2016年01月31日

企画展 原田泰治が描く 『日本のまつり』 展 開催

 

勇壮さと熱狂的ぶりで、天下の大祭としても全国に知られている諏訪の「御柱祭」。正式には「式年造営御柱大祭」といい、7年目毎、寅と申の年に行われます。今春、諏訪地域一円が祭りに沸くこの大祭の開催を記念して、企画展「原田泰治が描く 日本のまつり」を開催いたします。

 

原田泰治の作品の中には、四季折々のふるさとの風景とならんで、全国各地に残る祭りや地域の伝統的な民俗行事を描いた作品を数多く見ることができます。「豪華絢爛な祭りも素晴らしいが、村人が守り続ける素朴な小さな祭りに気が引かれる。」という原田氏。各地域が大切に伝えてきた様々な祭りの文化を追い続けてきました。

 

本展では、御柱祭の威勢を描いた「おんばしら」や、さだまさし氏と一緒に取材をした「長崎くんち」など日本各地の祭りを描いた作品から、「アマハゲ」や「流しびな」「七夕人形」といった民俗行事を描いた作品など28点をご紹介いたします。日本各地の様々なお祭りの風景をお楽しみください。

 

 

    2016  2  2日(火) 〜 2016  7  26日(火)

開館時間 】午前 9     午後 5

】月曜日休館  (祝日は開館しております)

会   】諏訪市原田泰治美術館 第1展示室

 

展覧会開催に先立ちまして、展覧会の見どころ紹介・作品解説等を行うオープニングセレモニーを開催いたします。どなた様もご覧いただけますので、ぜひご来館ください。

オープニングセレモニー 2016  2  2日(火) 午前 10時〜

 

 

 

お問い合わせ先

諏訪市原田泰治美術館 

TEL 0266-54-1881 FAX 0266-54-1882

392-0010長野県諏訪市渋崎1792-375

URLhttp://www.taizi-artmuseum.jp

E-MAILharadamu@taizi-artmuseum.jp

posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:18| 諏訪市原田泰治美術館

時代で追う、諏訪市美術館コレクション 第4期 1996年→現在/コーナー展示 平成26年度新収蔵作品展/コーナー展示 平成26年度修復完了作品展 よみがえる収蔵作品の輝き



平成27年度収蔵作品展は、当館収蔵作品を制作年で分け、古い順に展示してきました。最終回にあたる本展では、1996年から現在までに制作された油彩画、彫刻、写真を展示します。
収蔵作品展と同時開催で2つのコーナー展示を開催します。1階展示室では、「平成26年度新収蔵作品展」と題して、平成26年度に新たに収蔵作品となった作品11点をご紹介します。また、2階展示室では、平成26年度に修復をおこない、輝きがよみがえった作品4点をお披露目する「よみがえる収蔵作品の輝き―平成26年度修復完了作品展―」を開催します。

【会期】
平成28年2月6日(土)〜4月24日(日)

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

【入館料】
大人300円、小中学生150円(諏訪郡内の小中学生は無料)

【休館日】
月曜日、祝日の翌日
2月8、12、15、22、29日
3月7、14、22、28日
4月4、11、18日

【イベント】
●おはなし鑑賞会
参加者全員で作品について語りながら鑑賞します。他の参加者のおはなしを聞いてみて、自分とは全く違う感想に驚いたり、それまで気付かなかった作品の詳細な部分にも目がいくようになったり…作品の新たな魅力に気づくきっかけとなる鑑賞会です。
日時:2月13日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室
申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート2月 修復解説トーク
「よみがえる収蔵作品の輝き―修復完了作品展―」に関連して、収蔵作品修復計画担当の学芸員が修復の内容について詳しくお話しします。
日時:2月28日(日)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室
申込不要、入館料のみ必要

●学芸員による展示解説
収蔵作品展、コーナー展示の展示解説をします。
日時:3月5日(土)午後2時〜
申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート3月「新収蔵作品展」展示作家によるギャラリートーク
新収蔵作品展で作品を展示中の篠原昭登先生、越山公夫先生、小林理一先生、花岡克行先生をお招きし、展示中の作品や、ご自身の制作についてお話しいただきます。
日時:3月19日(土)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 展示室
申込不要、入館料のみ必要

●つきいちアート4月親子ワークショップ 感じたままにフルーツを作ってみよう!
フルーツを五感で感じて、それをそのまま形にしてみましょう!
☆お申込が必要です。4月6日までに諏訪市美術館まで電話にてお申込ください。
講師:SUWARTの皆さん
日時:4月16日(土)午後2時〜
定員:親子6組(5歳以上)
※会場、参加料は決定次第、HP、広報すわにてお知らせします。

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:24| 諏訪市美術館

2015年12月27日

伊藤けんじ ガラス展?進化するかたち?動物・幻獣





ガラス作家の伊藤けんじさんは、1960年に富山県に生まれました。宙吹きガラスの圧倒的なテクニックと独創性あふれる造形は、国内外で高い評価を得ており、現代ガラス界を代表する作家の一人として活躍しています。これまでに100回以上の個展を開催するかたわら、武蔵野美術大学などの講師を務め、後進の育成にも積極的に取り組んできました。また、1987年に神奈川県川崎市に開いたガラス工房「彩ガラススタジオ」に続き、近年は軽井沢に新たな工房を構え、工房主宰者としてガラス工芸の普及と発展に尽力しています。


伊藤さんが近年追求している動物をテーマとした作品群では、耳、角、毛が熔着された巨大な幻獣の頭や、袋から顔を出す小動物など意表を突くデザインが見る者を惹きつけます。そのダイナミックかつ複雑な造形には、極めて高度な技術が駆使されています。吹き竿の先で熔けたガラスを一気に成形していく瞬時の造形力や繊細なテクニックに裏打ちされた動物たちは、変幻自在で躍動感にあふれ、神秘的ですらあります。


ガラスという素材の可能性を開拓し、技法の限界に挑戦し続ける伊藤さんの、迫力ある世界をお楽しみください。


 


【会期】2015年12月20日(日)〜2016年1月21日(木)
【開館時間】9:00〜17:00
(入館は閉館時間の30分前まで)
【入館料】大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引
【休館日】会期中無休


 公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027長野県諏訪市湖岸通り1-13-28 TEL 0266-58-6000



 
50伊藤.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:09| 北澤美術館

2015年12月04日

企画展 諏訪の工匠・立川一門―社寺建築と山車彫刻―

諏訪大社上社本宮をはじめ、県内外の各地に優れた建築彫刻作品を残した、全国的にも名高い工匠・立川一門。このほど諏訪大社の修理工事が終了したことを記念して、立川家に残されてきた社寺や山車の彫刻下絵などの資料から立川一門について紹介します。

また12月5日(土)からは、初代冨棟から冨昌、冨種、湘蘭、冨尚まで歴代の制作した床置き(床の間に飾る置物)の作品を40点ほど展示します。一門の優れた彫刻の技術が全面に感じられる、細部まで美しく表現された作品の数々をご覧ください。


【会期】
10月10日(土)〜平成28年1月11日(月・祝)
(床置きの展示は12月5日(土)〜1月11日(月・祝))

【休館日】
月曜日、祝日の翌日
(1月1日(金)〜11日(月・祝)は無休で開館します)

【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

【入館料】
一般300円、小中学生150円
(諏訪地域在住・在学の小中学生は無料)

【展示解説】
12月19日(土)、1月9日(土)両日とも13:30〜14:00
申し込み不要、入館料のみでご参加いただけます。


◆問い合わせ

諏訪市博物館
諏訪市中洲171-2(諏訪大社上社前)
Tel 0266-52-7080
Fax 0266-52-6990
web http://www.city.suwa.lg.jp/scm
Email suwamu@city.suwa.lg.jp
42 (3)_2.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 10:30| 諏訪市博物館

2015年12月03日

ピアノと弦楽器による極彩の調べ〜小さなクリスマスコンサート〜

 

ピアノと弦楽器による極彩の調べ

〜小さなクリスマスコンサート〜

 

 

原田泰治美術館では129日午後330分から「ピアノと弦楽器による極彩の調べ〜小さなクリスマスコンサート〜」を2階ロビーにて行います。

出演は、諏訪市出身のチェリスト小原茂さん、ピアニスト中島啓之さん、バイオリニスト有馬真帆子さんのユニット「イーリス・トリオ」です。小原さんのお父様が原田泰治さんと同級生だったご縁で開催される運びとなりました。クリスマスソングなどの素敵な演奏をお楽しみいただけます。

 

【日時】

平成27129日(水) 午後330分から

 

【場所】

諏訪市原田泰治美術館 2階ロビー

 

【定員】

100

 

【料金】

通常の入館料でご鑑賞いただけます。

大人820円、中高生410円、小学生200円、障がい者410

(諏訪地域在住在学の小中学生は無料)

 

【お問い合わせ先】

諏訪市原田泰治美術館 

TEL 0266-54-1881 FAX 0266-54-1882

392-0010長野県諏訪市渋崎1792-375

URLhttp://www.taizi-artmuseum.jp

E-MAILharadamu@taizi-artmuseum.jp

 

posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:53| 諏訪市原田泰治美術館

原田泰治の世界をキルトで遊ぶ「第12回絵画キルト展」

 

原田泰治の世界をキルトで遊ぶ「第12回絵画キルト展」

 

 

「原田泰治さんの絵をキルトにしてみたい」というキルト愛好家の皆様の想いに応えて始まった絵画キルト展。毎年多くの方々に愛され続け、今年で12回目を迎えます。キルトとは布、綿、布の3層を縫い合わせたもの。絵画キルトではパッチワークやアップリケ、刺繍などのテクニックを使い、緻密に描かれた原田作品を見事に表現しています。また、手仕事ならではのあたたかな作品は、「ふるさと」をテーマに描く原田泰治の素朴な世界に共通した魅力があります。

本展では、全国から沢山のキルトが寄せられるなか、審査で選ばれた入賞・入選作品を原田泰治の原画とともに展示します。作品に寄せられた思いとともに、一針一針丁寧に縫い上げられたもう一つの原田泰治の世界をお楽しみいただきます。

 

【会期】

平成271111日〜平成28417

 

【開館時間】

午前9時〜午後5時(入館は430分まで)

 

【入館料】

大人820円、中高生410円、小学生200円、障がい者410

(諏訪地域在住在学の小中学生は無料)

 

【休館日】

月曜休館(祝日は開館)、年末年始(12/281/1

 

【お問い合わせ先】

諏訪市原田泰治美術館

TEL 0266-54-1881 FAX 0266-54-1882

392-0010長野県諏訪市渋崎1792-375

URLhttp://www.taizi-artmuseum.jp

E-MAILharadamu@taizi-artmuseum.jp

12回最優秀賞「苗床」(小).jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:47| 諏訪市原田泰治美術館

TAM−TAM WORLD 「田村英二の世界」

 

 

 

TAMTAM WORLD「田村英二の世界」

 

 

立体イラストレーター田村映二さんが創り出す、夢あふれる不思議な空想の世界。絵本から飛び出してきたようなカラフルなジオラマの数々を展示します。

 

【田村映二コメント】

40年前に原田先生の絵に出会ってからずっと憧れ続けてきました。

今こうして絵を描く仕事を続けていられるのも原田先生のおかげだと思っています。時代に左右されない「暖かみ」や「安らぎ」を目指して、少しは自分らしさも加わってきたかな、と感じています。今回の展覧会は緊張感で一杯ですが、そんな僕の根っこを感じてもらえたら幸いです。

 

【田村映二プロフィール】

グラフィックデザイナーとして、書籍の表紙や商品パッケージ、デパートなどのイメージ広告などイラストレーションの世界で広く活躍。近年では空間を飾る、装飾ディズプレイなどの仕事も数多い。数々のデザイン賞を受賞し、教科書の表紙なども長年担当している。2009年から静岡県沼津市に[タムタムギャラリー]を開設、作品を常設展示している。2013年、台湾花蓮に[田村映二美術館]開館。

 

【会期】

平成27103日〜平成28131

 

【開館時間】

午前9時〜午後5時(入館は430分まで)

 

【入館料】

大人820円、中高生410円、小学生200円、障がい者410

(諏訪地域在住在学の小中学生は無料)

 

【休館日】

月曜休館(祝日は開館)、年末年始(12/281/1

 

【お問い合わせ先】

諏訪市原田泰治美術館

TEL 0266-54-1881 FAX 0266-54-1882

392-0010長野県諏訪市渋崎1792-375

URLhttp://www.taizi-artmuseum.jp

E-MAILharadamu@taizi-artmuseum.jp

TAM-TAMチラシ.png
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:44| 諏訪市原田泰治美術館

2015年11月19日

上諏訪中学校+常田泰由 かたちをみつけて

諏訪市美術館では、平成25年度から市内小中学校と連携した事業を続けてきました。上諏訪中学校(以下、上中)とは、昨年度から作品制作から展示までを連携しておこなうコラボレーション事業を実施しています。本年は、版画芸術の第一線で活躍する下諏訪町出身の常田泰由さん(1980-)をお迎えして、上中2学年の皆さんと鑑賞、制作、展示をおこないます。
常田さんは、油性インクを乗せた版木の上に型紙を置いてプレス機で刷る、木版とステンシルを組み合わせた方法で作品を制作しています。日常生活で見られる様々なかたちをドローイングし、そこから選択したかたちを、版を使い、紙の上で表した作品の数々は、色彩とかたちとのシンプルな構成であるからこそ、鑑賞者の想像力次第でどこまでも広がる作品世界が魅力的です。
今回、上中2学年の皆さんは、常田さんがかたちをみつける過程をなぞり、教室でみつけた様々なかたちの輪郭を透明な板を透かしてトレースすることで集め、そのかたちをもとに「水彩モノタイプ」の作品を制作しました。
※水彩モノタイプとは:版に水彩絵具で直接描画したものをプレス機に通して転写する技法。彫りなどの製版工程がないので、同じものを1点しか刷ることができない。(「モノ」とは、「1」や「単一の」という意味です)


【会期】
2015年12月1日(火)〜1月31日(日)

【開館時間】
9:00〜17:00(入館は16:30まで)

【入館料】
大人300円、小中学生150円
※諏訪郡内小中学生無料

【休館日】
12月7、14、21、24、28〜31日
1月1、4、12、18、25日

【イベント】
●つきいちアート12月常田泰由さんによるギャラリートーク
常田さんにより、今回の連携事業を映像で振り返りながら、子どもたちの作品に関しての感想、常田さんの作品に関する解説をお話しいただきます。
日時:12月19日(土)午後2時〜
会場:諏訪市美術館
定員・申込:なし
参加料:入館料のみ

●つきいちアート1月水彩モノタイプを制作してみよう!
上中生が制作した水彩モノタイプを制作してみます。常田さんによる展示解説付です。子どもから大人までご参加いただけます。(小さなお子さんは保護者の方と一緒に制作していただきます)
日時:1月16日(土)午後1時30分〜
会場:諏訪市美術館 会議室
講師:常田泰由さん
定員・申込:10人
12月1日(火)〜1月6日(水)までに申し込み
参加料:200円

●おはなし鑑賞会
展示されている作品について感想や印象をお話ししながら鑑賞します。お話ししながら作品を見て、新たな発見をたくさんしてみましょう。
日時:12月12日(土)午後2時〜
定員・申込:なし
参加料:入館料のみ

●学芸員によるギャラリートーク
担当学芸員が展示を解説します。
日時:1月9日(土)午後2時〜
会場:諏訪市美術館
定員・申込:なし
参加料:入館料のみ

【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
kamityu.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:09| 諏訪市美術館

2015年11月15日

北澤美術館特別展 パート・ド・ヴェール 秘められたるガラス技法





「パート・ド・ヴェール」は、色ガラスの粉を型に詰めて焼き上げる特殊なガラス技法です。古代エジプトで栄え、その後ながらく途絶えていましたが、1885年頃にフランスの彫刻家アンリ・クロスが再現に成功し、世紀末アール・ヌーヴォー期から1920年代のアール・デコ期にかけて流行しました。パート・ド・ヴェールは、通常のガラスづくりにはない微妙な窯の温度調整や、鋳型の中で融けてゆくガラス粉を相手に思い通りの文様を仕上げる難しさなど、気の遠くなるような根気と、高度な技を要する製法でした。作家たちは互いに秘術を明かすことなく競い合っていたために、作品は残されていても製法は謎に包まれています。北澤美術館では、ダムーズ、ワルター、アルジィ=ルソー、デコルシュモン、デプレら代表作家の作品を集めた世界でも珍しいコレクションを所蔵しています。この度、開館30周年の最後を飾る特別企画として、およそ60点を一堂に公開します。光を透す鮮やかな色合い、卵の殻のように薄くデリケートな作品、あるいは陶磁器のように滋味あふれる肌合いなど、奥深い世界をお楽しみください。


 


【会期】

2015年12月2日〜2016年10月2日

【開館時間】
12〜3月/9:00〜17:00

4〜10月/9:00〜18:00 (入館は閉館時間の30分前まで)

【入館料】
大人1000円、中学生500円 小学生以下無料 *団体(8名様以上)は左記料金より100円引

【休館日】
会期中無休

 

【ギャラリートーク】

毎月第4土曜日 14:00〜14:30 *詳しくはHPまたは電話でお問い合わせください。

 

公益財団法人 北澤美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
TEL 0266-58-6000



 
30 パート・ド・ヴェール展.jpg
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 14:17| 北澤美術館

2015年10月18日

藤森汎 彫刻展―空間と線・面との対話―/時代で追う、諏訪市美術館コレクション第3期 1976-1995


特集展示として、諏訪市出身の彫刻家・藤森汎氏による彫刻作品を展示します。線によりかたちづくり、空間との調和が取れた作品の数々は、ユーモアがあり、生き生きとした造形が特徴的です。
また、同時開催として、収蔵作品展第V期を開催します。平成27年度の収蔵作品展は、作品を制作年で分け、古い順に全4回の展示で紹介していきます。今期は、1976年から1995年までに制作された作品をご覧いただきます。


【会期】
平成27年10月10日(土)〜11月8日(日)


【開館時間】
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


【入館料】
大人300円、小中学生150円(諏訪郡内の小中学生は無料)


【休館日】
月曜日、祝日の翌日
10月13(火)、19、26日
11月4(水)日


【イベント】
●学芸員による展示解説
特集展示、収蔵作品展の展示解説をします。
10月24日(土)午後2時〜
定員・申込:定員なし、申込不要
参加料:入館料のみ


●おはなし鑑賞会
参加者全員で作品についておはなししながら鑑賞します。ユーモアがあり、生き生きとした造形が魅力的な彫刻に想像を膨らませ、他の人の意見も聞いてみましょう。自分とは全くちがう想像をしていることに驚いたり、そんな意見を聞いて作品を見ると、また違った風に見えてきたり…作品の新たな魅力に気づくきっかけとなる鑑賞会です。
10月31日(土)午後2時〜
定員・申込:定員なし、申込不要
参加料:入館料のみ


●つきいちアート11月親子ワークショップ
線で形を作ってみよう!
藤森汎先生を講師にお迎えし、汎先生特製の心棒に石塑粘土(せきそねんど)という乾燥するとカチカチに固まる粘土で肉付けをしてもらいます。
11月3日(火・祝)午後2時〜
場所:諏訪市美術館 会議室
定員:親子5組(小学生以上)
申込:必要。
10月23日までに諏訪市美術館(0266-52-1217)まで電話にて申込。
参加料:一人500円


【お問い合わせ】
諏訪市美術館
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
tel&fax:0266-52-1217
e-mail:SCM-ART@city.suwa.lg.jp
ホームページ:http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/
posted by 諏訪郡市博物館等連絡協議会 at 11:00| 諏訪市美術館