2019年05月10日

【諏訪市美術館】特集展示「折井宏光?歴史画・ロマンの世界?」同時開催収蔵作品展「日本画の魅力」

 諏訪市在住の日本画家・折井宏光の特集展示です。有識故実に基づいて描かれた歴史画を展示します。日本画の制作過程で描かれる小下絵や、資料のための鎧兜など、日ごろは公開されない制作の裏側もあわせてご紹介します。画面を見ているだけで歴史上の出来事や人物たちに思いをはせることができる歴史画に触れ、歴史のロマンに浸ってください。
 同時開催として、収蔵作品の中から日本画の作品を選出し展示します。多彩な日本画の表現をお楽しみください。

会 期:5月11日(土)〜 7月21日(日)
休館日:5/13、20、27、6/3、10、17、24、7/1、8、16
入館料:一般300円(団体20名以上200円)
     小・中学生150円(団体20名以上100円)※諏訪地域の小中学生は無料
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【イベント】
■つきいちアート6月「折井宏光先生によるギャラリートーク」
日時:6月16日(日) 午後2時〜午後3時
会場:諏訪市美術館 展示室
講師:折井宏光先生
参加料、申し込み:入館料のみ必要、申し込み不要
定員:なし
内容:特集展示で作品展示中の日本画家・折井宏光先生によるギャラリートークです。自身の作品や、歴史画についてお話しいただきます。

■つきいちアート 7月「日本画材に触れてみよう!」
日時:7月6日(土)午後2時〜午後3時30分
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:諏訪市美術館学芸員
参加料:300円
申し込み:6月30日までに諏訪市美術館までお申し込みください。
定員:8人
内容:日本画を描く材料である、「岩絵の具」や「膠」に実際に触れてみます。岩絵の具を使った簡単な色塗りも体験します。

■「学芸員によるギャラリートーク」
日時:5月19日(日) 午後2時〜(およそ30分)
参加料、申し込み:入館料のみ必要、申込不要
定員:なし
会場:諏訪市美術館 展示室
内容:担当学芸員による展示解説です。

■「おはなし鑑賞会」
日時:7月 14日(日) 午後2時〜(およそ1時間)
参加料、申し込み:入館料のみ必要、申し込み不要
定員:なし
内容:展示作品を参加全員で感想や印象をお話ししながら鑑賞します。


 【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
TEL/FAX 0266-52-1217
E-Mail SCM-ART@city.suwa.lg.jp
http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
suwasibi.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 20:03| 諏訪市美術館

2019年04月27日

北澤美術館 【女性作家 バーナーワークの世界 2019】





バーナーの炎によってガラスを熔かし、成形するバーナーワーク。毎回ご好評をいただき6度目を迎える本年の展示会では、現在活躍中の女性作家6名の作品を紹介いたします。様々に趣向を凝らした個性あふれる作品の数々をお楽しみください。

■出品作家(五十音順)
稲沢
越子 近藤 直美

城下
鮎子 谷口 知恵子

古木
晶子 宮野 美樹


■作家在廊日(バーナーワーク制作実演あり)
5月18日(土)・19日(日)

6月1日(土)・2日(日)

・8日(土)・9日(日)

・15日(土)・16日(日)

※在廊作家・時間の詳細は当館ホームページ、またはお電話でご確認ください


***********************************
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000 
FAX 0266-58-6008
***********************************       
  
バーナー3.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 17:39| 北澤美術館

2019年04月09日

【市立岡谷美術考古館】 平成31年度 収蔵作品展 「本物を見よ 山田郁夫展」

 岡谷市出身の水彩画家 山田郁夫(1927−1996)は、独学で絵を学び、教職に就くかたわら生涯を通じて画業に励みました。

「本物を見よ、本物を求めよ」が口癖だったという山田は、徹底したデッサンに始まり、対象から受けた感動を完全に消化したうえで、色彩と形態が響きあう幾何学的な構成の作品を数多く生み出しました。その作品は、洗練されたモダンな雰囲気と、注意深く練り上げられた色づかいで定評があり、「長野に山田郁夫の色あり」と語られたほどです。

日本水彩画会諏訪支部を結成するほか、諏訪美術会、信州美術会、県展の要職を歴任。岡谷美術考古館長、岡谷市教育委員長も務め、郷土の芸術文化の発展に尽力しました。美術教師としても後進を育て、その作品は、現在も多くの人々に親しまれています。
本展では、山田の作品とともに、デッサンや著作から読み取れる制作の背景・思想をご紹介します。

 会期:2019年4月25日(木)〜6月16日(日) 
 
 開館時間 午前10:00〜午後7:00
 休館日  水曜日(5月1日は開館)、5月7日(火)



 ■関連イベント
 ○学芸員によるギャラリートーク(要入館料)
  6月1日(土) 13:30〜 美術考古館
 

 入館料:大人350円(250円)、小・中学生150円(100円)
 ※( )は10名以上の団体料金
 ※諏訪郡内在住・在学の小・中学生、岡谷市内在住・在学の高校生は無料
 休館日:毎週水曜日、祝日の翌日
 http://www.okaya-museum.jp/
山田郁夫展チラシ.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:40| 市立岡谷美術考古館

2019年03月27日

【北澤美術館】バラに捧ぐ アール・ヌーヴォーのガラス展 ?ガレ・ドーム・ラリック?







バラをテーマにした作品を中心に、四季の彩りを映すガラス工芸の名品をご紹介します。エミール・ガレの「フランスの薔薇」シリーズなど、19世紀末から20世紀初頭のフランスのガラス工芸の傑作をお楽しみください。また新天皇のご即位を記念する特設コーナーを設け、皇室ゆかりの作品を特別展示します。

 


■会期:2019年4月4日(木)〜2020年3月10日(火)


■時間:4〜9月 9:00〜18:00
/
10〜3月 9:00〜17:00 (入館は閉館時間の30分前まで)


10月1日は一部展示替えのため休館


■入 館 料:大人1,000円、中学生500円、小学生以下無料


団体(8名様以上)料金は上記入館料より100円引 


 


■主催:公益財団法人 北澤美術館


■協賛:株式会社 キッツ


株式会社キッツは社会貢献活動の一環として公益財団法人北澤美術館を支援しています。




■関連イベント・ワークショップ
・トークショー『ガレのバラと庭園』
5月4日(土)・9月22日(日) 14:00〜15:00 
ゲスト:ケイ山田氏(蓼科高原バラクライングリッシュガーデン・オーナー)聴講無料(要入館料)

・『ルナブランカ 香りの花手作り体験』
・5月5日(日)・7月28日(日)・8月18日(日)・9月8日(日)


10:30・13:00・14:30
・講師:保科佐千子氏(工房なでしこ主催) 体験料金:1,500円(税込・別途要入館料)

・『ソープカービング バラの花手彫り体験』
・8月4日(日)・9月15日(日)


10:30・13:00・14:30 
・講師:阪範子氏(日本フルーツ&ソープカービング協会理事長)体験料金:1,000円〜1,500円(税込/別途要入館料)
※ワークショップの参加者は入館料割引あり:大人800円、中学生400円








・記念講演会『バラに捧ぐ』
7月27日(土)14:00〜16:00
講師:池田まゆみ(北澤美術館主席学芸員) 聴講無料(要入館料)





詳しくは美術館までお問い合わせください。
***********************************
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000 
FAX 0266-58-6008
***********************************         


バラ展チラシ.jpgバラ展裏.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:37| 北澤美術館

【北澤美術館】佐々木龍彦 ガラス展 ?硝子絵物語?






山梨県に工房を構える佐々木龍彦さんはさまざまな技法をあやつり、多彩な作品を生みだしています。やわらかく光を宿す吹きガラスや四季折々の花鳥風月が彫刻されたサンドブラスト技法など、繊細な色彩と技が織りなす佐々木さんの世界をお楽しみください。





■会期:2019年4月13日(土)〜5月15日(水)


■時間:9001800 会期中無休


■会場:北澤美術館 1階 多目的ギャラリー


■入 館 料:大人1,000円、中学生500円、小学生以下無料


団体(8名様以上)料金は上記入館料より100円引 


※ガラス工芸展示室、日本画展示室もあわせてご覧いただけます。 


■主催:公益財団法人 北澤美術館


■協賛:株式会社 キッツ


株式会社キッツは社会貢献活動の一環として公益財団法人北澤美術館を支援しています。


 


作家在廊日:
4月13、14、28、29日



 


詳しくは美術館までお問い合わせください
***********************************
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000 
FAX 0266-58-6008       


http://kitazawamuseum.kitz.co.jp


***********************************         

佐々木.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:30| 北澤美術館

2019年02月21日

【諏訪市美術館】収蔵作品展「自然を見つめて」

収蔵作品展「自然を見つめて」

長い冬が終わり春の訪れを感じるこの季節は、自然の移ろいを強く実感することができ、自分たちを取り囲む自然の存在をより感じることのできる時期でもあります。自然のもつ美しさや尊さを改めて実感していただく機会となれば幸いです。

会 期:平成31年2月23日(土)〜5月6日(月・祝)
休館日: 2/25、3/4、11、18、22、25、4/1、8、15、22
入館料:一般300円(団体20名以上200円)
    小・中学生150円(団体20名以上100円)※諏訪地域の小中学生は無料
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【イベント】
■つきいちアート3月公開トーク「諏訪市美術館と諏訪の美術@小椋康彦先生」
日時:3月9日(土) 午後2時〜午後3時
会場:諏訪市美術館 展示室
講師:小椋康彦先生
参加料、申し込み:入館料のみ、申し込み不要
定員:なし
内容:美術館の役割の一つである「研究」という面から、諏訪市美術館や、諏訪の美術について見識の深い先生よりお話を伺う様子を公開します。

■つきいちアート4月「基礎から始めるデッサン講座」
日時:4月6日(土) 午後2時〜午後3時30分 
参加料:300円
申し込み:3月31日までに諏訪市美術館へお申込みください。
定員:8名
会場:諏訪市美術館 会議室
内容:初めての人でも安心のデッサン講座です。木炭デッサンを体験できます。


■つきいちアート5月親子ワークショップ「彩りこいのぼりを作ろう!」
日時:5月5日(日)終日 
会場:諏訪市美術館 車寄せ(玄関前)
参加料、申し込み:無料、申し込み不要
定員:なし
内容:「スタンピング」や「デカルコマニー」等の技法を使ってこいのぼりを彩ります。できあがったこいのぼりはお持ち帰りいただけます。

■「学芸員によるギャラリートーク」
日時:5月3日(金) 午後2時〜(およそ30分) 
参加料、申し込み:入館料のみ必要、申し込み不要
定員:なし
会場:諏訪市美術館 展示室
内容:担当学芸員による展示解説です。

■おはなし鑑賞会
日時:4月20日(土) 午後2時〜(およそ1時間)
参加料、申し込み:入館料のみ必要、申し込み不要
定員:なし
内容:展示作品について、感想や印象をおはなししながら鑑賞します。おはなししながら作品を見て、新たな発見をたくさんしてみましょう。作品の新たな魅力が見えてきます。
H30自然を見つめてチラシ.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 15:14| 諏訪市美術館

2019年02月16日

【北澤美術館】ShinPA in 諏訪





■展示会名 :
ShinPA in 諏訪 (シンパ イン すわ)


■会  期  : 2019310日(日) 〜 47日(日)


■開館時間 : [331日まで]
9:00
17:00 [ 44日より] 9:0018:00


■休 館 日 : 41日(月)〜43日(水)


■会  場 
 北澤美術館 1階 多目的ギャラリー


■入 館 料
 大人1,000円、中学生500円、小学生以下無料


団体(8名様以上)100円引 ※ガラス展示室、日本画展示室もあわせてご覧いただけます   


■主  催 
 公益財団法人 北澤美術館


■協  賛 
 株式会社 キッツ


株式会社キッツは社会貢献活動の一環として公益財団法人北澤美術館を支援しています


 


作家によるギャラリートーク :
3
10日(日) 10001100


場所 :
多目的ギャラリー  聴講自由
(要入館料)


 


出品作家 


田宮話子  押元一敏  森田洋美


小林英且  田ア冬樹  橋浩規  濱岡朝子  山本陽光  渡邊史  川本淑子


金木正子  加藤ゆわ  小松冴果  長谷川彩子  横尾奈美  唐澤絵里


 


「ShinPA」は、東京藝術大学デザイン科描画・装飾研究室において、


中島千波氏に教えを受けた若手作家たちによるグループ展です。


「新しい波」を築いていこうという意図のもと、独自の表現方法を探求する


気鋭作家たちの意欲作をご覧ください。



***********************************
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000 
FAX 0266-58-6008
***********************************         
img_2018shinpa-3.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:00| 北澤美術館

2019年02月07日

【市立岡谷美術考古館】 開館5周年記念 若手アーティスト育成公募展 「そして輪郭を現す」

 当館では、「岡谷市ゆかりの若手アーティストまたは若手グループ」に対する支援と育成を目的として、発表の場の提供や芸術活動の支援を行う公募展を実施します。

 今回は岡谷市出身で、大阪芸術大学で学んだ建築を基に幾何図形の構成による平面作品および立体作品を制作する片桐 晃憲を特集します。片桐はギャラリーで多くの個展を開催し、また各地のアートプロジェクトにも参加するなど、作品が鑑賞者ないし空間に対して呼応するような展示活動を通して活躍の場を広げているアーティストです。

本展では「そして輪郭を現す」を展示コンセプトとし、建築の断片的な要素から派生した平面・立体作品によって、物理的な建物ではなく概念として建築の姿を模索します。片桐が創出する捉えどころのない空間は、空間を構成する周囲の素材や形体、規模や重量感などの様々な要素によって表情を変えます。そうした現象を観測しプロットしていく時に、私たちに建物の持つ機能以上の感覚を呼び起こし、空の輪郭が姿を現すことになります。

◆会期 2019年2月22日(金)〜3月24日(日)

◆会場
市立岡谷美術考古館1階 企画展示室

◆入 館 料
入場無料(常設展は入館料が必要です)

◆開館時間
午前10:00〜午後7:00

◆関連イベント
アーティストトーク「建築×美術」
日 時  平成31年3月9日(土)14時〜
会 場  企画展示室(聴講無料)


片桐 晃憲(かたぎり・てるかず)
1986年長野県岡谷市に生まれ、2011年より創作活動を始める。
大阪芸術大学で学んだ建築を基に幾何図形の構成による平面作品および立体作品を制作する。ギャラリーでの個展や各地のアートプロジェクトへ参加し、作品が鑑賞者ないし空間に対して呼応する展示を行う。

※平成30年度 長野県地域発元気づくり支援金活用事業
表.jpg裏.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:52| 市立岡谷美術考古館

2018年12月28日

【諏訪市美術館】新春イベント「Museum de お正月 2019」

諏訪市美術館毎年恒例のお正月イベントを開催します。
お正月はぜひ美術館でお過ごしください!



【期間】
2019 年1月2日(水)〜6日(日)


【場所】

諏訪市美術館



【内容】


☆ 新春2日限定! 着物deギャラリートーク!


2019年最初の開館日には、担当学芸員が着物でギャラリートークを行います!


※日時:12() 午後2時〜(約30分) 展示作品について解説します。


 


☆ お正月限定! 着物de無料!


着物着用で来館された方は入館料無料です!


※期間:12()6()


 


☆ 新春noワークショップ「体験!誰でもマティス!?」


中洲小学校の皆さんが行った「からっぽ」をさがすことから始まるワークショップ「誰でもマティス!?」(小川格さん命名)を体験できます。雑誌の中から自分が「からっぽ」だと思うものを見つけ、色を塗りラミネートをします。参加していただいた方には、当館招待券をプレゼント!


※期間:12()6() 開館時間中いつでもご参加可能 


 


 毎年恒例! お年玉抽選会


ハズレくじなし!もれなくミュージアムグッズなどが当たります。ご来館者全員がご参加いただけます。(賞品がなくなり次第、終了とさせていただきます。)


※期間:12()6() 





 ※2018年12月29日(土)〜2019年1月1日(火)は、年末年始休館とさせていただきます。新年は1月2日より、通常通り開館させていただきます。



【お問い合わせ】
諏訪市美術館
http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
TEL/FAX 0266-52-1217
E-Mail
SCM-ART@city.suwa.lg.jp


posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:16| 諏訪市美術館

2018年12月17日

【市立岡谷美術考古館】 開館5周年記念 収蔵作品展? 美術考古館の隠れた名品展

 市立岡谷美術考古館には、絵画、彫刻、工芸、書など郷土の優れた美術作品を中心に729点を収蔵しています。当館は、昭和45年の開館以降、平成25年の移転・リニューアルを経て、50年近くになりますが、その間、多くの収蔵作品を展示・公開してまいりました。

 しかし、通常の展覧会では、テーマを設定して、それに合わせた作品を展示したり、収蔵作品数が多い作家の個展として展示を行ったりしてきているので、展示する機会の少なかった作品も多くあります。しかし、それらも展示機会の多い作品と同様、作家が丹精を込めて制作した作品であることに変わりはなく、作家の一面を物語る貴重な資料でもあります。

 本展では、そのような美術考古館の隠れた名品をご紹介いたします。当館でよく展示されてきたおなじみの作家であっても、あまり公開されてこなかった作品、そのほか、収蔵数がきわめて少ない作家の作品など、珍しいコレクションの数々を、ごゆっくりとご鑑賞ください。

 会期:平成31年1月10日(木)〜3月3日(日) 


 ■関連イベント
 ○学芸員によるギャラリートーク(要入館料)
  2月23日(土) 13:30〜 美術考古館
 

 入館料:大人350円(250円)、小・中学生150円(100円)
 ※( )は10名以上の団体料金
 ※諏訪郡内在住・在学の小・中学生、岡谷市内在住・在学の高校生は無料
 休館日:毎週水曜日、祝日の翌日
 http://www.okaya-museum.jp/
チラシ.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:25| 市立岡谷美術考古館