2022年09月10日

【ミニギャラリー展】生誕90年・没後10年 考古学者 戸沢充則

 岡谷市出身で明治大学学長などを務めた考古学者の戸沢充則は、旧制諏訪中学校(現 諏訪清陵高校)の頃から考古学研究にうちこみ、諏訪市出身の考古学者 藤森栄一に師事し「諏訪考古学研究所」の創設にも関わるなど、諏訪市にも多くの関わりがありました。
 戸沢氏の死去後、所有していた考古学の関連資料や書籍などが一括して当館に寄贈され、そのうち書籍については平成30年に開所した「すわ大昔情報センター」に配架・公開しています。
 本年は戸沢氏の生誕90年および没後10年の節目であることから、寄贈された資料をミニギャラリーで展示し、その功績の一端を紹介することで公開・活用をおこなうとともに、故人をしのぶ機会にもします。

 ●開催期間  令和4年9月10日(土) 〜 10月23日(日)
 ●会  場  2階 常設展示室2内 すわ大昔ミニギャラリー
 ●入館料   9月30日まで 一般310円 小中学生150円
        10月1日から 一般500円 小中学生150円(企画展開催料金)
 ●展示解説  9月11日(日)午後1時30分から 30分程度
         ※申込み不要・時間までにミニ展示会場にお集まりください。
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 13:36| 諏訪市博物館

2022年09月09日

【北澤美術館】 秋葉絢 ガラス展 −路傍の楽園−

ガラス作家・秋葉絢氏の個展です。

神奈川県在住の秋葉氏は、熔けたガラスを石膏型に巻き付けて成形するコアガラスとバーナーワーク技法を組み合わせて作品を制作しています。日常の中で見つけた心をくすぐられるような一瞬をとらえ、情感豊かに表現した作品は、そこにある物語を感じさせます。

小さなガラスの中に広がる世界をご高覧ください。

 

■会期:2022827()102()

■開館時間:9001700 ※最終入館は1630まで

■休館日:会期中無休

■入館料:一般1000円、中学生500円 (8名以上で各料金から100円引) ※この入館料で北澤美術館のすべての展示室を鑑賞できます。

■作家在廊日 108日(土)、1113日(日)

※新型コロナウィルス拡大防止のため開催内容が変更になる場合があります。最新情報は当館HP、お電話でご確認ください。

 

**************************************

公益財団法人 北澤美術館

https://kitazawa-museum.or.jp/

392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28

TEL 0266-58-6000 

FAX 0266-58-6008

************************************** 

秋葉ポスター1200.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:04| 北澤美術館

2022年07月21日

【北澤美術館】 佐藤透 コアガラスの世界 〜響き合う色彩と文様 コアガラスの雅〜

佐藤透氏は、金属棒の先に耐熱性の芯(コア)を作り、その芯にガラスを熔かしながら被せて作品を成形する「コアガラス」技法により、香水瓶や蓋物、坏などを制作しています。

ガラスパーツやレース模様の棒で装飾を施す独自の表現、豊かな色遣いや繊細な模様、つや消しされたガラスの透明感をご堪能ください。

 

■会期:2022827()102()

■開館時間:929日(木)まで 9時〜18

        101日(土)より 9時〜17

※最終入館は閉館30分前まで

 

■作家によるギャラリートーク:827日(土)14時〜1430

(聴講無料、要入館料)

 

■休館日:930日(金)

■入館料:一般1000円、中学生500円 (8名以上で各料金から100円引)

 

北澤美術館 https://kitazawa-museum.or.jp/

***********************************

公益財団法人 北澤美術館

392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28

TEL 0266-58-6000 

FAX 0266-58-6008

***********************************  

佐藤透_ポスター3.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 17:09| 北澤美術館

2022年07月10日

【 諏訪市博物館 】ミニギャラリー展『小丸山古墳出土品?令和3年度保存処理完了公開展?』開催

諏訪市豊田にあった小丸山古墳の副葬品は、銀象嵌装大刀や小札甲など、豊富な内容を誇ります。
諏訪市教育委員会が平成29年度から実施している金属製品保存処理事業について、令和3年度に保存処理が完了した遺物を公開します。
また、令和2年度以前に処理を終えた資料の一部も展示します。
あわせて、現在実施中のガバメントクラウドファンディングに関する紹介も行います。

 開催期間:令和4年7月2日(土) 〜 7月31日(日)
 展示会場:諏訪市博物館2階 すわ大昔ミニギャラリー(常設展示室2内)

展示解説 日 時:7月16日(土) 午後1時30分〜2時
     参加費:入館料のみ
     申込み:不要(当日、時間までにお越しください。)

諏訪市博物館ホームページ https://suwacitymuseum.jp
電話 0266-52-7080
R4小丸山速報展チラシ_page-0001.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:37| 諏訪市博物館

2022年07月03日

【北澤美術館】 富山で出逢ったガラスたち

富山ゆかりのガラス作家、4名によるグループ展を開催いたします。

富山市はガラスの薬瓶に端を発するガラス製造の歴史がある街です。ガラスの専門学校や工房、美術館が創設され、近年多くの優れた作家を輩出しています。

「ガラスの街とやま」で出逢った多彩な作品をご覧ください。

 

■出品作家

小林洋行、 下田顕生、 逈林舞美、 三浦世津子

※作家在廊日は当館へお問い合わせください。

 

■会期:2022716()821()

開館時間:9時〜18(最終入館1730まで)

休館日 :なし

入館料 :一般1000円、中学生500円 (8名以上で各料金から100円引き)

 

北澤美術館 https://kitazawa-museum.or.jp/

***********************************

公益財団法人 北澤美術館

392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28

TEL 0266-58-6000 

FAX 0266-58-6008

***********************************  

富山展_ポスター2.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 12:36| 北澤美術館

2022年06月28日

【富士見町高原のミュージアム】 企画展「花と街のメルヘン 戸澤文恵展」

北杜市出身 戸澤文恵さんの作品展を開催します。高原に咲く花々や異国の情景が描かれた絵画作品に自作の詩歌を添えて展示、花と街のメルヘンの世界へ誘います。

■会期 2022年7月9日(土)〜2022年8月21日(日)
■会場 富士見町高原のミュージアム
■開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
■会期中の休館日 7月11日(月)、7月19日(火)
■入館料 一般 300(200)円/小中学生 150(100)円
※( )内は20名以上団体料金
※諏訪地域の小中学生無料
※ 新型コロナウィルス感染拡大状況により、会期等が変更になる場合があります。
最新状況は当館HP等でご確認下さい。
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□
富士見町高原のミュージアム
〒399−0211
長野県諏訪郡富士見町富士見3597−1
tel 0266−62−7930
fax 0266−62−7611
https://www.town.fujimi.lg.jp/site/haku1/
□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
戸澤展チラシ(表2')春爛漫.png
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 09:31| 富士見町高原のミュージアム

2022年06月18日

【富士見町高原のミュージアム】 開催中「6月13日 はやぶさの日 全国一斉展示企画 小惑星リュウグウサンプルレプリカ展示」

2020年12月、小惑星探査機「はやぶさ2」は小惑星リュウグウから採取したサンプルを地球に届け、再び宇宙へと旅立ちました。このサンプルからは生命のもととなるアミノ酸が見つかったことが先頃発表され、今後の研究に注目が集まっています。
このたび、6月13日の「はやぶさの日」に合わせ、JAXAはやぶさ2プロジェクトにより製作された”リュウグウのかけら”のレプリカを展示します。
■会期 開催中〜2022年7月7日(木)
■会場 富士見町高原のミュージアム
■開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
■休館日 月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
■入館料 一般 300(200)円/小中学生 150(100)円
    ※( )内は20名以上団体料金
    ※諏訪地域の小中学生無料
※ 新型コロナウィルス感染拡大状況により、会期等が変更になる場合があります。
最新状況は当館HP等でご確認下さい。
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□
富士見町高原のミュージアム
〒399−0211
長野県諏訪郡富士見町富士見3597−1
tel 0266−62−7930
fax 0266−62−7611
https://www.town.fujimi.lg.jp/site/haku1/
□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
チラシ(表).png
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 16:51| 富士見町高原のミュージアム

2022年05月20日

北澤美術館【三浦世津子・南佳織 二人展】





ガラス作家・三浦世津子氏と南佳織氏の二人展を開催いたします。
三浦氏は宙吹きガラス技法を中心に、花器や日常のうつわなど多彩な作品を制作しています。南氏は被せガラスやサンドブラスト技法などを組み合わせ、四季を描いた繊細な作品を生み出しています。
二人の作家の異なる魅力をお楽しみください。
◆作家在廊日:
5月28日(土)、5月29日(日)、7月9日(土)、7月10日(日)
※新型コロナウィルス拡大防止のため開催内容が変更になる場合があります。
最新情報は当館公式HP、お電話でご確認ください。


開催期間:2022年5月28日(土)
〜 7月10日(日)

開館時間:9時
〜 18時(最終入館17:30まで)

休館日 :なし

入館料 :一般1000円、中学生500円 (8名以上で団体料金 100円引き)

 


***********************************
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000 
FAX 0266-58-6008
***********************************         
220506_二人展ポスター2.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 15:56| 北澤美術館

2022年03月31日

【北澤美術館】バーナーワークの世界2022





バーナーの炎でガラスを熔かして成形するバーナーワーク。北澤美術館で10回目となる本展では、現在活躍中の作家4名の作品をご紹介します。愛らしい動物や季節の花を表現したとんぼ玉、繊細なコアガラスやモダンなアクセサリーなど、作家の個性が光る作品の数々をお楽しみください。会期中、作家による制作実演も予定しています。(実演作家の詳細は当館HPに掲載いたします)

 会期:2022年4年4月9日(土)
〜 5月22日(日) 会期中無休

 時間:9時〜18時(入館は17時30分まで)
 

 入館料:大人(高校生以上)1000円、中学生500円 ※団体(8名以上)各料金から100円引き


***********************************
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000 
FAX 0266-58-6008
*********************************** 
   
     
220224・DM最終-3小.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:17| 北澤美術館

2022年03月28日

Re: 【北澤美術館】翼に希望をのせて ガレ、ドーム、ラリック ーガラス工芸にみるジャポニスムの鳥?







ガレ、ドーム、ラリックのコレクションで知られる北澤美術館では、コロナ終息の願いをこめて、空高く飛びたつ鳥をテーマにした特別展を開催します。皇帝を表すワシやフランスの象徴オンドリは、西洋の紋章にもみられる伝統のモチーフですが、ガレとドームが脚光を浴びた19世紀末のアール・ヌーヴォー期には、開国間もない日本に対する関心の高まりから、ツバメやスズメのような身近な小鳥、あるいはガンやサギといった水辺の野鳥など、日本の浮世絵や工芸にみられる鳥たちが、異国情緒ただよう洒落たモチーフとして人気を博しました。ガラスに映る優雅な翼の彼方に希望の光が輝きます。《ひとよ茸ランプ》、《フランスの薔薇》をはじめ、北澤美術館が誇るガレの傑作もあわせてお楽しみください。


会期中、講演会、ワークショップを開催予定です。(詳細はHPをご確認ください)


■会期:2022年3月19日(土)〜2023年3月14日(火)




■会場:北澤美術館 1階
ガラス工芸展示室

■開館時間:4〜9月9:00〜18:00、10月〜3月9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)

■休館日:9月30日(金)



 

**********************************
公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000 
FAX 0266-58-6008






https://kitazawa-museum.or.jp/
***********************************      

 
チラシ表面.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 17:11| 北澤美術館