2017年07月12日

茅野市尖石縄文考古館 平成29年度特別展「CHINO/茅野×縄文/JOMON」



八ヶ岳と霧ヶ峰の麓に位置する茅野市には、たくさんの縄文時代遺跡があります。市内の遺跡総数348のうち、237遺跡が縄文時代の遺跡であり、時代別に見ると一番多いことになります。


そうした多数の縄文時代遺跡では、国宝「土偶」を出土した棚畑遺跡や中ッ原遺跡、またかつて日本三大遺跡と称され、縄文時代の村の姿の研究の先駆けとなったここ尖石遺跡などがよく知られていることと思います。また、国指定史跡の上の段遺跡、駒形遺跡も聞いたことがある、という方もいるかもしれません。


実は、それら保存されている遺跡や、遺跡があったことを示す記念碑や公園があるところだけが遺跡なのではありません。今日、私たちが生活を営むなかで使用しているさまざまな施設や道路があるところ、そこにも縄文時代の遺跡があったのです。


この特別展では、そのような、現在はインフラとして利用されているところにあった縄文時代の遺跡を紹介したいと思います。



会期:平成29年(2017年)7月15日(土曜日)〜10月22日(日曜日)
場所:茅野市尖石縄文考古館特別展示室
お問い合わせ:電話 0266-76-2270、E-メール togariishi.m@city.chino.lg.jp
ホームページアドレス:http://www.city.chino.lg.jp/togariishi_m/
●特別展のページ●
http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1446186464121/index.html



H29特別展バナーre.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:42| 茅野市尖石縄文考古館

2017年07月06日

岡谷美術考古館 特別企画展 縄文の夜神楽 縄文遺産写真展

近年、縄文時代は、世界に類まれな日本列島特有の文化が花開いた時代として注目が集まっています。
なかでも岡谷市が位置する中部高地は、縄文の遺跡が格段に多く、そこから発掘された土器・土偶等の遺産は多種多様で、豊かな縄文文化が育まれていました。
本展では、写真家 滋澤雅人氏が撮影したこれら縄文遺産の写真を一堂に展示いたします。滋澤氏は、縄文時代の灯火の明るさで見た土器や土偶を、荘厳なモノクロームの写真に映し出します。
今回、新たに当館所蔵の国指定重要文化財、顔面把手付深鉢形土器(海戸遺跡出土、縄文中期)を撮影していただきました。実物も常設展示されておりますので、同時にご覧いただけます。太古に生きた匠の技を、迫力あふれる写真でお楽しみください。

日程 2017年7月15日(土)〜9月10日(日)
会場 市立岡谷美術考古館
時間 10:00〜19:00/水曜休館、祝日は開館(その翌日は休館)
チケット料金(特別企画展) 大人500円/小・中学生250円 ※団体割引あり
詳細ホームページ http://www.okaya-museum.jp/
お問い合わせ先 市立岡谷美術考古館 Tel.0266−22−5854

市立岡谷美術考古館 http://www.okaya-museum.jp/
チラシ表.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:04| 市立岡谷美術考古館

2017年07月04日

【諏訪市美術館】信州ミュージアム・ネットワークイベント「信州とあそぼ!」





諏訪市美術館ほか、長野県内の美術館・博物館など142の参加館で、中学生以下の入館料が無料になります!

期間:7月15日(土)〜8月31日(木)

お問い合わせ:「信州とあそぼ!」ミュージアム・スタンプラリー2017事務局(キッセイ文化ホール内)〒390-0311松本市水汲69‐2 電話0263-34-7100 ファックス0263-34-7101


【関連イベント】

■ミュージアム・スタンプラリー2017(開催期間:7月15日〜8月31日、応募期間7月15日〜9月10日)
開催期間中に長野県内の参加館を訪れて、専用のスタンプ用紙にスタンプを3個集めると、その場で「達成賞(オリジナル缶バッジ)」をもれなくプレゼントします。
※缶バッチは選べません。 シークレット缶バッチもあります!
対象:どなたでも結構です。
さらに、達成賞のスタンプ用紙に切手を貼って投函すると、Wチャンス懸賞として抽選で信州の特産品等をプレゼント!

■ミュージアムクイズ
クイズに答えてシールをゲット!中学生以下の子供向けミュージアムクイズの正解者に、オリジナルシールをプレゼントします。
対象:中学生以下

■写真とあそぼ!「フォトコンテスト」(応募期間:7月15日〜9月10日)
美術館、博物館に関する写真を募集します。子供の応募者には、「子ども特派員」の認定証を贈呈します。
対象:どなたでも結構です。
その他:原則として応募された作品は、「信州とあそぼ!」サイト上に発表します。応募方法など詳しくは、事務局までお問い合わせいただくか、「信州とあそぼ!」サイト(http://www.shinshu-to-asobo.net/ )でご確認ください。
コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業





2017_banner_1000_1000[1].png
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:52| 諏訪市美術館

2017年06月28日

縄文教室3「縄文時代の糸作りに挑戦してストラップを作ってみよう」

縄文時代に衣服づくりに利用されたと考えられるカラムシを収穫して、糸作りとストラップ作りに挑戦する講座です。


とき:平成29年(2017年)7月29日(土曜日)・30日(日曜日)
   午前9時30分〜午後3時
定員:10名(要申込み)
申込受付期間:平成29年6月29日(木曜日)〜
       茅野市尖石縄文考古館までお電話でお申し込みください。
受講料:800円
持ち物:汚れてもいい服装、軍手、長靴(川に入ります)、エプロン


縄文教室についての詳しい情報は、下記URLをご覧ください。
http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1446961018878/index.html





**********************
人も自然も元気で豊か 躍動する高原都市 茅野

茅野市尖石縄文考古館
考古館係
391-0213 長野県茅野市豊平4734-132
Tel 0266-76-2270
Fax 0266-76-2700
E-メール togariishi.m@city.chino.lg.jp
ホームページアドレス
http://www.city.chino.lg.jp/togariishi_m/
縄文プロジェクト専用ホームページアドレス
http://www.city.chino.lg.jp/jomon/



糸取り講座ストラップ見本.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 18:17| 茅野市尖石縄文考古館

2017年06月18日

諏訪湖まちじゅう芸術祭2017オープニングイベント★諏訪の長い夜★



 諏訪湖周辺の美術館・博物館が、様々なイベントを行う、「諏訪湖まちじゅう芸術祭」。2017年は7月15日(土)〜8月31日(木)の日程で行われます。
 オープニングイベントとして、参加館の多くが開館時間を延長して、午後9時まで開く、「諏訪の長い夜」を開催!
諏訪市美術館では夜間開館中、入館料を割引いたします。



【会期】
平成29年7月15日(土)、16日(日)
【開館時間】
午前9時〜午後9時(入館は午後8時30分まで)
【入館料】
一般300円(団体20名以上 200円)
小中学生150円(団体20名以上150円)
諏訪郡内の小中学生は無料
障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円


午後5時〜午後9時までの夜間開館時間は、割引対応
一般300円→200円、小中学生150円→100円



【関連イベント】
■和紙染め体験と「かさのかさ」
簡単な和紙染め体験をします。みんなで作った和紙染めを、あかりをともす「かさ」にデコレーションします。
日時:7月15日(土)・16日(日)午後1時〜午後5時
場所:諏訪市美術館 玄関車よせ
定員・申込:なし
参加料:無料
暗くなったら、かさのかさを点灯します。幻想的な光をお楽しみください。

■学芸員によるギャラリートーク
展示中の作品について、担当学芸員が解説します。
日時:7月15日(土)・16日(日)午後8時〜午後8時30分
場所:諏訪市美術館 展示室
定員・申込:なし
参加料:入館料のみ







nagayoru.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:49| 諏訪市美術館

2017年06月06日

茅野市尖石縄文考古館 縄文教室「国宝「土偶」を作ってみよう」

あの国宝「土偶」(縄文のビーナス、仮面の女神)を実物大で作ってみる体験講座です。難しいですが、完成したときの感動はひとしおです!


開催日時:平成29年(2017年)6月24日(土)・25日(日)9:30〜15:00
開催場所:茅野市尖石縄文考古館学習コーナー
受講料:800円
 定員は20名で申し込み制です。申し込みは6月18日(日)まで受け付けています。
 なお、製作した土偶は当館で乾燥させて、10月8日(日)の縄文まつりで野焼きします。
 野焼きに参加しないと焼くことができませんのでご注意ください。
持ち物:お弁当、汚れてもよい支度・服装、汚れてもよいタオル2枚、
    ビニール袋(50センチメートル四方くらいの大きさ)、受講料


皆様のご参加、お待ちしております。


申し込み、お問い合わせは、
茅野市尖石縄文考古館までお願いいたします。
電話 0266-76-2270


茅野市尖石縄文考古館       
391-0213 長野県茅野市豊平4734-132 
Tel 0266-76-2270
           
Fax 0266-76-2700
           
E-
メール togariishi.m@city.chino.lg.jp
ホームページアドレス
http://www.city.chino.lg.jp/togariishi_m/
縄文プロジェクト専用ホームページアドレス
http://www.city.chino.lg.jp/jomon/



kyoshitu_2016_1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 18:17| 茅野市尖石縄文考古館

2017年06月04日

平成29年度収蔵作品展 【水のある風景】

岡谷市のある諏訪盆地は、東には八ヶ岳と霧ヶ峰、西には南アルプスが連なる風光明媚な地域です。そして中央には諏訪湖があり、ここから天竜川も流れ出し、豊かな水にも恵まれています。
 このような諏訪盆地の美しい風景は、郷土出身の画家をはじめ、多くの画家のモチーフとして選ばれてきました。
 本展では、収蔵作品のなかから水辺を描いた作品を集め、各作家の個性がきわだつよう、構図や題材の似ているものを並置しました。天竜川や諏訪湖をはじめ、小さなため池や水田、公園の一角など何気ない場所から大海原までも、時間や季節、天候によって変わるさまざまな水の表情をとらえ、それぞれ魅力的な作品に仕上げられています。
 夏に向かうこの時期にぴったりの、涼しげな水辺の風景を、ごゆっくりお楽しみください。

日程 2017年5月11日(木)〜7月9日(日)

会場 市立岡谷美術考古館

時間 10:00〜19:00/水曜休館、祝日は開館(その翌日は休館)

チケット料金(収蔵作品展) 大人350円/小・中学生150円 ※団体割引あり

詳細ホームページ http://www.okaya-museum.jp/

お問い合わせ先 市立岡谷美術考古館 Tel.0266−22−5854
DSCN5806.JPG
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:14| 市立岡谷美術考古館

2017年06月01日

八ヶ岳美術館 建築ガイドツアー&講演会





「八ヶ岳美術館 建築ガイドツアー&講演会」

 

 

建築家・村野藤吾晩年の作品である八ヶ岳美術館では、このたび関邦則先生による建築講演会と建築ガイドツアーを下記の通り開催いたします。

 

 

 

日時:2017年7月15日(土)

@13:30〜講演会

A15:00〜ガイドツアー

 

講演:「村野藤吾 晩年の仕事」

 

講師:関邦則氏((有)関建築+まち研究室代表、長野県建築士会名誉会長)

 

内容:晩年の村野藤吾のもとで働き、現在は長野市を中心にまちづくりに取り組む関邦則さんを講師にお迎えし、村野藤吾晩年の仕事に対する姿勢などを、当時のエピソードも交えながらお話しいただきます。講演終了後、美術館建築を見学します。

 

参加料:無料(要入館料)

 

お申込み:八ヶ岳美術館(0266-74-2701)

 

みなさまのお申込み、お待ちしております。

 

八ヶ岳美術館のほかにも、多くの館や自治体等で見学会および講演会、展覧会などが行われています。

詳細はこちら

 

ぜひおでかけください。
関邦則氏講演会_1.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:43| 八ヶ岳美術館

2017年05月18日

八ヶ岳美術館 企画展【Parallel Natureパラレル・ネイチャー 自然から学ぶ4ヶ月】 





会期 平成29年4月1日(土)〜平成29年7月30日(日) 会期中無休

 

 

私たちがふだん包まれて暮らしている自然。山々の雄大さ、夜明け差す光に照らされる荘厳な景色、木々の葉の輝きや匂い、鳥の囀り、巨石がつくる奇妙な光景など、自然の美しさはわたしたちの周りに、時に捉えきれない程に大きく広がっています。こうした自然から、古来芸術家たちはインスピレーションを受けて作品を制作してきました。そうしてみると、私たちが目にする作品は、自然のもうひとつの姿を映し出す鏡のような装置であると言えるのではないでしょうか。

近在の若手作家の作品を中心にした本展は、現実世界と同時に存在しているもうひとつの「自然」の姿と、それを捉える作家の眼差しの中に、改めて自然と向き合う手掛かりを探る試みです。私たちを取り巻く現実の自然からは見えなかったものが、パラレルに映し出された自然からは見えてくるかもしれません。

4ヵ月という長い会期中、展示のほかに様々な学びの場を設けます。山、水、縄文、土、鳥の5つのキーワードをもとに、各分野で活躍する研究者や作家をお招きします。「もうひとつの自然」から学ぶ4ヵ月が、自然の現在と理想とを思索するための場となることを願っています。

 

【関 連 イ ベ ン ト】

 

【山】終了しました

●ホーリー・マウンテンズ・ツアー in 八ヶ岳

出 演:豊嶋秀樹(キュレーター)、山内悠(出展作家)

2016 年にモエレ沼公園(札幌)で開催された展覧会、「ホーリー・マウンテンズ
内なる聖山へ続く三つの足跡トレース」。長期に渡って山に入り、山との関係性を築く人々に焦点をあてたこの展覧会で上映された映像(約30
分)の上映を中心に、スライドを交えたトークショーを行います。

日 時:4月25日(火)18:00開場 18:30開演

参加費:1,500円(入館料込み)

会 場:八ヶ岳美術館

 

【水】終了しました

●講演会「自然、神、人、水」

講 師:笹本正治(長野県立歴史館館長)

日 時:5月13日(土)13:30〜15:00 

会 場:八ヶ岳美術館

 

【縄文】

●講演会「縄文の大地観、生命観をもとめて 〜武藤雄六・猪風来・岡本太郎〜」

講 師:田中基(縄文図像研究)

日 時:7月1日(土)13:30〜15:00

参加無料(入館料別途)

会 場:八ヶ岳美術館

 

【土】

●ワークショップ「熊谷幸治さんと土器を作る」※要予約

講 師:熊谷幸治(出展作家)

日 時:@土を掘り、成形する 6月25日(日)13:30〜16:00

    A土器を焼く 7月22日(土)13:30〜16:00 参加費:3,000円(入館料込み)

会 場:八ヶ岳美術館周辺

 

 

【鳥】

●講演会「諏訪の野鳥おもしろ生態学」

講 師:林正敏(日本野鳥の会諏訪支部長)

日 時:7月17日(月・祝)13:30〜15:00

参加無料(入館料別途)

会 場:八ヶ岳美術館

 

企画展詳細はこちら


 

 

チラシのダウンロードはこちら

omote_web.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:37| 八ヶ岳美術館

2017年05月08日

八ケ岳小さな絵本美術館 「10人の絵本作家が描く宮沢賢治展」

「10人の絵本作家が描く宮沢賢治展」

会期:前期 4月15日(日)〜5月28日(日) 後期:6月3日(日)〜7月17日(月)

後世に語り継ぎたい賢治物語。およそ120年前に紡ぎだされた言葉は、今なお新しい響きに満ちています。親しみやすい絵本という形で表現された宮沢賢治をお楽しみください。


前期「展示作品」絵本作家

オツベルと象 荒井良二 / よだか」 ささめやゆき / 「いい火山弾」 田中清代 /雨ニモマケズ(複製) 柚木沙弥郎 / 「虔十公園林 伊藤秀男 


後期「展示作品」絵本作家 6月3日(土)〜7月17日(月)
狼森と 笊森、盗森 片山健 /やまなし 川上和生 / 「なめとこ山 あべ弘士 /黄色トマト 降矢なな / 月夜でんしんばしら 竹内通雅


【期間中のイベント】

宮沢賢治のおはなし 朗読会   



日時:2017年 5月13日(土) 6月17日(土) 各15:00〜




  




☆ 絵本作家・さとうわきこによる ギャラリトーク 「宮沢賢治とわたし」




   日時:2017年 5月13日(土)6月17日(土) 各14:00〜


会場:

八ヶ岳小さな絵本美術館

  〒391-0115 長野県諏訪郡原村原山

休館日:火・第2水曜

入館 大人700円 中高生400円 小学生300円 幼児無 
     前期・後期共通券1100円
団体金(15名以上) 大人100円引き 子ども50円引き

小さな絵本美術館
 Facebook / Instagram (grandma-baba)

 
Tel (0266)75-3450 Fax(0266)75-3460
  Mail info@ba-ba.net



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
小さな絵本美術館

  〒394-0081 長野県岡谷市長地権現4-6-13

  Tel (0266)28-9877 Fax(0266)28-9866
 
八ヶ岳小さな絵本美術館

  〒391-0115 長野県諏訪郡原村原山

  Tel (0266)75-3450 Fax(0266)75-3460
  
Mail info@ba-ba.net
 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 17:07| 小さな絵本美術館