッタージュ(こすり出し)で「彩りこいのぼり」を作ってみよう!

日時:5月3日(火・祝)〜5月8日(日)午後1時〜4時30分
場所:諏訪市美術館 車寄せスペース/申込不要、入館料、参加料不要

●学芸員による展示解説
担当学芸員が展示作品について詳しく解説します。展示作品についてより理解を深めることがでます。

日時:5月3日(火・祝)、4日(水・祝)、7月18日(月・祝)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要


●つきいちアート5月
丸茂長四郎さんによるギャラリートーク
展示中の作品やご自身の制作について、丸茂さんご本人にお話しいただきます。

日時:5月21日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室/申込不要、入館料のみ必要

●おはなし鑑賞会
参加者全員で作品について語りながら鑑賞します。他の参加者のおはなしを聞いてみて、自分とはまったく違う感想に驚いたり、それまで気付かなかった作品の詳細な部分にも目がいくようになったり…作品の新たな魅力に気づくきっかけとなる鑑賞会です。

日時:6月4日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート6月・公民館共催講座
丸茂長四郎さんによるシルクスクリーン教室(3回連続)
丸茂長四郎さんを講師にお迎えし、スクリーンにインクを押し出して刷る「カッティングシルクスクリーン技法」にトライしてもらいます。

日時:6月18日(土)、25日(土)、7月2日(土)午後1時〜
場所:初回=諏訪市美術館、2、3回=諏訪市公民館
定員20人。対象は中学生以上。親子であれば小学校高学年以上。材料費800円。
お申し込みが必要です。6月11日(土)までに諏訪市美術館まで電話にてお申込ください。

●つきいちアート7月
作品を見てからぬり絵をしてみよう!

日時:7月16日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館/申込不要、入館料のみ必要

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392−0027
長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
mizuumitomati.JPG
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:10| 諏訪市美術館

2016年01月31日

時代で追う、諏訪市美術館コレクション 第4期 1996年→現在/コーナー展示 平成26年度新収蔵作品展/コーナー展示 平成26年度修復完了作品展 よみがえる収蔵作品の輝き



平成27年度収蔵作品展は、当館収蔵作品を制作年で分け、古い順に展示してきました。最終回にあたる本展では、1996年から現在までに制作された油彩画、彫刻、写真を展示します。
収蔵作品展と同時開催で2つのコーナー展示を開催します。1階展示室では、「平成26年度新収蔵作品展」と題して、平成26年度に新たに収蔵作品となった作品11点をご紹介します。また、2階展示室では、平成26年度に修復をおこない、輝きがよみがえった作品4点をお披露目する「よみがえる収蔵作品の輝き―平成26年度修復完了作品展―」を開催します。

【会期】
平成28年2月6日(土)〜4月24日(日)

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【入館料】
大人300円、小中学生150円(諏訪郡内の小中学生は無料)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日
2月8、12、15、22、29日
3月7、14、22、28日
4月4、11、18日

【イベント】
●おはなし鑑賞会
参加者全員で作品について語りながら鑑賞します。他の参加者のおはなしを聞いてみて、自分とは全く違う感想に驚いたり、それまで気付かなかった作品の詳細な部分にも目がいくようになったり…作品の新たな魅力に気づくきっかけとなる鑑賞会です。
日時:2月13日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室
申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート2月 修復解説トーク
「よみがえる収蔵作品の輝き―修復完了作品展―」に関連して、収蔵作品修復計画担当の学芸員が修復の内容について詳しくお話しします。
日時:2月28日(日)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室
申込不要、入館料のみ必要

●学芸員による展示解説
収蔵作品展、コーナー展示の展示解説をします。
日時:3月5日(土)午後2時〜
申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート3月「新収蔵作品展」展示作家によるギャラリートーク
新収蔵作品展で作品を展示中の篠原昭登先生、越山公夫先生、小林理一先生、花岡克行先生をお招きし、展示中の作品や、ご自身の制作についてお話しいただきます。
日時:3月19日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室
申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート4月親子ワークショップ 感じたままにフルーツを作ってみよう!
フルーツを五感で感じて、それをそのまま形にしてみましょう!
☆お申込が必要です。4月6日までに諏訪市美術館まで電話にてお申込ください。
講師:SUWARTの皆さん
日時:4月16日(土)午後2時〜
定員:親子6組(5歳以上)
※会場、参加料は決定次第、HP、広報すわにてお知らせします。

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:24| 諏訪市美術館

2015年11月19日

上諏訪中学校+常田泰由 かたちをみつけて

諏訪市美術館では、平成25年度から市内小中学校と連携した事業を続けてきました。上諏訪中学校(以下、上中)とは、昨年度から作品制作から展示までを連携しておこなうコラボレーション事業を実施しています。本年は、版画芸術の第一線で活躍する下諏訪町出身の常田泰由さん(1980-)をお迎えして、上中2学年の皆さんと鑑賞、制作、展示をおこないます。
常田さんは、油性インクを乗せた版木の上に型紙を置いてプレス機で刷る、木版とステンシルを組み合わせた方法で作品を制作しています。日常生活で見られる様々なかたちをドローイングし、そこから選択したかたちを、版を使い、紙の上で表した作品の数々は、色彩とかたちとのシンプルな構成であるからこそ、鑑賞者の想像力次第でどこまでも広がる作品世界が魅力的です。
今回、上中2学年の皆さんは、常田さんがかたちをみつける過程をなぞり、教室でみつけた様々なかたちの輪郭を透明な板を透かしてトレースすることで集め、そのかたちをもとに「水彩モノタイプ」の作品を制作しました。
※水彩モノタイプとは:版に水彩絵具で直接描画したものをプレス機に通して転写する技法。彫りなどの製版工程がないので、同じものを1点しか刷ることができない。(「モノ」とは、「1」や「単一の」という意味です)


【会期】
2015年12月1日(火)〜1月31日(日)

【開館時間】
9:00〜17:00(入館は16:30まで)

【入館料】
大人300円、小中学生150円
※諏訪郡内小中学生無料

【休館日】
12月7、14、21、24、28〜31日
1月1、4、12、18、25日

【イベント】
●つきいちアート12月常田泰由さんによるギャラリートーク
常田さんにより、今回の連携事業を映像で振り返りながら、子どもたちの作品に関しての感想、常田さんの作品に関する解説をお話しいただきます。
日時:12月19日(土)午後2時〜
会場:諏訪市美術館
定員・申込:なし
参加料:入館料のみ

●つきいちアート1月水彩モノタイプを制作してみよう!
上中生が制作した水彩モノタイプを制作してみます。常田さんによる展示解説付です。子どもから大人までご参加いただけます。(小さなお子さんは保護者の方と一緒に制作していただきます)
日時:1月16日(土)午後1時30分〜
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:常田泰由さん
定員・申込:10人
12月1日(火)〜1月6日(水)までに申し込み
参加料:200円

●おはなし鑑賞会
展示されている作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。お話ししながら作品を見て、新たな発見をたくさんしてみましょう。
日時:12月12日(土)午後2時〜
定員・申込:なし
参加料:入館料のみ

●学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示を解説します。
日時:1月9日(土)午後2時〜
会場:諏訪市美術館
定員・申込:なし
参加料:入館料のみ

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
kamityu.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:09| 諏訪市美術館

2015年10月18日

藤森汎 彫刻展―空間と線・面との対話―/時代で追う、諏訪市美術館コレクション第3期 1976-1995


特集展示として、諏訪市出身の彫刻家・藤森汎氏による彫刻作品を展示します。線によりかたちづくり、空間との調和が取れた作品の数々は、ユーモアがあり、生き生きとした造形が特徴的です。
また、同時開催として、収蔵作品展第V期を開催します。平成27年度の収蔵作品展は、作品を制作年で分け、古い順に全4回の展示で紹介していきます。今期は、1976年から1995年までに制作された作品をご覧いただきます。


【会期】
平成27年10月10日(土)〜11月8日(日)


【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【入館料】
大人300円、小中学生150円(諏訪郡内の小中学生は無料)


【休館日】
月曜日、祝日の翌日
10月13(火)、19、26日
11月4(水)日


【イベント】
●学芸員による展示解説
特集展示、収蔵作品展の展示解説をします。
10月24日(土)午後2時〜
定員・申込:定員なし、申込不要
参加料:入館料のみ


●おはなし鑑賞会
参加者全員で作品についておはなししながら鑑賞します。ユーモアがあり、生き生きとした造形が魅力的な彫刻に想像を膨らませ、他の人の意見も聞いてみましょう。自分とは全くちがう想像をしていることに驚いたり、そんな意見を聞いて作品を見ると、また違った風に見えてきたり…作品の新たな魅力に気づくきっかけとなる鑑賞会です。
10月31日(土)午後2時〜
定員・申込:定員なし、申込不要
参加料:入館料のみ


●つきいちアート11月親子ワークショップ
線で形を作ってみよう!
藤森汎先生を講師にお迎えし、汎先生特製の心棒に石塑粘土(せきそねんど)という乾燥するとカチカチに固まる粘土で肉付けをしてもらいます。
11月3日(火・祝)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 会議室
定員:親子5組(小学生以上)
申込:必要。
10月23日までに諏訪市美術館(0266-52-1217)まで電話にて申込。
参加料:一人500円


【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:00| 諏訪市美術館

2015年09月20日

共催展 第68回長野県書道展・諏訪地区展


長野県・長野県教育委員会・長野県書道協会・信濃毎日新聞主催による公募の書道展覧会です。作品は県内全域から小中高生・一般を対象に募集し、鑑審査を経て県内で巡回展示されます。
「書」の力強さ、繊細さ、文字の多様さに圧倒されます。文字の持つ美しさを実感できる展覧会です。

【会期】
2015年10月3日(土)〜10月5日(月)

【時間】
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
※最終日15:00まで

【入館料】
大人300円、小中高生無料

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:10| 諏訪市美術館

2015年07月20日

企画展 三村昌三郎・昌弘 金工展―親子合作の美―

諏訪市を代表する金工家・三村昌三郎、昌弘親子。
本展では、昌三郎生誕130年、昌弘生誕100年を記念して、三村親子の金工作品を下絵などの資料とともに展示します。メイン展示は、昌三郎が鍛金で成形し、昌弘が彫金装飾を施した親子合作の彫金花瓶。
その他、昌三郎が請け負った社寺建築金具の下図やたばこ入れの装飾金具、昌弘による花瓶以外の彫金パネル作品なども展示し、これまで広く知られてこなかった三村親子の仕事をご紹介します。
親子であり、同時に師弟であった三村親子にまつわる金工作品の数々をご覧ください。

【会期】
平成27年8月1日(土)〜9月27日(日)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日
8月3、10、17、24、31日
9月7、14、24日

【イベント】
●つきいちアート8月 講演会 三村昌暉氏が語る父昌弘、祖父昌三郎
三村昌弘氏の長男であり、昌三郎氏の孫にあたる三村貴金属店店主・三村昌暉氏を迎え、家族しか知らない作家の一面をお話しいただきます。
8月22日(土)午後2時〜
定員なし、申込・入館料不要
※展示をご覧になる場合、別途入館料必要

●つきいちアート9月親子ワークショップ 親子でプレゼント!銅板レリーフのしおり
銅板レリーフのしおりを作って親子でプレゼントし合います。
9月12日(土)午後2時〜
定員親子5組 ※9月2日(水)までに申し込み。
参加料 一人200円

●おはなし鑑賞会
展示されている作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。金工作品には、様々な草花や生き物が表現されています。どんな生き物が隠れているかみんなで探したり、抽象的な形が何を表現しているのか考えたり…他の参加者の意見も聞きながら新たな発見をたくさんしてみましょう。作品の新たな魅力が見えてくる鑑賞会です。
9月6日(日)午後2時〜
定員なし、申込不要
入館料のみ必要

●学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示を解説します。
8月8日(土)午後2時〜
8月28日(金)、29日(土)夜8時〜
9月21日(月・祝)午後2時〜
定員なし、申し込み不要
入館料のみ必要

●諏訪の長い夜
諏訪湖周辺の美術館をめぐる夜のアートイベント。当館は夜9時まで開館します。今年も和紙染、ライトアップイベントを行います。
8月28(金)、29(土)
午前9時〜夜9時


【お問い合せ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
TEL&FAX:0266-52-1217
E-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
mimura.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:54| 諏訪市美術館

2015年05月29日

時代で追う、諏訪市美術館コレクション 第2期1956-1975/前田直衞−老舗の美と温もり−


平成27年度の諏訪市美術館収蔵作品展は、作品を制作年で分け、古い順に全4回の展示で紹介していきます。第U期は、1956年から1975年までに制作された作品をご覧いただきます。
また、特集展示として、今年生誕100年を迎える鳥取県出身の日本画家・前田直衞(1915-2008)の特集展示もおこないます。老舗の堅牢な佇まいとともに、そこで生活する人びとの温もりが感じられる作品の数々をご覧ください。

【会期】
平成27年6月6日〜7月26日

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【入館料】
大人300円、小中学生150円(諏訪郡内小中学生無料)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日
6月8,15,22,29日
7月6,13,21日

【イベント】
●つきいちアート6月
学芸員による前田直衞展 展示解説
担当学芸員が、特集展示の前田直衞展について作品の特徴や作家の生涯に着目してお話しします。
6月27日(土)午後2時〜
申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート7月 親子ワークショップ
初めての日本画体験 岩絵の具で動物のぬり絵に挑戦!
前田直衞さんの絵に使われている学校では使わない特別な絵の具でぬり絵をしてみよう!
(お申込が必要です。諏訪市美術館までお申込みください。申込状況によっては大人のみのご参加も受け付けます。)
7月4日(土)午後2時〜
定員5組。参加料200円

●おはなし鑑賞会
展示作品を参加者みんなで感想をお話ししながら鑑賞します。一人で見ている時には気付かない視点で作品を見ることができますよ!
6月21日(日)午後2時〜
申込不要、入館料のみ必要

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://city.suwa.lg.jp/scmart/
dai2.png
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 15:13| 諏訪市美術館

2015年03月11日

【再掲】 時代で追う、諏訪市美術館コレクション 第1期 諏訪市美術館開館までの作品

時代で追う、諏訪市美術館コレクション
第1期 諏訪市美術館開館までの作品


平成27年度の諏訪市美術館収蔵作品展は、作品を制作年で分け、古い順に全4回の展示で紹介していきます。
第1期は、諏訪市美術館が開館する前年である1955(昭和30)年までに制作された作品をご覧いただきます。

【会期】
平成27年3月21日(土)〜5月31日(日)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日
3月23、30日
4月6、13、20、27日
5月7、11、18、25日

【イベント】
●つきいちアート4月 おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。
どなたでもご参加いただけます。
4月18日(土)午後2時〜

●つきいちアート5月 親子ワークショップ 作品を見てからぬり絵をしてみよう!
作品をじっくり見てから、見た作品のぬり絵をします。
3日間開催しますが、各日同じ内容です。
5月3日(日)〜5日(火)午後2時〜
持ち物:筆(ある人のみ)、汚れてもいい服装。
各日定員5組。申込、入館料共に必要。※5月2日までに申込み。

●学芸員による展示解説
展示作品について、担当学芸員が詳しく解説します。
5月16日(土)午後2時〜
申込不要、入館料のみ必要

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392−0141
長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
HP:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:05| 諏訪市美術館

2015年03月08日

時代で追う、諏訪市美術館コレクション 第?期 諏訪市美術館開館までの作品

時代で追う、諏訪市美術館コレクション
第T期 諏訪市美術館開館までの作品


平成27年度の諏訪市美術館収蔵作品展は、作品を制作年で分け、古い順に全4回の展示で紹介していきます。
第T期は、諏訪市美術館が開館する前年である1955(昭和30)年までに制作された作品をご覧いただきます。

【会期】
平成27年3月21日(土)〜5月31日(日)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日
3月23、30日
4月6、13、20、27日
5月7、11、18、25日

【イベント】
●つきいちアート4月 おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。
どなたでもご参加いただけます。
4月18日(土)午後2時〜

●つきいちアート5月 親子ワークショップ 作品を見てからぬり絵をしてみよう!
作品をじっくり見てから、見た作品のぬり絵をします。
3日間開催しますが、各日同じ内容です。
5月3日(日)〜5日(火)午後2時〜
各日定員5組。申込、入館料共に必要。※詳細は諏訪市美術館HPにて随時お知らせ

●学芸員による展示解説
展示作品について、担当学芸員が詳しく解説します。
5月16日(土)午後2時〜
申込不要、入館料のみ必要

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392−0141
長野県諏訪市湖岸通り4−1−14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
HP:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:12| 諏訪市美術館

2015年01月26日

収蔵品公開特別展 細川宗英−作家における王妃の存在−/収蔵作品展 戸田祐暉とその周辺−29年の生涯の中で−《最新情報》


収蔵品公開特別展
細川宗英−作家における王妃の存在−

諏訪市出身の彫刻家・細川宗英。諏訪市美術館内では作品を常設展示している唯一の作家です。
本展では、作家自らが「これ以上の作品はできない」と口にした《王妃像No.1》が代表作である「王妃像」シリーズに焦点をあて、普段常設公開していない細川彫刻をデッサンとともにご覧いただきます。
絶作の《座せる王妃》もエスキース(絵画で言う下絵。彫刻制作における初期の構想を示す、本制作の前段階。マケット(仏 maquette)ともいう。)とともに展示いたします。
展示予定作品数:彫刻6点※《座せる王妃》以外は小品、デッサンおよそ10点

収蔵作品展
戸田祐暉とその周辺−29年の生涯の中で−

上伊那出身の夭折の日本画家・戸田祐暉に焦点をあて、その周辺の作家とともに展覧いたします。
自然を見つめ、人々の暮らしとともに丁寧に描きあげた日本画をご覧ください。




【会期】
平成27年1月31日(土)〜3月15日(日)
※上記展覧会は同時開催です。


【休館日】
2月2、9、12、16、23日
3月2、9日


【イベント】
●おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。
2月7日(土)午後2時〜(およそ40分)

●つきいちアート2月
若手細川研究者 羽田顕佑氏によるギャラリートーク
内容:常設展示室も含め、細川宗英作品について解説します。
2月14日(土)午後2時〜(およそ1時間)

●つきいちアート3月
石膏でミニ羊を作ってみよう!
内容:手のひら大の羊を粘土で制作し、そのあと石膏像にします!
3月1日(日) 午後1時〜(およそ2時間30分)
定員:8人。どなたでもご参加いただけます。
申込:2月15日〜2月28日にお申し込みください。
参加料:500円
持ち物:割り箸1膳、ハンカチ、汚れてもいい服装

●学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示解説をおこないます。
3月7日(土)午後2時〜(およそ1時間)


【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 17:52| 諏訪市美術館

2015年01月22日

収蔵作品展 戸田祐暉とその周辺−29年の生涯のなかで/収蔵品公開特別展 細川宗英−作家における王妃の存在−


戸田祐暉とその周辺−29年の生涯の中で−

上伊那出身の夭折の日本画家・戸田祐暉に焦点をあて、その周辺の作家とともに展覧いたします。
自然を見つめ、人々の暮らしとともに丁寧に描きあげた日本画をご覧ください。



収蔵品公開特別展
細川宗英−作家における王妃の存在−

諏訪市出身の彫刻家・細川宗英。諏訪市美術館内では作品を常設展示している唯一の作家です。
本展では、作家自らが「これ以上の作品はできない」と口にした《王妃像No.1》が代表作である「王妃像」シリーズに焦点をあて、普段常設公開していない細川彫刻をデッサンとともにご覧いただきます。
絶作の《座せる王妃》もエスキース(絵画で言う下絵。彫刻制作における初期の構想を示す、本制作の前段階。マケット(仏 maquette)ともいう。)とともに展示いたします。
展示予定作品数:彫刻6点※《座せる王妃》以外は小品、デッサンおよそ10点



【会期】
平成27年1月31日(土)〜3月15日(日)
※上記展覧会は同時開催です。


【休館日】
2月2、9、12、16、23日
3月2、9日


【イベント】
●おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。
2月7日(土)午後2時〜

●つきいちアート2月
若手細川研究者 羽田顕佑氏によるギャラリートーク
内容:常設展示室も含め、細川宗英作品について解説します。
2月14日(土)午後2時〜

●つきいちアート3月
石膏でミニ羊を作ってみよう!
内容:手のひら大の羊を粘土で制作し、そのあと石膏像にします!
3月1日(日) 午後1時〜(およそ2時間30分)
定員:8人。どなたでもご参加いただけます。要参加料。
申込:2月15日〜2月28日にお申し込みください。
※参加料などの詳細はHPにて順次お知らせいたします。

●学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示解説をおこないます。
3月7日(土)午後2時〜


【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:25| 諏訪市美術館

収蔵作品展 戸田祐暉とその周辺−29年の生涯のなかで−/収蔵品公開特別展 細川宗英−作家における王妃存在−

戸田祐暉とその周辺−29年の生涯の中で−

上伊那出身の夭折の日本画家・戸田祐暉に焦点をあて、その周辺の作家とともに展覧いたします。
自然を見つめ、人々の暮らしとともに丁寧に描きあげた日本画をご覧ください。



収蔵品公開特別展
細川宗英−作家における王妃の存在−

諏訪市出身の彫刻家・細川宗英。諏訪市美術館内では作品を常設展示している唯一の作家です。
本展では、作家自らが「これ以上の作品はできない」と口にした《王妃像No.1》が代表作である「王妃像」シリーズに焦点をあて、普段常設公開していない細川彫刻をデッサンとともにご覧いただきます。
絶作の《座せる王妃》もエスキース(絵画で言う下絵。彫刻制作における初期の構想を示す、本制作の前段階。マケット(仏 maquette)ともいう。)とともに展示いたします。
展示予定作品数:彫刻6点※《座せる王妃》以外は小品、デッサンおよそ10点)



【会期】
平成27年1月31日(土)〜3月15日(日)
※上記展覧会は同時開催です。


【休館日】
2月2、9、12、16、23日
3月2、9日


【イベント】
●おはなし鑑賞会
展示作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。
2月7日(土)午後2時〜

●つきいちアート2月
若手細川研究者 羽田顕佑氏によるギャラリートーク
内容:常設展示室も含め、細川宗英作品について解説します。
2月14日(土)午後2時〜

●つきいちアート3月
石膏でミニ羊を作ってみよう!
内容:手のひら大の羊を粘土で制作し、そのあと石膏像にします!
3月1日(日) 午後1時〜(およそ2時間30分)
定員:8人。どなたでもご参加いただけます。要参加料。
申込:2月15日〜2月28日にお申し込みください。
※参加料などの詳細はHPにて順次お知らせいたします。

●学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示解説をおこないます。
3月7日(土)午後2時〜


【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/

e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
----------------------------------
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:19| 諏訪市美術館

2014年12月05日

つきいちアート12月 手描きで年賀状をかこう!


画家の橋口優さんを講師に迎え、絵具を使って手描きで年賀状を作成します!
来年の干支である羊をモチーフにしたり、お正月らしい絵柄を描いたり・・・
楽しくオリジナリティあふれる年賀状をつくりましょう。
手描きで描く楽しさを気軽に感じることができるイベントです。

日時:12月13日(土)14:00〜(約1時間30分)
定員:親子5組(先着順)
申込:12月1日〜12月12日 お電話・窓口いずれかでお申し込みください
参加料:1人100円 ※展示をご覧になる場合は別途入館料必要

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
制作例1(羊).jpg制作例2(初日の出と富士山).jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:41| 諏訪市美術館

2014年11月01日

【収蔵作品展】美術館で季節を感じる―冬の風景と温まる人たち―/【特集展示】林遼の石彫―支えあい、つながる―

「美術館で季節を感じる」をテーマに、当館収蔵作品のなかでも冬の風景や人物を表現した作品を展示いたします。
また、特集展示では下諏訪町在住の彫刻家 林遼氏の石彫を展示いたします。「割り戻し」という技法を用いて、どっしりとした重量感を備えつつ、わずかな接触面で「支えあい、つながる」表現が特徴的な石彫をご覧いただきます。


【会期】
2014年11月15日〜2014年12月14日


【休館日】
11月17日、25日
12月1日、8日


【開館時間】
午前9時〜午後5時(諏訪郡内の小中学生は無料)


【関連イベント】
●つきいちアート11月
「林遼さんによるギャラリートーク」※出品作家による作品解説
日時:11月29日(土)午後2時〜
定員・参加料:定員なし、参加料は入館料のみ。申し込み不要。

●おはなし鑑賞会
※展示作品を参加者全員で感想をおはなししながら見ていく鑑賞会。
日時:12月6日(土)午後2時〜
定員・参加料:定員なし、参加料は入館料のみ。申し込み不要。


【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:06| 諏訪市美術館